資金調達する際に返済不要で後々苦しくない方法とは

お金を借りて資金調達した場合、必ず返済をすることが必要となりますが、返済不要の方法があれば後々苦しい思いをすることはありません。

中小企業などの一般的な資金調達方法として銀行融資が挙げられますが、低い金利でお金を借りることはできても、返済不要とはならず必ず利子をつけて返すことが必要です。

しかし新型コロナウイルス感染拡大の影響などもあり、返済そのものが苦しい状況にある今、返済不要の資金調達方法をうまく活用したいと考えてしまうものでしょう。

そこで、資金調達の方法の中でも返済不要で後の負担に苦しむことのない、ファクタリングについてご紹介します。

 

資金調達の中でも返済不要のファクタリングとは?

返済不要の資金調達方法として挙げられるのは、出資を受けたりクラウドファンディングで資金を募ったり、様々な方法があります。

しかし中でもファクタリングは、即日資金を調達できるなど、急いでお金が必要という場合にも対応できる方法です。

ファクタリングはなぜ返済不要なのか

ファクタリングとは、中小企業などが保有している売掛金をファクタリング会社に売却し、その代金を受け取り資金調達するサービスです。

売掛金は、売掛先が支払う期日まで待てば入金されますが、それまでの間にいろいろな支払いが発生してしまうことも少なくありません。

手元の資金が少なく、不足が生じると考えられるときには、期日よりも前に売掛金を現金化させることで資金調達できます。

仮にファクタリング利用後、売掛先が倒産しても売却代金は返済不要なので、貸倒リスクを移転させる上でも有効な方法といえるでしょう。

ファクタリングはお金を借りるわけではなく、売掛金という資産の売買による資金調達のため、返済不要の方法であることもメリットです。

 

ファクタリングで資金調達するメリット

返済不要の資金調達方法であるファクタリングですが、それ以外にも次のようなメリットのある方法といえます。

特に中小企業の場合、急いで資金調達しなければならないタイミングが発生することもあるため、最短即日現金化可能となることは大きなメリットでしょう。

また、ファクタリングでも審査は行われますが、ここで重視されるのは売掛先の信用力です。

赤字決算や税金滞納など銀行融資の審査ではまず通らないといった場合でも、信用力の高い売掛先の売掛金を保有していれば、ファクタリングできる可能性は高いといえます。

そして融資を受ける方法ではないため、負債を増やさず信用情報に悪影響を与えることもありません。

売掛先に交えず売掛金を売却する2社間ファクタリングであれば、誰にも知られず資金を調達することが可能です。

 

ただしデメリットにも注意

よいことばかりのように感じるファクタリングですが、メリットがあればデメリットもあるので次の点には注意して利用するようにしてください。

ファクタリングは売掛金を売ってお金に換える方法なので、売掛金の金額を超えた資金を調達することはできません。

また利用の際には手数料がかかりますが、特に2社間ファクタリングファクタリング会社の負うリスクが大きいため、その分手数料は高めです。

継続し利用し続ければ、本来受け取る予定だった売掛金は目減りし続けることとなり、資金繰りはどんどん悪化することになることは留意しておくべきです。

ただ、一時的な利用資金繰り改善を目指す計画的な利用であれば、ファクタリングは返済不要の資金調達方法のためその効果が期待できます。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ