利用中のファクタリング会社を乗り換えるタイミングはいつがベストか

すでにファクタリングを利用しているものの、

「何度か利用し続けているのに手数料を下げてもらえない」
「担当者の対応に不満を感じる」
「3社間ファクタリングでないと対応してくれない」

など様々な不満により、乗り換えるタイミングを考えてしまうものです。

現在利用しているファクタリング会社から提供されるサービスや対応に不満を感じているのなら、乗り換えも視野にいれたほうがよいといえますが、そのタイミングはいつがよいかわからないという方もいることでしょう。

もしファクタリング会社の乗り換えを悩んでいるとき、そもそもメリットがあることなのか、いつがそのタイミングなのか解説していきます。

 

ファクタリング会社の乗り換えは実はメリットがあること

現在ファクタリングを利用しているものの、ファクタリング会社のサービスや手数料などに不満があり、乗り換えを検討しているのなら別のファクタリング会社に相談してみるとよいでしょう。

利用中のファクタリング会社に支払っている手数料や、提供されているサービスが本当に自社に合ったものなのか、改めて見直すことができます。

ファクタリング会社の乗り換え希望の顧客は、別のファクタリング会社にとって歓迎されることがほとんどです。

なぜならすでにファクタリングを利用しているということは、売掛金回収後に適切に支払いを済ませている実績のある顧客であるという信用力が認められ、同時に売掛先の信用力も保証されていると考えられるからといえるでしょう。

他のファクタリング会社で数か月に渡り利用した実績があるのなら、安定した売掛先のある利用者と判断され、乗り換えの際にも審査に通りやすく条件も優遇された状態で契約できる可能性が高くなります。

手数料は下がることが多い

ファクタリングを利用したときには、ファクタリング会社に対し手数料を支払うことが必要です。

発生する手数料は1%でも低いほうが十分な資金調達につながりやすくなるといえますが、乗り換え希望の方はファクタリング会社も手数料を下げてでも契約したい優良顧客とみなすため、提案される手数料も既契約より下がることがほとんどといえます。

 

乗り換えはどのタイミングがベストか

ファクタリングを利用するときとは、たとえば銀行から融資を受けるほど多額の資金は必要ないけれど、急いでお金が必要なときなどでしょう。

しかし審査や手続きに手間や時間がかかるときや、そもそも売掛金を現金化させるまで長いファクタリング会社では意味がありません。

もしこのようなファクタリング会社を利用しているときには、乗り換えを検討したほうがよいといえます。

また、希望している売掛金の買取額より低い金額を提示されるときや、今の手数料がだんだんと負担に感じてきたときも乗り換えのタイミングです。

ファクタリングで行われる審査は業者ごとに異なり、入金のタイミングや設定される手数料もファクタリング会社独自で決めています。

そのため手数料が高い場合や入金まで時間がかかるファクタリング会社は、サービスの質が良いとはいえないため、不満を感じたタイミングで乗り換えを検討するべきといえます。

 

ニーズに対応してもらえないと感じたタイミングで乗り換えを

一般的なファクタリング会社では契約を交わすまで面談を行うことが必要であり、2社間ファクタリングでは債権譲渡登記を行うことが必要とされる場合もあります。

ただ、最近では新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、インターネットで手続きが可能となる電子契約などを用いるファクタリング会社も増えています。

債権譲渡登記も必須ではなく、未登記という形で対応してくれるファクタリング会社もあるため、ニーズに対応してくれる業者か見極めることが必要といえるでしょう。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ