売掛金の売買代金で資金調達が可能なファクタリングの特徴とは?

事業資金が不足し、銀行からの融資を受けようと申し込みを行ったものの断られてしまった…。このような場面で、次に何を資金の調達方法として検討するでしょう。

たとえば所有する不動産などの売買で得た代金を資金に充てる方法を考えても、売却が完了して資金を得るまで時間がかかってしまいます。

すぐに資金を手元に…という場合には、銀行融資も不動産売買も向かない資金の調達方法ですが、このような場合、現在保有する売掛金を現金化させるファクタリングを検討してみましょう。

そこで、売掛金の売買で代金を得るファクタリングとは具体的にどのような方法なのか、その特徴や内容などをご説明します。

 

ファクタリングとはどのような仕組み?

ファクタリングか事業者が保有する売掛金を、ファクタリング専門業者に売却し、売買代金分を資金として提供してもらう仕組みです。法律上は、債権の売買契約に該当する取引となります。

売上は多く計上されていても、その代金は未回収のまま売掛金として残っていると、資金繰りは悪化してしまいます。売掛金が支払われる期日が数か月後という場合、その間の支払いに充てる資金が不足してしまうからです。

そこでファクタリングを利用することにより、売掛金の回収を前倒しで受け取ることが可能になるので、期日前でも早期に資金を得ることができます。

 

ファクタリングを利用することが多い業種

ファクタリングを利用することが多いのは、構築物などが完成した後で代金を受領することが多い建設業の方や、レセプト請求などで診療報酬が入金されるまで期間があいてしまう医療関係の方、早急に商品を仕入れたいと考える小売店の方などいろいろです。

いずれも売掛金が発生していることが最低条件となり、調達できる資金も売掛金の金額の範囲内ということになります。

ファクタリング専門業者によっては、買い取る売掛金額に下限を設けている場合もありますが、優良な業者の場合は小口や複数合わせてといった形でも応じてもらえるので、業者選びがより重要になる取引ともいえるでしょう。

 

ノンバンクからの借り入れではダメなのか

何も売掛金を売買して資金を調達しなくても、ノンバンクから借り入れたほうが早いと考える方も中にはいるかもしれません。

確かにノンバンクから借り入れを行い、実際に売掛金が回収できたときにすぐ返済を行えば、金利は高くてもそれほど負担は重くならないでしょう。

ただ、借り入れを行えば貸借対照表上の負債を増加させることになりますし、期日に弁済する負担を負うことにかわりません。

金額が大きくなれば、銀行でもノンバンクでも不動産などを担保として差し入れることになるでしょうし、保証人など人的担保も必要となります。

しかしファクタリングは融資ではなく売買契約により資金を調達する方法なので、担保や保証人は必要なく、返済負担に頭を抱えることもない手法です。

調達できる資金も売掛金額の範囲なので、融資のような借り過ぎという問題も発生しませんし、そもそも入金される予定のお金を前倒しで受け取るだけなのでマイナスからの資金調達にならないことが特徴です。

 

資金調達にファクタリングを利用するメリット

ファクタリングで資金を調達した場合、次のようなメリットがあると考えられます。

 

即日資金を調達できる可能性大

ノンバンクも即日融資が可能な場合もありますが、ファクタリングも資金を調達するスピードは負けていません。ファクタリング専門業者によっては、即日現金化してくれるところもあるので迅速性は高いといえるでしょう。

 

融資ではないので負債を増やさない

先にも述べた通り、ファクタリングは売掛金の売買によりその代金を得る手法です。融資ではないので負債には計上されず、決算書に悪影響がないこともメリットといえます。

 

長期的に利用することもできる

契約期間など事業者によって異なりますが、契約期間や買取金額に枠が設定され、その範囲なら継続して繰り返し利用できるのもメリットです。2回目以降は初回よりも更にスムーズに資金を調達できるでしょう。

 

貸し倒れリスクを軽減できる

万一売掛先が倒産してしまい、現金化した売掛金が回収できなくなったとしても、その負担はファクタリング専門業者が負います。回収不能に陥った場合でも、貸し倒れリスクはファクタリング専門業者が負担するので、安心して利用できる点もメリットです。

 

キャッシュフローを改善させることができる

売掛金を早期に受け取ることができるので、いうまでもなくキャッシュフローの改善が可能です。

 

ファクタリングは大きく分けるとこの2つ

ファクタリングは大きく分けて2つの契約方法があります。それぞれ契約の内容など異なる点がありますので把握しておきましょう。

 

2社間ファクタリングなら売掛先に知られず利用可能

1つは2社間ファクタリングで、事業者とファクタリング専門業者の2社でファクタリング契約を締結します。

この場合、売掛金が現金化された後、事業者が売掛先から売掛金を回収し、その代金をそのままファクタリング専門業者に渡すという流れで取引は完了します。

売掛先にファクタリングを利用することを知られずに利用できるので、安心して取引ができることが特徴です。

ただし、ファクタリング専門業者に代わって代金の回収を行うことになるため、利用する上で発生する手数料は高めに設定されます。

 

手数料が安い3社間ファクタリング

事業者とファクタリング専門業者、そして売掛先で契約を締結する方法で、売掛先には債権譲渡について通知を行い、承諾を得て行う取引です。

売掛先から直接、ファクタリング専門業者に売掛金の支払いが行われるため、手数料は安く設定されます。

 

まとめ

このように、ファクタリングは売掛金の売買によりその代金を前倒しで受け取ることができる資金調達の手法です。

融資ではないので返済負担に追われることもありませんし、決算書に悪影響を及ぼすこともありません。

また、迅速に資金を調達することができる方法なので、もし資金を調達することを検討しているのならファクタリングを利用してみてはいかがでしょう。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ