本当にこれってファクタリング契約?ヤミ金が結ぶ契約書の中身とは?

ファクタリング (英語ではfactoring)とは企業などが保有している売掛金(売掛債権)を、ファクタリング会社に売却し現金化する仕組みのことです。

ただしメリットが多いファクタリングの仕組みを活用し、違法な契約を結ぼうとする一部の悪徳・違法業者も存在します。

そこで正規のファクタリング会社と契約を結ぶときには、どのような契約書面が交付されることになるのか、契約の中身などを事前に把握できるよう解説します。

 

ファクタリングを資金調達に活用することの意味

ファクタリングを資金調達に活用することで、保有する売掛金を早期に回収することにつながり、万一売掛先企業が倒産してしまったときの未回収リスクもファクタリング会社に移転できます。

しかし手数料がかかるのなら、ファクタリング会社と契約を結ぶよりも、銀行から融資を受けて利息を支払ったほうがよいのでは?と考える経営者もいるでしょう。

ただ銀行からお金を借りる場合には利益が出て黒字でなければならず、すでに債務超過などでは審査に通らなくなってしまいます。

仮に審査に通ったとしても、融資が実行されるまでには一定時間がかかってしまう点がファクタリングとの大きな違いです。

さらにファクタリングの審査では売掛先企業の信用力が重視されるため、利用者の信用力が多少低くても買取可能とされるはずです。

契約に必要な書類も銀行融資のように多岐に渡ることがないため、書類準備や審査までスムーズな流れとなり即日現金化も可能となることがポイントです。

 

ファクタリング契約には2社間と3社間がある点には注意

すぐにお金を準備しなければならないという切羽詰まった状況において、売掛金を即日現金化できるなら…とファクタリングを検討する経営者もいることでしょう。

ただしファクタリングには2社間と3社間という種類があり、即日現金化が可能となるのは主に2社間ファクタリングで契約を結んだときです。

売掛先企業に通知・承諾は不要の2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは利用者とファクタリング会社で契約を結ぶため、売掛先企業に知られることなくファクタリングの利用が可能です。

契約後から売掛金回収の流れは、ファクタリング会社が売掛金を買取り現金化し、利用者は手数料を差し引かれた金額を売却代金として受け取ります。

その後、利用者が売掛先企業から売掛金を回収し、ファクタリング会社に回収分を支払うという流れです。

手数料は3社間ファクタリングよりも高くなりますが、売掛先企業に余計な不安を抱かせたくないときには2社間ファクタリングを利用したほうがよいといえるでしょう。

低い手数料で資金調達したいなら3社間ファクタリング

3社間ファクタリングの場合、売掛先企業もファクタリング契約について承諾していることが必要となります。

そのため売掛金をファクタリング会社に譲渡する事実について、売掛先企業に通知することとなり、期日に売掛金を支払うときも直接ファクタリング会社に行ってもらいます。

3社間ファクタリングの大きなメリットは、ファクタリング会社に支払う手数料2社間ファクタリングよりも格段に割引されていることでしょう。

ただし手数料が割引されるメリットはあっても、売掛先企業にファクタリング契約を結ぶことの承諾が必要です。

売掛債権譲渡について快諾されず、その後の商取引にまで影響を及ぼさないとも言い切れない点に注意しましょう。

「資金繰りが悪化しているのでは?」

「売掛金を売るなんてよほど資金難に陥っているのでは?」

といった不安を煽り、取引を制限・停止しようと考えてしまう可能性も否定できません。

どのくらい手数料が異なる?

3社間ファクタリングの手数料相場は、売掛金の額面の1~5%程度、2社間ファクタリングなら10~20%程度です。

大幅に差があると感じることでしょうが、ファクタリング会社が様々な審査項目から、背負わなければならないリスクの大きさに応じて高くなると認識しておきましょう。

また、2社間ファクタリングの場合は売掛先企業に通知・承諾は不要となるため、代わりに債権譲渡登記が必要な場合もあります。

この場合、債権譲渡登記を行う上で必要な登録免許税や、手続きを代行してもらう司法書士に対する報酬なども発生します。

その他、事務手続きや出張対応した場合の交通費などを請求するファクタリング会社もあるため、留意しておいてください。

ファクタリング契約前に提出を求められる書類

ファクタリング契約を結ぶ場合、決算書(試算表)・売掛先企業と取引を行っている証拠として提出できる契約書・取引履歴の確認できる口座の通帳などを確認されます。

それ以外にも、商業登記簿謄本・法人代表者登記印鑑証明書・納税証明書などが必要になることもあるため、別途これらの書類を取得するための費用も発生する場合があります。

 

ファクタリングで交付される契約書に記載されていることとは?

ファクタリング会社と契約を結ぶとき、契約書が作成・交付されることとなりますが、その中身はファクタリング会社により多少異なります。

ただし共通する項目もあるため、普段見慣れていないファクタリング契約書でどの点を特に確認しておくべきか把握しておきましょう。

償還請求権の有無

償還請求権とは、売掛金が売掛先企業から支払われなかったとき、ファクタリング会社が利用者に弁済請求することを可能とする権利です。

しかしファクタリングは売掛金という債権の売買契約を結ぶ取引であり、契約を結んだ時点で売掛金はファクタリング会社に譲渡されます。

そのため売掛金の回収はファクタリング会社が行うべきことなので、仮に売掛先企業が倒産してしまっても利用者にはその責任はありません

2社間ファクタリングでは利用者が売掛先企業から一旦売掛金を回収しますが、この行為はあくまでもファクタリング会社に代わって回収していることに過ぎないのです。

ファクタリング契約の中には、償還請求権ありのリコースファクタリングもありますが、この場合は融資とみなされるため貸金業登録を行っているノンバンクなどでなければ契約できなくなっています。

一般的にファクタリングを専門業として行うファクタリング会社の場合、償還請求権なしのノンリコースファクタリングで契約を結ぶことになるので必ず確認しておきましょう。

債権譲渡通知の有無

売掛先企業に対し、売掛金をファクタリング会社に譲渡する旨を伝える行為が債権譲渡通知です。

3社間ファクタリングであれば債権譲渡通知は必要ですが、2社間ファクタリングでは必要ありません。

そのため2社間ファクタリングで契約を結ぶはずなのに、債権譲渡通知項目が含まれている契約内容となっているのなら、その内容をしっかり確認しておいてください。

また、3社間ファクタリングで契約するのに売掛先企業への通知や承諾を必要としていない内容の場合も注意が必要です。

債権譲渡登記の有無

先に述べた債権譲渡登記は主に2社間ファクタリングの際に必要となる手続きですが、売掛金という債権が譲渡されたことを法務局に登記し法的に証明することです。

権利関係を明確化させる目的で必要とされますが、債権譲渡登記を行えばだれでもその情報を閲覧可能となってしまいます。

売掛先企業や取引している銀行など金融機関に、売掛債権が譲渡されたことを知られてしまう可能性があるので注意してください。

また、債権譲渡登記は法人のみが利用できる制度のため、個人事業主は利用できません。

そのため2社間ファクタリングにおいて債権譲渡登記が必ず必要というファクタリング会社では、個人事業主は契約できないことになるため注意しましょう。

ファクタリング手数料について

ファクタリングは手数料の大きさによって、十分な資金調達につながるか変わってきます。事前に伝えられていた手数料が記載されているか、必ず確認するようにしましょう。

担保の有無など

ファクタリングお金を借りるわけではないため、担保を差し入れる必要も保証人をつける必要もありません

それなのに契約書に担保や保証人について記載がある場合には、ファクタリングを装う金銭の貸付である可能性が高いため注意しましょう。

仮に土地や建物など不動産を担保として差し入れた契約を結んでしまうと、売掛先企業から売掛金の回収ができなくなったとき、不動産を取られてしまう可能性があります。

契約解除について

ファクタリングで契約を結んでも、重大な契約違反があったときなどは契約が解除され、契約解除により損害が発生すれば損害賠償を請求されることになります。

売買契約において契約書内に規定された条項に違反する可能性があると判断される場合など、契約違反になる行為についても記載があるはずなので確認しておくようにしてください。

ファクタリング契約の期間と解約方法

ファクタリングの仕組みや流れにメリットを感じ、資金調達に活用する経営者は一度だけ利用するというより、継続して利用することも少なくありません。

しかし一度のみ利用するつもりが、継続利用を前提とした契約内容になっていると、後々トラブルが発生します。

そのためファクタリング契約の期間自動更新の有無解約方法なども確認しておきましょう。

 

ファクタリングを装うヤミ金の契約書の中身

悪徳な業者と契約を結んでしまえば、資金調達につながらなくなるだけでなく、本来なら支払う必要のないお金を請求されることになってしまう点が正規の業者との大きな違いです。

そのため、ファクタリング取引を装い契約を結ぼうとするヤミ金融業者でないか注意し、正規の業者と契約書やお金の流れに違いがないか確認が必要といえます。

仮に相手がヤミ金融業者だった場合、

  • 債権買取申込書
  • 売掛債権売買基本契約書
  • 債権譲渡担保設定契約書
  • 事務委託契約書
  • 契約内容確認書
  • 緊急連絡先
  • 警告書
  • 債権譲渡通知書

などの契約書で契約を進めてくるはずです。

ファクタリング契約と貸金による譲渡担保設定契約が併用されたものとなっているため、必ず中身を確認するようにしてください。

債権買取申込書

売掛金の請求書に基づいてファクタリング会社に買取申込みを行うための書類であり、売買契約書ではありません

売掛債権売買基本契約書(基本契約書)

上記の債権買取申込書に基づく基本契約書ですが、内容が取引約定書になっており売買契約書ではありません

事務委任契約書(連帯保証人付)

売買した債権を利用者に回収委託し、回収業務委託に連帯保証をつけさせて、譲渡人が回収できなければ連帯保証人に請求する契約になっているなどです。

この契約が必要ということは、そもそもファクタリング取引でないため、契約相手はヤミ金融業者と判断できます。

債権譲渡担保設定契約書

売買契約を結んだ以外の債権も担保として貸付を行う契約となっているなど、この契約書を作成した時点で貸金なので、契約相手が貸金業登録していなければヤミ金融業者と判断できます。

契約内容確認書

契約内容が貸金でなく、ファクタリング取引と偽装した書面であり、実際のファクタリングでは必要のない書類です。

緊急連絡先

売掛金の回収ができなかったときには、利用者の親族・社員などに嫌がらせをして、無理に回収しようとするために作成させようとします。本来のファクタリング取引には必要のない書類なので注意してください。

警告書

この書類の作成を求められるときには、契約相手自身が、自らを貸金業法・出資法・利息制限法などに違反していることを暴露していると同じことです。

ファクタリング取引と偽装し、書面で恐怖を与えて警察や金融庁などに通報させないようにするために作成されます。

 

ファクタリングを安心して資金調達に活用したいなら

悪徳なヤミ金融業者と契約してしまわないためにも、多くの正規のファクタリング会社で実施されている、簡易的な事前相談サービスを活用しましょう。

正式に申し込みを行う前に、短時間でどのくらいの資金調達ができるか知り、条件に合わない場合の業者の見直しも可能となります。

複数のファクタリング会社に事前相談すれば、売却しようとする売掛金の買取相場を知るきっかけにもなるため、より手数料を割引いてもらえる業者を探す上では必要なことと認識しておくべきでしょう。

一社ごとに相談するのは面倒!という場合は

複数のファクタリング会社と直接コンタクトを取り、都度相談する方法は想像しているよりも時間や手間がかかります。ファクタリング会社によって、見積もりを提示してもらえるまでの時間もバラバラなので比較しにくい点がデメリットです。

このような場合に当サイトを利用すれば、信頼できるファクタリング会社を複数社厳選し、同時に一括で見積もり取得が可能となります。必要な項目のみの入力で、ニーズに合ったファクタリング会社からより信頼性の高い業者を選び、見積もりが提示される仕組みです。

すぐにお金が必要なためファクタリングを活用したいけれど

「悪徳業者とは契約したくない!」

「良心的で優良なファクタリング会社と契約したい!」

という場合には業者比較にもぜひ活用してください。

ファクタリングの乗換えで本当に手数料は下がる?その理由とは

期日になれば売掛先企業から売上代金の入金があるけれど、それまでの資金不足を補うためにファクタリングを利用することもあるでしょう。

ただ、すでにファクタリング会社と契約して利用しているものの、手数料が高くて乗換えしたいと考える経営者もいるようです。

ファクタリングの乗換えは、発生する手数料をできるだけ抑えたいという場合に有効で、費用削減や十分に資金を調達したいと考える場合にはぜひ検討してほしい方法といえます。

そこで、ファクタリングの乗換えを行うことのメリットや、なぜ乗換えにより手数料を抑えることが可能となるのか解説します。

 

ファクタリング会社ごとに差がある手数料は安くなる!

銀行融資で資金調達するときにも、どの銀行から融資を受けるかによって設定される金利は異なり、利息の負担も違ってきます。

同じように、ファクタリングを利用するときに発生する手数料も、売掛金を買取るファクタリング会社によって差があります。

たとえば手数料に差が生じやすい2社間ファクタリングの場合、一般的な手数料相場の割合は10~20%です。

ただし、ファクタリング会社によって債権譲渡登記が必要となるケースもあれば、別途出張費を請求されることもあります。

そのため、手数料そのものは差がなかったとしても、別途発生する費用が増えればその分余計な出費が増えることとなります。

 

手数料は誰が決める?

ファクタリング業界で設定される手数料は、法的に上限や規制などが設けられていないため、ファクタリング会社の言い値で決まるともいえます。銀行や貸金業者からお金を借りるときとの大きく違う部分であり、より注意しておきたい部分です。

そのため、多く顧客を獲得していて資金力も余裕のある優良なファクタリング会社であれば、安い手数料で資金調達が可能となるでしょう。

今契約しているファクタリング会社に不満がある場合には、過去の実績や取引件数などが多く、即日現金化を可能とするほど資金に余裕のある他社へ乗り換えたほうが手数料は下がる可能性があります。

 

ファクタリングを繰り返し利用すれば手数料はかさむ

ファクタリングの仕組みを資金繰り対策で活用したいと考えても、一度きりの利用ですぐにキャッシュフローが元通りになるわけではありません。

通常であれば中・長期的に連続してファクタリングを利用することになりますが、その場合には利用する回数分手数料を支払うことになるでしょう。

将来入金される予定の売掛金を前倒しさせ続けてしまうと、本来受け取ることのできた金額を目減りさせ続けることになり、いつまでたっても資金繰りは改善されなくなってしまうことがデメリットです。

そのためそのリスクを回避するためにも、何か月でキャッシュフローを正常化させたいのか、事前に決めた上でファクタリングを利用することが大切といえます。

いつまで利用するか決めることは重要

たとえば初回は500万円、2か月目は400万円、3か月目は300万円というように少しずつ前倒しさせる金額を減少させていく必要があります。

そして中・長期的に利用するのなら、発生する手数料はできる限り低く抑えた方が手元の資金を増やすことができます。

継続してファクタリングを利用している場合には特に、ファクタリングを乗り換えることで手数料を抑えた方がよいと考えられるでしょう。

 

ファクタリングの乗換えでこのようなメリットが!

今契約しているファクタリング会社に売掛債権を譲渡する上で、発生する手数料の負担が大きいと感じているのなら、次に発生する売掛金から売却以降の手続きを新たな業者に乗換えてみてはいかがでしょう。

銀行融資などで資金調達したときに発生する利息負担よりも、ファクタリングで売掛債権を譲渡する際の手数料負担は大きくなりがちです。

そのためファクタリングを他社に乗換えるだけで、たった数%程度しか手数料を下げることはできなかった…という場合でも、その後の資金調達の金額やキャッシュフローの改善の程度は大きく変わってきます。

手数料で調達できる資金はこんなに変わる!

たとえば1千万円の売掛金をファクタリングで現金化する際、手数料が20%で設定されれば200万円負担することになります。

しかし手数料が15%のファクタリング会社と契約すれば、手数料は150万円です。

5%違うだけでも50万円の差が発生しますが、仮に利益率10%の会社が50万円の利益を生もうとすれば500万円の売上が必要になります。

20%の手数料で設定するファクタリング会社から15%の手数料の業者に乗換えるだけで、売上500万円を作ることができる威力になると考えれば、ファクタリング会社の乗換えは重要なことといえるでしょう。

 

売掛金額が大きい場合や利用頻度が高い場合も乗換えを

ファクタリングを他社に乗換えたいのなら、複数のファクタリング会社に対して売掛金をいくらで買取ってもらえるのか見積もりを依頼しましょう。

特に売掛金の金額が大きい場合や、ファクタリングの利用頻度が多い場合は乗換えで費用削減やキャッシュフロー改善につながりやすくなります。

現在契約しているファクタリング会社で設定されている手数料や買取条件などを基準に、見積もりを取得した業者の中でより安く・よい条件で契約できるファクタリング会社を選びましょう。

 

通常よりも審査ハードルは通常よりさらに低くなる?

すでにファクタリング契約を結び、ファクタリングを利用しているということは、新たに契約を結ぼうとしている業者にとっては安心感につながります。

その理由としてファクタリング会社は、利用者が同じ売掛金を複数の業者へ売却する二重譲渡が行われていないか、売掛先企業から利用者に入金された売掛金が使い込まれることはないかという点を最も心配するからです。

利用者が回収した売掛金を使い込む行為は横領罪に該当し、二重譲渡は詐欺罪になりますが、罪とわかっていても資金不足で切羽詰まった状態によりこのような行為を行う利用者も存在します。

そのためファクタリング審査では、売掛先企業の信用力だけでなく、利用者の信用力も確認することになるでしょう。

 

他社からの乗換えは信用力が高いとみなされやすい

ただしすでに別のファクタリング会社と契約を結んでおり、利用している実績がある場合は、その時点で信用力は高いとみなされます。

今後、新たに契約を結んでも安定してファクタリングを利用してもらえる顧客だと判断されやすいため、手数料を下げてでもその優良な顧客を獲得したいとファクタリング会社は考えます。

これらのことから、ファクタリング会社に乗換えを相談した場合、手数料を下げてもらう交渉にも積極的に応じてもらいやすくなるといえます。

 

どのファクタリング会社に乗換えるべきかの判断ポイント

実際にファクタリング会社を変えて乗換え契約を行う場合、変更先となる新しいファクタリング会社が本当に信頼できる業者か判断するポイントを知っておくべきです。

売掛金ではなく、手形を買取りしてもらい現金化させる手形割引で資金調達する際にも、銀行と手形割引業者とでは割引料に差があるのと同じことといえます。

より手数料が安いファクタリング会社を選ぶためにも、複数社から相見積もりを取得して、いったいいくらで買取ってもらえるのか知りたいと考えるものでしょう。

そこで、より誠実で信頼できる業者を選ぶためには、主に次の項目をポイントとして確認しておくようにしてください。

事前に手数料を伝えてくれるか

ファクタリング会社によって、直接業者窓口まで出向いた後でなければ、手数料を伝えてくれないこともあるようです。

しかしそれでは、契約直前に追加で必要となる費用を伝えられることとなり、本来想定していた手数料よりも高めに設定される可能性があるといえます。

そうなるとファクタリングを乗換える意味がなくなるので、電話やメールなどで事前に手数料を教えてくれる業者を選んだほうが安心です。

コンサルティング業務もあわせて行っているか

ファクタリング会社の中には、資金繰りを改善させるためのコンサルティング業務も実施しているところがあります。

ファクタリング利用を希望する場合でも、さらによい方法があればファクタリングにこだわらず、資金繰り改善に向けた最善の策や手段を伝えてもらうことができるので安心です。

ファクタリングを回避することになれば業者側の利益は減ってしまうでしょうが、本気で顧客のことを考えた対応をしてくれるので信頼できます。

近隣に本社や支店がある業者か

乗換えによりファクタリング契約を結ぶときには、業者の窓口まで直接出向くことになります。

ほとんどのファクタリング会社は東京にありますが、関東の中小企業や個人事業主なら問題ないでしょう。

しかし大阪や九州など、西日本の経営者はわざわざ東京まで足を運ぶことは大きな負担になります。

この場合、郵送で対応してくれるなど柔軟な対応が可能なファクタリング会社なら安心ですし、関西や九州など東京周辺以外でも利用しやすいエリアに支店などがある業者なら利用しやすいといえます。

 

ファクタリングの乗換えには相見積もりが重要

ただしファクタリング会社によって審査基準は異なりますし、申し込みをしてみなければどのくらいの手数料が発生するか確認できません。

そこで、保有する売掛金はいくらで売れるのか判断し、できるだけ安い手数料で契約するためにも複数社から相見積もりを取ることは大切なことです。

複数の業者から提案された見積もりにより、売掛金の買取相場を知ることにもつながりますし、悪徳業者を避けることにもつながります。

見積りしてもらった上で、もっともはやく現金化させることが可能となる業者か、手数料相場や少額債権でも対応可能かなど複数の項目を確認しましょう。自分なりに格付けし、ランクが高いと判断できるファクタリング会社を選ぶようにしてください。

 

まとめ

ファクタリングの仕組みを活用し資金調達する場合、信頼できる業者を選ぶことはとても大切なことです。

契約を結ぶファクタリング会社を選ぶ基準や目安に種類や違いがありますが、もっともよい業者だと判断して契約したものの、手数料金額に不満を抱えていることもあるでしょう。

銀行融資でも金利が高ければ返済負担が大きくなるように、ファクタリングも手数料が高いと余計な費用が発生することになります。このような場合、ファクタリングの乗換えによって安い手数料金額で資金調達が可能になるはずです。

当サイトでは、違法な業者などは省き、評判のよい信頼できるファクタリング会社から希望にぴったりといえる業者をピックアップしおすすめしています。

一括で複数のファクタリング会社から相見積もりを取得できるので、一社ごとに見積もり依頼を行う手間はかかりませんのでぜひ活用してください。

ファクタリングで資金調達する場合の見積もり依頼は何社くらいが妥当?

ファクタリングサービスで資金調達するとき、ファクタリング会社に見積もりを依頼しどのくらいの金額で売掛債権を買い取ってもらえるのか確認することは大切なことです。

見積もりの依頼方法は、電話やインターネット経由のメールなど様々ですが、いつどのようにファクタリング会社にコンタクトを取るべきなのでしょう。

そこで、ファクタリングで資金調達する場合に依頼する見積もりについて、押さえておきたいポイントなどをご説明します。

 

メールで見積もりを依頼する際のポイント

直接ファクタリング会社に電話をかけ、見積もりを依頼するのなら質問された項目にそれぞれこたえていけばよいでしょう。

しかしweb経由のメールやFAXで見積り依頼をする場合、初めてのことでどのような件名本文がよいかわからないものです。

難しく考えるのではなく、できるかぎり簡潔であることや、わかりやすい文面で記載することがポイントと認識しておくとよいでしょう。

メールを送るときの件名は?

メールの件名は一目で内容を把握できるものでなければ、他に届いたメールに埋もれてしまい、文書確認や検討がされず返答まで遅れが発生する可能性も出てきます。

そこでたとえば、

『ファクタリングに関する見積もり依頼の件』

『売掛債権買取に対する見積もりの依頼について』

など、件名からメール本文が想像できるタイトルをつけたほうが、トラブルなくスムーズに開封してもらいやすくなります。

メール内容は簡潔だけれどわかりやすく

見積もりをファクタリング会社に依頼する理由は、保有する売掛債権をいくらで買い取ってもらえるのか知るためです。

どのようなメールの書き方がよいのか知るため、例文やテンプレートなどをインターネットで探したことがある方もいることでしょう。しかしファクタリングの見積もり依頼は、それらの文例には該当しない内容となります。

形式的な文章でなくても、問い合わせをする上で求めている内容がわかれば、特に書き方にこだわる必要はありません。

そもそも断りを入れられて買い取りしてもらえない可能性も考えられますので、買取可否や金額確認を迅速に知るためにも、曖昧な書き方をしないよう注意してください。

また、ファクタリング会社の中には、ファクタリングサービス以外に資金のコンサルティング業務も行っている場合があります。

コンサルティング業務で依頼したい内容や条件などがある場合にも、相談の前段階としてメールにその旨を伝えておくとよいでしょう。

 

返答の期限を記載しておく

必ずメールの本文には、いつまでに返答がほしいのか期限を記載しておきましょう。FAXによる見積り依頼の場合も同様です。

メール文面から優先順位が低い内容や見込みが薄い内容と判断されてしまった場合、利用希望者が集中していると返答を後回しにされる可能性も出てきます。

万一返答がなかった場合、期日を記載しておくことで再度アプローチをかけやすくなります。

 

見積もりはいつ依頼すればよいか

見積もりを依頼した後で、すぐにファクタリング会社から返答がくれば問題はありません。しかし繁忙期など時間がかかることも想定されるため、その場合はできるだけ余裕をもって依頼を始めるようにしてください。

ファクタリング会社から見積もりを出して貰うときの主な手順は、

  • ファクタリング会社に申し込み
  • ファクタリング会社から口頭もしくはメールによるヒアリングと仮審査
  • 仮審査後に書類を提出し本審査
  • 見積もりと契約書の提示・見積もり内容と契約書の精査

という流れです。

初めて見積り依頼する方などは手順が複雑と感じてしまうこともあるでしょう。

実際にファクタリング会社一社に見積もりを依頼し、買取金額など提示してもらって契約前の段階に至るまで複数のステップを経ることになります。

即日見積もりを提示してくれるファクタリング会社もあれば、1〜2日かかる場合もあるので、よりスピーディな対応を可能とする業者を選ぶことが必要です。

業者ごとにヒアリングや必要書類も異なる場合がありますし、審査で重視される項目も多少異なり、ファクタリング会社と対面で面談を行うことも必要になります。

想像しているより時間がかかるため、複数社から見積もりを取得しようと考えた場合には、さらに多くの時間や手間が必要であると認識しておきましょう。

 

依頼は一社だけでなく複数社に

急いで資金を調達しなければならない場面だとしても、一社だけのファクタリング会社に絞って見積もりを依頼し、そのまま契約してしまわないようにしてください。

ビジネスの場面では相見積もりを取得することが多いですが、ファクタリングで資金調達するときも同じです。相見積もりは外部の業者に仕事を依頼する前に、複数の会社に対して見積もりを依頼することを指しています。

事業に必要なものを購入する際や、新規の取引を始めるときには相見積もりを依頼することもあるでしょう。一社から取得した見積もりを糧に、別の会社との交渉材料に使うこともあります。取引価格を下げることができれば、最初に見積もりを提示してくれた会社との交渉に使うこともできます。

相見積もりで複数のファクタリング会社から見積もりを取得したら、具体的な買取金額や内容を確認し、どのファクタリング会社に依頼するのか選択する目安にするとよいでしょう。

相見積もりで手数料相場の確認を

相見積もりで複数のファクタリング会社から見積もりを取得すると、ファクタリング会社に対する交渉の材料として使うことができます。それだけでなく、ファクタリングを利用する上での手数料相場を知ることにもつながります。

ファクタリング手数料には一般的な相場があり、2社間なら10~20%、3社間なら1~5%がその割合です。

提案してもらった見積もりの手数料が、この割合と大きく異なる場合には注意が必要といえます。

保有する売掛債権を売却するときの買取相場を知るためにも、相見積もりをうまく活用するようにしましょう。

 

複数社に依頼することはマナー違反?

複数のファクタリング会社に依頼するということは、見積もりを依頼されたファクタリング会社に対して失礼な行為ではないか?と心配される方もいることでしょう。

マナーに反する行為であるのでは?と不安になってしまうものでしょうが、事前に相見積もりであることを伝えておけば問題ありません。

相見積もりはビジネスの様々な場面で行われていることですので、マナー違反にはならないので安心してください。

 

相見積もりを活用するならここに注意!

相見積もりを依頼することはマナー違反にはなりませんが、依頼の仕方が正しくなければ失礼になる場合もあります。

そのため、複数のファクタリング会社に相見積もりを依頼するときのビジネスマナーを知っておきましょう。

最低でも3社から取得を

相見積もりを複数のファクタリング会社に依頼する場合、何社に対して行うべきか迷ってしまうこともあるでしょう。

多ければ多いほどよいと考えてしまうがちですが、数が増えればその分、時間や手間も増えます。

さらに比較対象が増えてしまうので、それぞれ特徴が異なる場合など情報が多すぎて何を目安に比べればよいのかわからなくなってしまいます。

そのため、ファクタリング会社は事前にインターネット検索などでリサーチし、3社程度に絞り込んだ上で相見積もりを依頼するとよいでしょう。

必要な条件はしっかり伝える

それぞれのファクタリング会社から提示される見積もりをしっかり比較できるように、いつまでにお金が必要なのかなど希望する条件は適切に伝えましょう。

そして複数のファクタリング会社に対し、同じ条件で見積もりを依頼することが必要です。

見積もりを依頼するとき、ファクタリング会社ごとに異なる条件で依頼してしまうと、ファクタリング会社同士を正しく比較できなくなってしまいますので注意してください。

相見積もりであることは事前に伝える

先に述べたとおり、複数のファクリング会社から見積もりを取得するのなら、相見積もりであることを事前に伝えておけばマナー違反にはなりません。

相見積もりと事前に伝えなければ、ファクタリング会社が準備を進めてしまうこともあり、多大な迷惑がかかってしまうでしょう。過度な期待をもたせることにもなるため、必ず相見積もりであることを伝えた上で見積もりを依頼するようにしてください。

断る場合も必ず連絡を

相見積もりを複数社から取得した後で、依頼することに決めたファクタリング会社以外の業者は放置してよいわけではありません。

必ず断る場合にも連絡を入れるようにしましょう。なお、見積もりを依頼する際に、断る場合にはいつまでに連絡を入れるか事前に期限を伝えておいてください。

見積もりは作成するファクタリング会社側も時間や労力をかけていますので、最低限感謝の気持ちはしっかりと伝えることに意味があります。

 

複数社から依頼することは本当に必要?

相見積もりにより、どのファクタリング会社が優良業者かリサーチすることはとても大切です。実際、ファクタリング業界には悪徳業者なども混ざっているので、うっかり悪徳な業者に依頼してしまえば十分な資金調達につながらなくなってしまいます。

ただ、慎重になりすぎることも好ましいとはいえませんので、手数料相場をつかみ作成された契約書を精査することで悪徳業者に騙されることもなくなるはずです。

また、選んだファクタリング会社が悪徳とはいえないものの、十分満足できる資金調達につながらなかったとします。

その場合には別のファクタリング会社に乗り換えることもできますので、まずは3社程度から相見積もりを取得しベストな業者を選んでみることをおすすめします。

 

まとめ

ファクタリングで資金調達する際、保有する売掛債権をいくらで買い取ってもらえるのか、ファクタリング会社に見積もりを依頼することは必要なことです。

それも一社だけに絞るのではなく、複数のファクタリング会社に対し依頼を行い、保有する売掛債権の買取相場を把握するようにしましょう。

相見積もりを活用することで、ファクタリング会社同士の競争心もかきたてることとなり、利用しやすい格安の手数料が設定されることも期待できます。

ただ、一社ごとに見積もりを依頼すると、かなり手間や時間がかかってしまうことになるでしょう。

当アイミツサイトを活用していただければ、面倒なメールでの文面を考える必要はなく、簡単な項目の入力だけで信頼できるファクタリングか一社から一括で見積もりを取得できます。

とにかく早く相談したい場合や、明日までに資金を準備しなければならないという場合など、まずは名前・電話番号・メールアドレス・簡単な相談内容を記載し相談してください。

経験豊富なスタッフがニーズに合うファクタリング会社をピックアップし、メールで回答しますので、スムーズな資金調達のためにも活用してみてはいかがでしょう。

アイミツはどのような場面でも必要!おすすめの比較ポイントとは?

資金調達をするとき、どのような手段を使う場合でもアイミツを取ることは大切です。アイミツとは相見積もりを省略した言葉であり、一社のみからではなく複数の業者から見積もりを取得し比較することを意味しています。

アイミツを取り比較することによって、複数の業者それぞれがどのようなサービスを提供し、その際にどのくらいの費用がかかるのか知ることができます。

資金調達の場面においては、お金を手元に受け取るまでの時間がどのくらいかかるのかなども把握できるので、急ぐ場合には対応が迅速な業者を選びやすくなります。

 

アイミツで相場観の確認を

たとえば資金調達に銀行融資を利用する場合、どの銀行からお金を借りればよいかどのように判断するでしょう。金利の高さや審査の厳しさ、融資可能となる金額など比較する項目はいろいろあるはずです。

ノンバンクのビジネスローンを利用して資金調達するときにも、できるだけ低い金利設定のところを選びたいと感じるものでしょう。

他にも工事の発注や商品の購入など考えたときにも、より良い商品や充実したサービスを安く提供してくれる評判の高い業者を選びたいと考えるものです。

このような場合にも、アイミツを利用すればどの銀行やノンバンクを選ぶことがもっとも有利か比較できます。

近年では売掛金を売却し現金化させるファクタリングによる資金調達なども、中小企業の間では多く利用されるようになりました。支払いサイトが長く設定されている場合など、サイトの短期化にファクタリングを活用することができるからです。

銀行融資のときのように、ファクタリングもアイミツにより複数のファクタリング会社から見積もりを取得・比較することで、もっともよい業者選びが可能となります。

なお、当社が提供しているファクタリング会社を一括見積もりできるアイミツサイトも活用大変便利ですので活用してみてください。

ファクタリングは特にアイミツが重要に!

資金調達や支払いサイトの短期化にファクタリングを用いる場合には、必ずアイミツを取得・比較するべきといえます。アイミツが必要である理由としてあげられるのは、ファクタリング利用の際にはファクタリング会社に支払う手数料が発生するからです。

銀行からお金を借りれば利息を支払うように、ファクタリングでも支払いサイトを短期化できる分、手数料を支払うこととなります。

ファクタリングは融資を受けるわけではなく、売掛債権の売買による資金調達の方法なので利息は発生しません。ファクタリング会社の儲け分を含む手数料が必要ですが、料金体系も業者により異なるため、適切な手数料の相場を知るときにもアイミツは重要な役割を担います。

アイミツを利用せず、相場観がわからないまま一社だけから見積もりを取得しただけで他社と比較せず契約してしまうと、他社を利用すればもっと安い手数料で利用できたのに…ということになりかねません。

設定される手数料には法的な上限なども設けられていないため、悪徳業者に騙されないためにも必ずアイミツにより手数料相場は確認し比較した上で契約するようにしましょう。

 

ファクタリング会社によって特徴は様々

実際に複数のファクタリング会社からアイミツを取って比較すればわかることですが、審査基準や手数料は業者によって大きく異なりますし、売掛債権金額に下限・上限が設けられていることもあります。

ファクタリング会社よっては、税金を滞納しているわけでもなく売却する売掛債権も大企業のものだったのに審査に落ちてしまった…というケースがある反面、有名企業の債権でないのに希望どおりの金額で買い取ってもらえたというケースもあるのです。

審査落ちの原因として挙げられるのは、そもそも審査基準が非常に厳しいファクタリング会社に申し込みを行ってしまったからです。

せっかくアイミツを活用してファクタリング会社同士を比較し、資金調達しようとかんがえていたのにそもそも審査に通らなければ意味がないと感じてしまうものでしょう。

基本的にファクタリングは審査のハードルが低めというイメージでしょうが、その情報のみを鵜呑みにしてしまい、ファクタリング会社選びを間違えば期限までに資金調達に至らない可能性もあると留意しておいてください。

審査に必要な書類やかかる時間もバラバラ

日本には約100社という数のファクタリング会社が存在し、それぞれ特徴は異なります。

たとえば、

  • 審査に必要な書類の数
  • 売掛債権が現金化され入金に至るまでの期間
  • 少額債権でも売却可能か
  • 土日対応可能か
  • 個人事業主でも利用可能か

といった違いがあります。

これらの項目のうち、自社のニーズに合うファクタリング会社か事前に確認した上で、どの業者からアイミツを取得し比較したいか決めておくとスムーズです。

ファクタリング会社ごとの違いを理解しておき、評価の高い全国対応可能とする複数の業者からアイミツを取得すれば、適切な相場を知り比較しやすくなるでしょう。

なお、当社が提供しているファクタリング一括見積もり・比較が可能となるアイミツサイトは、第三者目線で優良なファクタリング会社を主に掲載しています。ぜひ見積もりの取得・比較の際には活用してみてください。

特にアイミツで注目したい項目

複数のファクタリング会社からアイミツを取得し比較する場合、特に次の項目には注目したいところです。ファクタリング会社同士を比較するポイントとなる部分ですので、その内容をしっかり把握しておきましょう。

手数料

複数のファクタリング会社からアイミツを取得し、もっとも比較したいと考えられる部分が設定される手数料です。手数料をできるだけ低く抑えることができれば、必要な資金を調達しやすくなるのでアイミツによる比較ポイントとしても重視したい項目です。

2社間ファクタリングでは10~20%、3社間ファクタリングでは1~5%が手数料相場とされていますので、比較の際にこの相場の範囲内か確認しておいてください。

入金されるまでのスピード

ファクタリングを資金調達に利用する経営者の多くは、急な資金ニーズなどに対応できて支払いサイトの期日まで不足するお金をスムーズに入金してくれるファクタリング会社を選びたいと考えているようです。

支払いサイトを短期化させる場合でも急いで資金が必要な場合でも、入金までの時間は非常に比較しておきたい部分といえます。

アイミツを取得して比較してみればわかりますが、ファクタリング会社によって最短即日現金化を可能とするのか、最短翌日現金化なのかという違いがあります。

よりスムーズな資金調達を望むのなら、アイミツによる比較の際にはできるだけ早く現金化を可能とする業者を選んだほうがよいといえます。

買取可能とする売掛債権の金額

中小企業や個人事業主などの場合、営業の量や規模の関係上、保有している売掛債権の金額が少額というケースもめずらしくありません。ファクタリング会社によっては買取可能とする売掛債権金額に下限や上限を設定していることもあるので、少額債権でも買取可能か確認した上で比較するようにしましょう。

そもそも個人事業主は対応不可というファクタリング会社もあるため、個人の場合はアイミツを取るときに個人も利用可能なファクタリング会社を事前に選んでおいたほうがスムーズな比較につながります。

一時的な資金調達の手段にとどまらない

アイミツでファクタリング利用ができ、支払いサイトを短縮・資金ニーズ対応が可能となれば資金ショート回避が可能になります。

ただ繰り返し継続利用すれば、本来支払いサイト後に受け取ることができたはずの売掛金額は目減りし続けます。いくらアイミツを利用しうまく資金調達できたとしても、資金繰り改善には至らなくなる可能性があるのです。

そのため、ファクタリングを利用する際にはどのくらいの期間、どのように支払いサイトを短縮させ資金繰り改善つなげていくのか計画を立てることが大切です。

そこでアイミツでファクタリング会社から見積もりを取得する際には、経営におけるコンサルティング業務も行っている業者を比較するとより安心といえます。

 

信頼できるファクタリング会社を探さなければならない理由

ファクタリング会社は、どの業者を選んでもスムーズに資金調達につながり、安心の対応で手数料も良心的…とは限りません。

アイミツで比較すればわかることですが、あくまでも商売として対応するファクタリング会社もあるので、手数料が高すぎる!と感じてしまう割合を設定する業者もあることがデメリットです。

契約直前で突然手数料を変更しようとする悪徳業者も混ざっている業界であり、最も注意したいのはファクタリング契約と偽り金銭を貸し付けようとするヤミ金業者の存在です。

貸金業登録制度のような登録制度はファクタリング業界にはなく、設定される手数料もファクタリング会社次第

初めてファクタリングを利用する方は手数料相場がわからないので業者に言われるがまま契約してしまうこともあるようですが、もし一社に絞った相手が悪徳業者やヤミ金業者だったら…。

そのようなリスクを防ぐためにも、アイミツで手数料相場を知ることは非常に重要です。

ホームページなど検索しながら複数社から見積もりを取得することは面倒です。マッチングアプリでもあれば…と考えてしまうものでしょうが、アイミツなしでファクタリング利用は危険です。

本当に支払いサイトを短縮させスムーズに資金調達に至ることができるか、設定される手数料は相場の範囲か確認した上でファクタリング会社を選ぶようにしましょう。

なお、当社が提供しているファクタリング会社を一括見積もりできるアイミツサイトは、優良なファクタリング会社のみをピックアップし紹介するマッチングアプリのようなシステムです。悪徳業者に騙される心配はありませんので、うまく活用してみてください。

 

アイミツを取得しておけば一社がだめでも他の業者を選べる

ファクタリング会社によって、審査基準や設定される手数料は異なります。仮にA社では審査に通らなくても、B社なら買取可能と見積もり金額を提案してもらえる可能性もあるのです。

A社だけに見積もりを依頼していれば、審査に通らなかった時点でファクタリングによる支払いサイト短期化や資金調達は不可能だ…とあきらめてしまうでしょう。

しかしアイミツで複数社から見積もりを取得しておけば、A社がだめでもB社、B社よりもC社の方が手数料が安いなど希望に合う業者選びが可能になります。

アイミツで複数社から見積もりを取っておくことにより、資金調達の手段を失わずに済み、支払いサイトをうまく短期化させることができるのです。

 

選びたいファクタリング会社とは

アイミツにより複数のファクタリング会社を比較するポイントはいくつかご説明しました。

そして最終的に決めるときには、実績の高いファクタリング会社を選ぶことも基準としましょう。

実績が高さを見る場合、創業してからの期間がただ長いだけではだめです。資金調達までのスピードのはやさや審査の柔軟性が優れており、設定される手数料も他社より安いことが実績に高さにつながっていると考えるべきでしょう。

リピーターが多いことや、お金を即日準備できるほどの資金力の高さなども注目です。即日売掛債権の買取金額を利用者の口座に入金するためには、いつでもお金を準備できるほどの資金力の高さも求められます。

すぐに支払いサイトを短縮させることを可能とするだけの十分な資金を保有しているおり、担当者も親身・丁寧に対応してくれることがアイミツによる比較で選ばられるべきファクタリング会社です。

人には知られたくないお金の悩みや支払いサイトを短縮させなければならない事情など、信頼できる相手でなければ打ち明けることができません。アイミツによる比較でしっかり判断していきましょう。

なお、当社が提供しているアイミツサイトなら、優良なファクタリング会社から一括で見積もり請求できます。料金プランなどの比較に大変便利ですし、どのファクタリング会社が信頼できるかわからない、他社への断り方がわからない場合でも安心して利用できますのでぜひ活用してください。

まとめ

資金を調達する場面において、複数社から見積もりを取得するアイミツは欠かせません。見積もりは複数の業者を比較する上での資料となりますし、仮に一社がダメでも別の業者を利用することもできるでしょう。

たとえば電化製品を購入する際に複数の家電量販店から見積もりを取ることがありますが、家電量販店同士から提案された価格を比較するときの資料として使えますし、価格交渉の材料にもなります。

ファクタリングで資金調達するときも同じように、複数の業者からアイミツを取得しておけば、うまくいけば交渉により手数料を下げるきっかけになる可能性もあります。

最初から一社への見積請求に絞るのではなく、様々な項目をしっかり比べた上でもっともよいといえる業者を選ぶことが、ファクタリングを有効な資金調達につなげるためにも必要です。

当サイトでも安心してファクタリングを依頼できる業者を、利用者のニーズに合わせコンシェルジュのような役割で紹介しています。ぜひ相談してみてください。

 

売掛金を売却するファクタリング利用が多い業種と主な利用方法

売掛金を売却して資金調達が可能となるのがファクタリングの特徴ですが、いろいろな業種の経営者が活用している方法です。

保有する売掛金を売却するだけで資金調達できるので、商取引において売掛金が発生する業種なら利用しやすいことがメリットといえます。

そこで、どのような業種なら特に売掛金を売却し資金調達しやすいのか、具体的にそれぞれの業種でどのようにファクタリングが活用されているのかご説明します。

 

売掛金を多く保有する業種

売掛金による取引を行っている企業の割合が特に高い業種は、卸売業・製造業・サービス業・建設業などです。

それぞれの業種の取引で売掛金が発生する割合は98%を超えるほどで、後払いである掛け取引が主流となっていることがわかります。

売掛金を売却することが多い業種とは?

ファクタリングは企業が保有する売掛金をファクタリング会社に売却し、現金化して資金調達する方法です。銀行融資に頼ることなく資金を調達できますが、利用している業種の割合をみた場合、卸売業・製造業・サービス業・建設業などの業種が中心となっています。

他の業種と比較したとき、上記の4業種より掛け取引の割合が少ない業種として挙げられるのが、飲食業や不動産業です。飲食業の場合、売掛金を発生させる取引は83.3%、で不動産業は75.7%です。

不動産業は対象物件を素早く仕入れるために現金による取引が行われやすいことが、会社に売掛金が残りにくい理由といえます。

飲食業の場合、サービス提供後に現金で代金を受け取る現金商売が一般的です。ただし、食材の仕入れ代金は掛けによる取引のため、材料を提供する会社が売掛金を売却するファクタリングを利用しています。

 

ファクタリング利用割合が高い業種の特徴

ファクタリングを利用する割合が高い業種は、先に述べたとおり卸売業・製造業・サービス業・建設業です。

これらの4業種の事業に共通することは、

 

  • 取引先から売掛金が支払われるまでの期間(支払いサイト)が長いこと
  • 材料費や人件費やなどの負担割合が高いこと
  • 機材や設備導入など突発的な資金需要が発生しやすい事業であること

 

などです。

 

取引先から売掛金が支払われるまでの期間が長期に渡ること

発生した売掛金が入金されるまでの期間が長めの業種ほど、資金繰りが悪化しやすくファクタリングの需要は高くなります。

建設業などでは複数回に分けて代金が支払われることもありますが、下請けの立場になると売掛金の流れが複雑化しやすくなります。

元請けから下請け、下請けから孫請け、ひ孫請けなど多重の下請け構造が売掛金入金まで長期化させやすい要因です。

すでに売上は発生し利益も出ているのに、手元に資金がないことで事業が継続できなくなる黒字倒産に陥る可能性が高くなってしまいます。

材料費や人件費やなどの負担割合が高いこと

サービス業やIT業などの場合、サービスを提供するときに発生するコストが大きくなりやすい業種といえます。

すでに資材費や人件費などの支払いは発生しているのに、受注した案件を完成させ納品するまで売掛金は入金されません。請求書を出してもすぐに入金されるわけではなく、1か月や2か月後に入金されるまでの間、様々な経費の支払いに充てる会社の資金が不足しがちです。

機材や設備導入など突発的な資金需要が発生しやすいこと

運送業などの業種の場合、ガソリン代などの燃料費は継続して必要となります。また、製造業の場合には業務で使用する機器が故障してしまうと、突発的に資金を準備しなければならなくなってしまいます。

季節による需要の変動などで、繁忙期と閑散期の売上が大きく異なる場合なども、企業が一時的な資金不足に陥りやすいといえるでしょう。

 

売掛金で資金調達するとよいのは?

ファクタリングは取引先から売掛金が入金されるまでの期間を短縮できる資金調達の方法です。そのため、売掛金が支払われるまでの期間が長い業種が利用すると、資金繰りが改善されやすいといえるでしょう。

そこで、業種ごとの企業がどのようにファクタリングを活用しているのか説明します。

建設業

ファクタリングを利用する業種のうち、その約3割を占めているのが建設業です。

発生する売掛金の金額も大きく、企業に代金が入金されるまでの支払いサイトも長めであることから、ファクタリングにより売掛金を前倒しで受け取ることには大きなメリットがあります。

資材の仕入れ費用などはかかるコストが大きいため資金繰りが悪化しやすい業種ですが、工事の発注先が国や地方など公共事業であればファクタリング会社も安心してその企業の売掛金を買い取ることができます。

サービス業

請求書を取引先に渡しても、2〜3か月先に売掛金が入金されるといったケースが多い業種です。その上、人件費や設備投資、資材代金などは基本的に先払いなので資金繰りが悪化しやすいといえるでしょう。

このような場合、売掛金を売却して期日よりも先に代金を受け取ることにより、様々な経費の支払いが可能となります。

サービス業でも季節や気候に左右されやすい業種の場合、銀行融資などの審査も通りにくくなってしまう傾向が見られますので、よりファクタリングに対するニーズが高いといえるでしょう。

IT業・情報通信業

サービス業と同様に、人件費やサーバー維持費などの開発費は先払いで必要です。

規模が大きくなればなるほど開発費は高くなる業種でありながら、単発的な仕事の依頼が多いと売上が一定しない状態になってしまいます。

このような場合、一時的な資金不足をファクタリングで資金調達し補うことで、円滑な企業経営に結び付けることが可能となります。

 

まとめ

ほかにも、運送業や製造業など、様々な業種でファクタリングは資金調達に活用されています。

売掛金を多く保有する業種の場合、資金繰りが悪化しやすいのでファクタリングで資金調達し、黒字倒産に至らないように手元の資金を枯渇させない経営を行うようにしましょう。

銀行融資に頼れない個人事業主がスムーズに資金調達する方法とは?

事業を営み経営を続けるには、個人事業主や法人に関係なく資金繰りをスムーズにするための資金調達が重要です。

しかし会社を設立しないで事業を営む個人事業主にとって、銀行融資などで資金調達することは容易ではありません。

ただ、個人事業主でも資金調達できる方法はいろいろありますので、その種類とそれぞれの内容をご説明します。

 

個人でも日本政策金融公庫からの資金調達は可能!

日本政策金融公庫は政府系の金融機関で、国が100%出資して運営しています。

そのため運用資金となるのは国の税金であり、銀行から融資を受けることが難しい個人事業主や中小企業などにも貸し付けには積極的です。

日本政策金融公庫から融資を受ける場合、個人事業主なら創業融資などであれば利用しやすいでしょう。

 

信用保証協会の保証付融資なら比較的資金調達しやすい

銀行など民間の金融機関は、事業実績が浅い個人事業主などに対して簡単に貸し付けを行おうとはしません。

それでは融資を受けることができない個人事業主などは、資金調達の手段を1つ失うことになってしまいます。

ただし個人事業主や規模の小さい企業でも、担保を差し入れることや信用保証協会に保証してもらうことにより、銀行が背負う貸し倒れリスクは軽減され比較的借り入れしやすくなる可能性は大きくなります。

 

クラウドファンディングで賛同者を多く獲得できれば!

個人事業主が銀行融資などを利用する場合、担保として差し入れる不動産などの資産を保有していない場合や、信用保証協会に保証してもらえない状態では融資審査は通りにくくなります。

起業や開業したばかりという場合も実績がなく、銀行からの借入やローンで資金調達することは容易ではないでしょう。

そのような場合でも資金調達に活用できるのがクラウドファンディングです。インターネットに実施しようと契約しているプロジェクトなどの情報を公開し、そのビジネスに賛同してくれた方から資金を投資してもらう方法です。

多くの賛同者を得ることができれば、銀行からお金を借りることができない個人経営の事業主でも、返済や金利負担のない大きなお金を手にできます。

 

助成金・補助金は利用可能となる可能性大!

個人事業主でも、要件が合えば利用できる助成金や補助金は増えつつあります。

返済しなくてもよい資金を集めることができるのは事業主にとって大きなメリットですが、募集している時期に合わなければ資金調達につながりにくくなってしまいます。

また、基本的に事業に使った資金の一部を返金される形式になるため先に立て替えが必要となるため、事前にある程度資金を準備しておくことも必要です。

 

中小企業だけじゃない!ファクタリングも利用可能

中小企業を中心として知名度が高くなっているのがファクタリングによる資金調達です。保有する売掛金を売却することにより、売掛先から入金されるよりも前現金化させることができます。

お金を借りるわけではないので、返済負担を負わずに資金繰りを改善させる方法として注目されており、早ければ即日資金調達も可能です。

ただし個人事業主でも利用可能な場合はあるものの、売掛金の売却先であるファクタリング会社によっては、法人のみの対応となっていることもあります。

また、個人で経営している事業主の場合には法人よりも審査が厳しくなるので、円滑な資金調達にはファクタリング会社選びが重要になるといえるでしょう。

 

ファクタリング会社によって個人事業主が受け付けない理由

個人事業主の場合、ファクタリング会社が買い取り対象となる売掛金の信用力が乏しいことが多いといえます。

商品販売やサービス提供の規模もそれほど大きくないため、発生する売掛金の金額も小さく、ファクタリング会社によっては買い取っても儲けが少ないと考える業者もいないとも限りません。

そして最も注意したいのは、ファクタリング会社が行う審査では、買い取る予定となる売掛金が期日に間違いなく決済されるか重視する点です。

審査で間違いなく決済されると判断されるためには、個人事業主と売掛先との間に継続した取引を示す情報があり、期日に遅れることなく決済されていることが必要です。

しかし個人事業主の場合、継続して売掛金を確保できていないことも多く、法人のみの対応としているファクタリング会社が多いといえます。

 

最大の理由は2社間で債権譲渡登記が使えないこと

利用者とファクタリング会社のみで契約する2社間ファクタリングの場合、債権譲渡登記で売掛金の権利を誰が保有しているのか法的に証明することを必須要件としているファクタリング会社も少なくありません。

しかし債権譲渡登記は個人事業主の方は利用できないため、個人は不可と判断されることになります。

ただ、債権譲渡登記を行わず未登記で対応してくれるファクタリング会社はあります。そのような業者であれば、個人事業主でも安心してファクタリングで資金調達が可能となりますので相談してみましょう。

 

まとめ

個人事業主は法人よりも社会的な信用度が低いと判断されやすいため、どの資金調達の方法でも困難な状況となる可能性は否定できません。

しかしファクタリングなら、法人だけでなく単独で事業を営む事業主も利用できます。

融資を受ける仕組みではないため、借金を増やさず手元のお金を増やすことができる方法なので、もし資金需要が高まったときにはファクタリングの利用を検討してみるとよいでしょう。

当サイトでも、ファクタリング業界のランキングでは上位に位置するような信頼できる業者を紹介しています。安心して資金調達する支援となるはずなので、まずは相談してください。

ファクタリングで資金調達が可能となるまでの流れとは?

もしファクタリングで資金調達しようと考えたとき、実際にお金を手にするまでの流れを把握できているでしょうか。

近年、中小企業の間で周知されるようになったファクタリングですが、その資金調達までの流れやどのような仕組みなのかなど、詳しく説明できる方はそれほど多くありません。

そこで、資金調達にファクタリングを利用する場合、どのような流れで資金調達に至ることができるのかご説明します。

 

資金調達の流れでまず必要なのは売掛債権の発生

ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に売却することで、期日よりも前に現金化させることにより資金調達可能となる方法です。

そのため、そもそも売掛債権を保有していなければファクタリングによる資金調達はできません。

ファクタリングによる資金調達の流れでまず必要なのは、売掛債権をいくらで買い取ってもらえるのかファクタリング会社に相談し、仮審査で見積もりを出してもらうことです。

提案された買取金額納得できれば、契約という流れになります。

 

資金調達の流れを円滑にしたいなら事前に書類の準備を

ファクタリングの仮審査では、利用者や売掛先についていくつか質問されることになりますので、審査までの流れをスムーズにするために事前に書類を準備しておいたほうがよいです。

契約という流れになれば、本審査と契約の際に書類の提出を求められることになるので準備はやはり必要といえます。

ファクタリング会社によって必要書類の数や内容は差がありますが、商業登記簿謄本、決算書(直近2~3期分)、請求書や注文書、売掛金一覧表、取引先との契約書などを求められることが一般的です。

審査で重視されるのは売掛先の信用力

ファクタリングの審査で重視されるのは、利用者の信用力よりも売掛先の信用力が重要です。

ファクタリング会社は、買い取った売掛債権が間違いなく期日に回収されるという流れを重視します。そのため、利用者の信用力も大切ですが、売掛先の経営状況などのほうが重要になるのです。

売掛先が安定した大手上場企業の場合や公共機関などの場合には、ファクタリング会社も安心して売掛債権を買い取ることができますし手数料も低く設定されるでしょう。

ファクタリング会社と契約を締結する流れを経て、いよいよ買取代金を受け取ることが可能です。

 

どのファクタリング会社に依頼すれば安心?

ファクタリングで資金調達できるまでの流れは、どのファクタリング会社を利用してもそれほど大きな差はないでしょう。

ただ、利用する上で設定される手数料の割合、利用の対象となる売掛債権の金額、登記の必要性などいろいろと違いはあります。

個人事業主でも利用できるファクタリング会社もあれば、法人のみの対応としているファクタリング会社もあります。

また、売掛債権の金額に下限や上限を設けているファクタリング会社もあるので、その場合下限に達していない金額の売掛債権を現金化させたくてもできなくなってしまいます。

2社間ファクタリングでは債権譲渡登記が必ず必要というファクタリング会社もあれば、未登記で対応してくれるファクタリング会社もあるなど、特徴や強みもいろいろです。

ニーズにしっかり対応できるファクタリング会社を選ぶことで、よりスムーズな流れの資金調達につながるといえるでしょう。

 

まとめ

数多く存在するファクタリング会社から、自社のニーズに対応してくれる業者をどのように選べばよいのか迷ってしまうところでしょう。

資金調達までの流れをスムーズにするためには、ニーズに対応してもらえるファクタリング会社を選ぶことが重要です。

ただ、一社ずつに声をかけてそれぞれのファクタリング会社に見積もりを依頼していると、急いで資金が必要という需要には対応できません。

このような場合、一括で複数の優良とされるファクタリング会社から、見積もり取得が可能となるアイミツサイトを上手く活用してみることをおすすめします。効率的に信頼できるファクタリング会社を探すことができるので、安心した状態での資金調達が可能です。

資金調達にファクタリングを利用するなら契約書が重要!

日本の中小企業が資金調達の方法と耳にして、まず思い浮かべるのは銀行からの融資でしょう。ただ、近年ではお金を借りるのではなく、資産を現金化するファクタリングにも注目が集まっています。

銀行融資でもファクタリングでも、資金調達の際には契約を結び、その内容が記された契約書を作ることとなります。

特にファクタリングで資金調達するときには、ファクタリング会社から契約書面の内容説明を受けた上で契約書を交付してもらいます。

契約書の中に不明な点があるのなら質問などで資金調達に至るまでの内容を確認することが大切ですし、後で確認できるよう契約書の控えは必ず受け取るようにしましょう。

契約書がないことで後々大きなトラブルになることもあるので注意が必要です。

資金調達に用いられることが多いファクタリングとは

ファクタリングは、お金を借りるのではなく、企業などが保有する売掛債権買い取ってもらい現金化することで資金調達が可能となる方法です。

利用者(企業など)とファクタリング会社の間で結ぶ契約は、融資契約ではなく売買契約のため、銀行融資のときに行われる審査のような厳しさもありません。

早ければ即日資金調達が可能となるため、事業を継続する上で欠かすことのできない運転資金や、一時的に必要となった支払いに充てることが可能です。

正規のファクタリング会社なら契約書は交付される

ファクタリングを利用するケースとは、主に急いで資金調達が必要という場面が多いようです。ただ、早く資金調達しなければならないことに気を取られてしまい、内容を十分に把握していないまま契約を結んでしまうのは危険です。

本来、正規のファクタリング会社であれば、利用者と契約を結ぶときには内容の説明を行い、利用者とファクタリング会社双方が保管できる契約書を作成します。

契約書を作成しておくことは、利用者だけでなくファクタリング会社側の保身にもつながり、後にトラブルが発生したときに契約内容を主張できる大きな証拠となるからです。

そのためファクタリング契約の内容には、利用者が一方的に不利になる条件など記載されていないか確認しておくことが大切になります。

資金調達に急ぎすぎると契約内容の確認ができなくなる

契約内容を十分に理解していないまま、早く資金調達しようと契約書に署名してしまい、後で確認すると利用者に不利な条件の契約になっていたということもあるようです。

契約内容に記載された内容が把握できず、ファクタリング会社の担当者に説明してもらっても過剰に専門用語を使われたり、曖昧な説明だったり…。結局何を意味する内容か理解できないまま契約してしまった…!というケースもみられます。

契約書は作成していたのに控えを渡してもらえない

契約書は作成していたけれど、ファクタリング会社が保管する一部のみの作成で控えを渡してもらえないこともあるようです。
しかしこれらの手口はいずれも悪徳な業者が行う行為であり、正規で優良なファクタリング会社を選べばこのような対応をされることはありません。

 

契約書を作成した上で資金調達しなければ…

ファクタリング会社の中には、買い取った売掛債権が回収不能となるリスクに備え、将来的に発生する売掛債権からも代金回収が可能となるように債権譲渡登記無断で設定していることもあるようです。

そもそも債権譲渡登記はファクタリング会社が第三者への対抗要件に備えるために設定するものです。登記を設定しておくことにより、同じ売掛債権を他のファクタリング会社に売却されることを防ぐことが可能だからです。

しかし、利用者に無断で債権譲渡登記を設定されているケースもあります。利用者が銀行融資を受けようと審査の申し込みを行った段階で、銀行担当者からその事実を知らされ驚くこともあるようです。

債権譲渡登記が設定されているとどうなる?

売掛債権に債権譲渡登記が設定されており、権利が他に移っていることを銀行に知られれば、銀行融資の審査には通りません

優良なファクタリング会社であれば、未登記という形で対応してもらえますので登記を行わずファクタリングの利用が可能です。

契約書を交付してもらうこととあわせて、ファクタリング利用において債権譲渡登記は必ず必要となるか確認しておくようにしましょう。

まとめ

資金調達の方法にファクタリングを使うのなら、どのような内容で契約を結んだのか後から把握できるように契約書は必ず交付してもらいましょう。

また、契約内容で不明な点は納得できるまで質問し、債権譲渡登記の有無などについても確認しておきましょう。

個人事業主はファクタリングで資金調達できないことがある?

個人事業主が資金を調達しなければならなくなったとき、銀行融資での資金調達は審査がとおらず借り入れできないことも少なくありません。

そのような場合、ファクタリング会社の広告などを目にして、これなら利用できると喜んだのに、法人のみ利用可能で個人事業主は対応不可と記載があり肩を落としてしまうこともあるようです。

もちろん、すべてのファクタリング会社がそうではなく、申し込みはできたものの審査で断られることもあります。

そこで、なぜ個人事業主は資金調達にファクタリングを利用できないことがあるのか、その理由をご説明します。

 

個人事業主がファクタリングで資金調達できないことがある理由

ファクタリングは、銀行融資やビジネスローンなどと比べると、審査のハードルは低めで財務状況などが悪くても利用しやすい資金調達の方法であることが大きな特徴です。

ただ、法人と比べたとき、個人事業主の方はファクタリングの審査におけるハードルが高めと感じることもあるようです。

主に次のようなことが理由でファクタリングを利用したくても断られてしまうことがあるようなので、内容を把握しておきましょう。

法人よりも信用力が低い

法人よりも個人で事業を営んでいる個人事業主は、どうしても社会的信用度は低いとみなされてしまいます。

帳簿などの会計処理も独自で行っていることが多く、税理士などに依頼していないことで内容に虚偽があるのでは?と疑われてしまう可能性も否めません。

ファクタリングの審査では売掛先の信用力が重視されますが、利用者の信用力はまったく関係ないわけでもありませんので、信用力が低いと判断されると利用できなくなってしまいます。

売掛金の金額が小さい

ファクタリングでは売却対象となるのは売掛金です。しかし、個人事業主の保有している売掛金の金額は少額であることが多く、買取対象となる売掛金に下限を設けているファクタリング会社では断られてしまいことになります。

ただ、ファクタリング会社によっては、少額債権でも快く利用に応じてくれるところはありますので、そのような業者を選ぶことが大切です。

売掛金が安定していない

売掛金を買い取ることになるファクタリング会社は、その債権が本当に確実に回収できるものかを審査で確認します。

そのため、売掛先の信用力が審査では重視されることになりますが、個人事業主の取引先は売掛先の規模が小さく信用力が低めだったり、継続した掛け取引によるものでない場合もあるので、買い取り不可と判断されてしまうこともあるようです。

売掛金の入金までのサイトが長め

個人事業主の場合、売掛金が入金されるまでのサイトが長めに設定されていることが多く、サイトが長期化していながらも回収作業に時間を充てることができないケースも少なくありません。

そのため、貸し倒れとなることも多いとみなされてしまうので、あまりに入金までのサイトが長い場合にはファクタリングの利用を断られてしまうことになります。

債権譲渡登記が使えない

2社間ファクタリングでは、3社間のときと違って売掛先に対する通知を行ったり、承諾を得ることはありません。

この通知や承諾は、ファクタリング会社が第三者への対抗要件に備えるものであり、もし他にも売掛金の権利を主張する者が出てきたとき、主張できるように行われます。

2社間ファクタリングでは売掛先を取引に加えないため、通知や承諾で第三者への対抗要件に備えることができない代わりに、債権譲渡登記を行って法的に売掛金の権利者であることを証明します。

しかしこの債権譲渡登記法人のみが利用できる登記制度ですので、2社間ファクタリングを利用する際には債権譲渡登記が必須要件となっているファクタリング会社を個人事業主が利用することはできないということになります。

ただ、2社間ファクタリングでも債権譲渡登記を必要とせず、未登記で対応してくれる有料なファクタリング会社はあります。そのようなファクタリング会社であれば、個人事業主でも安心してファクタリングで資金調達が可能となるでしょう。

ファクタリングで発生する手数料は交渉で引き下げることは可能?

ファクタリングで資金調達することを考えたとき、気になるのはどのくらいの手数料がかかるのかというところです。十分な資金調達につながるのかという部分でも、できるだけ手数料は抑えたいと考えてしまうかもしれませんが、ファクタリング会社から提案された手数料を交渉で引き下げることは可能なのでしょうか。

もし手数料の交渉が可能なのであれば、どのようにファクタリング会社にアタックすればよいのか気になるところでもあります。そこで、ファクタリング会社に対して手数料を交渉するとしたらどうすればよいのか、相見積もりを取得した上で行えばよいのかなどご説明します。

なお、急いで資金調達しなければならない状況で、ファクタリングを利用したいけれどどこのファクタリング会社の手数料が一番良心的かわからないという場合、複数のファクタリング会社から一括見積もり請求が可能なアイミツサイトを有効活用することをおすすめします。

 

ファクタリングを利用する上で発生する手数料は何で決まる?

複数のファクタリング会社に同じ売掛金で見積もりを依頼しても、どのファクタリング会社を選ぶかによって発生する手数料は大きく異なります。

ファクタリングで発生する手数料は、ファクタリング会社が独自の審査を用いて判断するため一律ではないからです。

その中でも手数料を決める要因となるものとして、

  • 売掛先の信用力
  • 契約の種類
  • ファクタリングの利用回数
  • 償還請求権の有無
  • 売掛金の額面金額
  • 利用者の信用力

などが関係します。

 

売掛先の信用力

銀行融資などの審査においては、貸したお金を確実に返済する能力が債務者にあるのか、返済原資となる資金はどこから捻出することになるのかなど、利用者の信用力が重視されます。

しかしファクタリングは融資を受けるわけではなく、利用者から持ち込まれた売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらい、その代金を受け取ることで資金を調達する方法です。

そのため、ファクタリングの審査で重視されるのは利用者ではなく売掛先の信用力となります。

 

契約の種類

ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあります。2社間ファクタリングでは利用者とファクタリング会社でのみ契約が結ばれ、3社間ファクタリングでは売掛先も契約することになります。

まず3社間ファクタリングでは、売掛先に売掛債権を譲渡する通知を行い、承諾を得て契約を結ぶので、ファクタリングにより現金化された売掛金の支払いは、売掛先からファクタリング会社に直接行われることになります。

しかし2社間ファクタリングでは売掛先とは契約しない形で取引が行われますので、売掛先に対する通知も承諾もなく、ファクタリング利用後の売掛金の回収も利用者が行います

売掛先から売掛金を回収した利用者は、代金を受け取った後でファクタリング会社に渡すという形です。

利用者を経由せず、直接売掛先から売掛金の支払いを受け取ることができる3社間ファクタリングのほうが手数料は安く設定されます。

 

ファクタリングの利用回数

初めてファクタリングを利用する利用者は、ファクタリングとはどのような資金調達の方法なのだろう?利用して本当に大丈夫だろうか?と、いろいろな不安を抱える中で契約を結ぶこともあるでしょう。

しかしそれは利用者だけでなく、ファクタリング会社も同じことです。初めて取引する利用者が本当に信頼できる相手なのか不安を感じています。

特に2社間ファクタリングで契約する場合には、ファクタリング会社に代行する形で利用者が売掛先から売掛金を回収します。その回収した代金を使い込まれてしまったら、ファクタリング会社は大きな損失を抱えることとなるのです。

初回の取引では、売掛先だけでなく利用者の信用力も審査することとなりますが、それでも不安を感じてしまうこととなるでしょう。

ただ、すでに取引を行った実績があり、遅れず売掛金の回収ができていれば、利用者の信用力も高まっている状態なので手数料もその分、考慮されます。

 

償還請求権の有無

償還請求権とは、もしファクタリングを利用した後で売掛先が倒産してしまうなど、代金の回収が困難になったときにその弁済を利用者に請求できる権利のことです。

償還請求権のある契約になっていると、売掛先が期日に売掛金の支払い困難となった場合、ファクタリングを利用した利用者がその代金を代わりに負担しなければならなくなります

ただ、ファクタリングは一般的に償還請求権のないノンリコース契約となっていますので、その点の不安を抱えることはなく、ファクタリング会社が貸し倒れリスクを負う形で契約が結ばれます。

ただ、償還請求権のない契約は、償還請求権ありの契約よりも手数料が高めに設定されますので、その点は理解しておきましょう。

 

売掛金の額面金額

ファクタリングを利用する上で発生する手数料はすべてファクタリング会社の儲けではなく、手続きを行う上での事務手数料や人件費などの経費、交通費や印紙代、登記費用などの実費なども含まれます。

これらの費用にかかる金額は、売掛金の額面金額が高くても低くてもそれほど違いがないため、仮に売掛金の額面金額が多ければ手数料の割合を下げても十分まかなうことができるようになるのです。

そのため、売掛金の額面金額は低いよりも高いほうが手数料は安くなりやすいといえるでしょう。

 

利用者の信用力

2社間ファクタリングの場合、契約を結ぶのは利用者とファクタリング会社のみですので、審査で重視されるのは売掛先の信用力だとしても、利用者の信用力も重要となるでしょう。

いずれにしても、手数料は売掛金の信頼性に比例することになるので、入金の確実性が高く、回収の見込みが高いと判断されることで、安く設定され十分な資金調達に繋がりやすいということになります。

 

ファクタリングで発生する手数料は交渉できる?

売掛金の回収リスクに不安がある場合には手数料も高く設定され、未払いの危険性が少なく確実に回収できると判断されれば手数料は安く設定されます。

そのため、信頼性が高く間違いなく期日に入金を行う優良な顧客であるとファクタリング会社に感じてもらえれば、手数料をもう少し下げてほしいと交渉しても応じてもらえる可能性が出てくるといえます。

ただ、初回利用の場合は初めて取引を行うファクタリング会社に対し、どのようにアピールすればよいのか分からない状況ですし、すでに取引を行ったことがあるにしても交渉の仕方が分からないという場合もあるでしょう。

そこで、手数料の交渉を行うのならどのようにアピールすればよいのか把握しておきましょう。

 

初めてファクタリングを利用する場合

初めてファクタリングを利用する場合、ファクタリング会社側からすると、やはり一度も取引をしたことのない相手に高額な現金を支払うことはリスクが高い契約となります。

そのため、提案された手数料を見直してもらえないか交渉するとしたら、売掛先の信用力だけでなく自社の返済能力の高さをアピールすることが必要となるでしょう。

単に手数料を下げてくれるようにお願いするのではなく、手数料を下げて契約してもらえるだけの安心できる材料をファクタリング会社に提示することが必要です。

交渉の材料として提示できるものを準備しておき、十分に信頼性をアピールした上で、もし交渉に応じてもらえないのなら手数料を下げてくれるファクタリング会社を探すといった余裕を感じさせることができるかがポイントとなるでしょう。

そこで、ファクタリング会社に安心してもらうための交渉材料として次のような資料を準備しておくようにしてください。

 

取引の将来性

売掛先と継続して取引があり、将来に渡り入金が続くことを示すことができる資料を提示できるかが大きなカギとなります。

たとえば建設業なら、過去の入金履歴を示すことができる預金口座の通帳以外にも、入金予定を示すことができる期間が明記された契約書や工事計画などがその資料として挙げられます。

 

過去の返済実績

銀行やノンバンクなどで借り入れを行ったことがある、または現在借り入れをしている状況であれば、その返済実績を示すことも有効です。

長期に渡る返済実績があり、期日内にしっかり返済できているのなら、誠実さをアピールすることに繋がります。

 

企業の実績

商業登記簿以外に、企業の規模や運営実績、取引のある企業など、パンフレットやホームページなど補足資料として添付することにより、より企業の内容をアピールすることができるでしょう。

 

すでにファクタリングの利用実績がある場合

すでにファクタリングを利用している状況であり、期日に遅れず売掛金の回収ができている状態であれば、交渉に応じてもらいやすい可能性は高いといえます。

2回目以降の利用では、初回利用のときより利用者の信用力は高くなっていますので、むしろファクタリング会社の方が安い手数料を提示した他社に乗り替えてしまうのでは…と不安を感じていることも多いからです。

そのため、他のファクタリング会社複数社から相見積りを取得しておき、取得した見積もりをベースにして交渉するとよいでしょう。

 

交渉を進めていく上で押さえておきたいポイント

実際にファクタリングで発生する手数料について交渉を行う上で、押さえておきたいポイントを把握しておきましょう。

今すぐ資金を調達したいけれど、手数料は下げてほしいなど、一方的な都合ばかり並べても交渉は成立しません。

ファクタリングの交渉を行う上でも有利な時期というものがあり、たとえば毎月10日から20日の間なら応じてもらいやすくなります。

その理由は、多くの法人が25日から31日の月末に支払いが集中するからで、この時期に資金不足になると支払いができなくなるため、ファクタリング会社への問い合わせも多くなりがちだからです。

仮に融資を受ける予定をしていたものの月末までに間に合わなかった場合、次月の初めにファクタリングを利用して資金調達するといケースもあるので、その場合は1日から10日頃までファクタリング会社に問い合わせが集中します。

そのように考えると、10日から20日の間は比較的余裕があることが多く、利用者側に有利な交渉ができる可能性が高まるといえるでしょう。

 

どのくらいの割合分下げてもらえるように交渉すればよい?

いくら手数料を下げてほしいと要求する企業が優良な顧客だとしても、ファクタリング会社が赤字を抱える状態まで手数料を下げてもらえるわけではありません。

先に述べた通り、ファクタリングで発生する手数料はすべてファクタリング会社の儲けではなく、事務手数料や人件費、広告宣伝費などの諸経費や、交通費や登記にかかる費用などの実費も含まれます。

受け取る手数料からそれらを差し引いた残りがファクタリング会社の儲けやリスクに対する対価となると考えれば、2~5%下げてもらえないか交渉することが現実的なラインだと考えられるでしょう。

 

相見積もりでファクタリング手数料は効果的に下がる?

ファクタリングに限らず、普段買い物をするときでも相見積もりを取得する場面は多くあるでしょう。

どこで買えばより安く購入できるのか知りたいという理由で相見積もりを取得する方もいれば、こちらの店のほうが安いけれどもっと値段を下げてもらえないの?という交渉に使いたいから取得するという方もいます。

活用方法はいろいろですが、ファクタリングにおいても同様で、複数社から見積もりを取得することにより、ファクタリング会社を競争させて手数料を抑えることも可能です。

もし複数のファクタリング会社から相見積もりを取得するとしたら、10社や20社など多ければ多いほどよいだろうと考えてしまうかもしれませんが、理想的なのは3社程度です。

多く取得することになればその分、手間や時間がかかりますし、何をどのように比べればよいかわからなくなる可能性が高いからです。

急いで資金を調達しなければならないけれど複数社から見積もりを取得する手間や時間がもったいないという場合には、厳選された複数のファクタリング会社から一括で見積もり取得が可能となるアイミツサイトを有効活用してみましょう。

 

手数料を下げたいなら2社間よりは3社間がおすすめだけれど…

最後に、本当に手数料を下げてファクタリングを利用したいのなら、2社間ファクタリングではなく3社間ファクタリングを選ぶべきといえます。

2社間ファクタリングで発生する手数料割合の相場は10~20%であるのに対し、3社間ファクタリングは1~5%と大きく差があるので、ファクタリングで十分に資金を調達したいのなら3社間ファクタリングのほうがよいといわざるをえません。

ただ、3社間ファクタリングを選んだときに懸念されるのは、売掛先に通知・承諾が必要である点です。

長年取引がある売掛先があり、互いに崩れることのない信頼性を築くことができているので何でも相談できるから…と、ファクタリングを利用して資金調達することを相談できるのなら問題ないでしょう。

しかしそれほど深い仲でない売掛先にファクタリングを行うことを相談したら、日本では十分に周知されている資金調達の方法ではないことも手伝い、なぜ資金が必要なら銀行から融資を受けないのか?銀行から断られたからファクタリングを利用するのでは?と余計な不信感や不安を与えてしまうことも事実です。

本来、ファクタリングは国も推奨する資金調達の手法であり、利用することを悪いことのように思われる理由は何もありません。

しかしファクタリングを利用することを伝えたことが災いとなり、その後の取引に影響することになっては本末転倒です。

そのため2社間ファクタリングが選ばれやすい状況となっていますが、手数料が割高なのが気になるところでしょう。

また、2社間ファクタリングを選ぶ場合、債権譲渡登記が必須となっているケースもあり、この場合には登記にかかる費用や司法書士に対する報酬も利用者が負担することになります。

そのため、できるだけ費用負担を抑えて2社間ファクタリングを利用するためにも、債権譲渡登記を行わずにファクタリングを行うことができるファクタリング会社を選ぶようにするとよいでしょう。