ファクタリングの乗り換えでどこが安いか調べる方法とは?

ファクタリングの乗り換えを検討するとき、真っ先に気になるのが手数料ですが、どこが安いか調べるときには他社同士を比較できる相見積もりを取得しましょう。

相見積もりとは、複数の会社から見積もりを提案してもらい比較することで、乗り換えでどこが安いか調べるときにも使えます。

複数のファクタリング会社を比較することにより、同じサービスを提供してもらう場合でもどこが安いコストで済むのか知ることができます。

 

乗り換えのメリット

相見積もりを取得することで、ファクタリングの乗り換えでどこがコストを抑えることができ、安いのか知ることができます。

そもそもファクタリングの乗り換えは、既契約のファクタリング会社より安い手数料でファクタリングが利用可能となることにメリットがあります。

そして企業間の取引では、特定業者との取引が長くなることで担当と特定業者が不正を行うといったリスクも避けることが可能です。

 

相見積もりでどこが安いか以外に比較するポイント

ファクタリングに限らず、他社同士を比較するため相見積もりを利用するなら、次の項目を確認することが必要です。

 

必要なコストを知るきっかけに

ファクタリングを利用すると、手数料だけでなく複数の諸経費が発生してします。

2社間ファクタリングの場合には、ファクタリング会社によっては債権譲渡登記が必要となることもあり、その場合には登記費用や司法書士に対する報酬も別途負担しなければなりません。

少額債権を売却し現金化するのなら、いくら手数料は安く抑えることができたとしても、登記費用や司法書士への報酬がコストを埋めてしまうといったこともあります。

その場合、せっかくファクタリングを利用したのに十分な資金調達につながらなくなってしまうでしょう。

最も手数料が安いファクタリング会社を選んだはずが、実質的なコストは高くなったという失敗を避けるためにも、相見積もりでどのような費用が必要なのか確認しておくことが大切です。

 

乗り換えによる競争で値引き効果を生むこともできる

複数のファクタリング会社から見積もりを取得するときには、相見積もりであることを事前に伝えましょう。

ファクタリング会社も契約を獲得したいと考えて、他社よりも魅力を感じてもらえる見積もりを提案してもらえる可能性があります。

手数料を安くしてもらえる範囲にも限界はあるでしょうが、ファクタリング会社同士の競争を煽ることで値引き効果を生むことはできるはずです。

 

どこが安いかだけでなく良質な業者を見極めることが大切

ファクタリング業界は法的な規制がなく、貸金業のように登録制度もないため、悪徳業者が横行しやすい環境になっています。

悪徳業者は法外な手数料を請求してくるため、設定する手数料にも自信がなく、相見積もりとなれば断ってくる可能性が高いでしょう。

そもそも提案される見積もり書には、様々な項目が記載されることになります。

仮に悪徳業者が相見積もりに参加してきた場合でも、他社にはない費用の項目が記載されている場合や、何のための費用か説明を求めてもはぐらかされるときには契約しないほうがよい業者と判断できるはずです。

違和感のある項目があっても1社のみからの見積もり取得では気がつきにくいでしょうが、相見積もりであれば複数社の見積もりを比較できるため、不審点に気づくこともできます。

手数料を割安に設定する代わりに、様々な費用項目を追加しようとする業者もあるため、優良なファクタリング会社を見極めるためにも相見積もりをうまく活用することをオススメします。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ