インターネットでできる儲かる仕事を始めてみては?副業が本業に化ける可能性も!

儲かる仕事としてどのような条件を挙げるでしょう。年収や給料がよいことなどはもちろんのこと、比較的苦労せず楽な業務で稼ぐことができることを指していることが多いようです。

事業を営む方でも、副業として何かできることはないか…と考えてしまうことはあるかもしれません。

そこで、ネットを利用した儲かる仕事にはどのようなものがあるのか、これからのニーズに合った注目される人気のビジネスをご紹介します。

なお、儲かる仕事を始める前に、すぐに資金調達する必要があるという場合にはファクタリングなどの利用を検討してみましょう。その場合、手間をかけずに信頼できる業者選びを行うためにも、複数社から同時に見積もりを取得できるアイミツサイトの利用などをおすすめします。

儲かる仕事は面倒なく放置したままでも可能なものが人気

アフィリエイトがよい例ですが、儲かる仕事として挙げられるのは、業務に費やす時間や労力を必要とせず、収入を得ることが要件と考えられることが多いようです。

簡単に始めることができて初期費用もかからず、少しの労力で済むのなら、それほど大きな収入は期待できないはずです。それなのに想定していたよりも多くの収入を得ることができれば、儲かる仕事だと感じやすくなります。

参入障壁が低くパフォーマンスを最大限に生かすことができ、利益率が高い仕事こそが儲かる仕事です。

そんな都合の良い仕事があるのだろうか?と思うかもしれませんが、時代のニーズに合った楽に稼ぐことができる儲かる仕事は、インターネットの中にあります。

儲かる仕事として注目したいのはネット副業

月収100万円以上も期待できるネット副業として人気なのがアフィリエイトで、元手がかからず簡単にはじめることができるため、儲かる仕事として注目されています。

芸能人や有名人のブログや企業のポータルサイト、比較サイトやYouTubeなど、至るサイトに広告が貼られていますが、これはサイト利用者が広告を見たり、商品やサービスを購入・利用することを促し収益を得るためです。

運営するブログやホームページに広告を貼り、サイトを閲覧した方がその広告をクリックする、またはクリック後に掲載されている商品やサービスを購入・利用することで広告収入の一部が報酬という形で入金される仕組みになっています。

儲かる仕事として注目したいアフィリエイトは英語系

2020年に開催される東京オリンピック、そして2025年開催が予定されている大阪・関西万博など、世界に向けたコミュニケーション力にニーズが高まっています。

それに加え、これまでの英語教育は小学校5年生からでしたが、2020年からは小学校3年生、4年生を対象に外国語活動など体験型英語学習が設定されることとなっています。

英語は話せたほうがよい、理解したいと感じる方も多く、子どもにも小さな頃から英語に馴染ませたいと考える保護者も多いのに、なぜか他国より英語は苦手と意識する方が多いようです。

現在では様々な技能検定や受験関連の資格が出てきていますので、今後は英語系の商品やサービスが増えていくかもしれません。

そのような英語や英会話に対するニーズを上手く利用し、短期間で英語力を身につけたいターゲットユーザーを対象として、英語教材をアフィリエイトでPRしてみてはいかがでしょう。

●特におすすめの英語系商品

英語というジャンルはネットビジネスでも期待されている分野ですが、中でもおすすめしたのはアフィリエイトを使った英語系コンテンツや教材の販売です。

英会話に関連するスマートフォンアプリ、英会話に関連したYouTube動画、英会話に役立つ言葉やフレーズを掲載したブログなどを作成し、アマゾンなどで紹介されている英語教材などを紹介していきます。

もしアフィリエイトプログラムに英会話学校などが参加しているなら広告を貼ってもよいですし、英会話が得意な方はオンラインで語学レッスンを始めるという方法もあります。

儲かる仕事として注目したいのは海外旅行者をサポートする業務

英語だけでなく、中国語やフランス語など、外国語が得意という方であれば、海外旅行者に観光名所の紹介やガイド、ショッピング代行といったことを始めてみてはいかがでしょう。

直接会ってガイドをするのではなく、外国語によりサイトを作成して、様々な観光名所の紹介を掲載します。そこに海外旅行の必需品や宿泊施設などのアフィリエイト広告を貼るといった方法も利用できるでしょう。

儲かる仕事として注目したいのは海外旅行者向けの民泊ビジネス

日本を訪れる海外旅行者は増えていますが、オリンピック需要などで今後はさらに急増することが予測されます。

そこで、外国からの観光客に対し、宿泊スペースをレンタルする民泊ビジネスを始めてみてはいかがでしょう。

民泊は規制が厳しくなっていますが、自治体や宿泊施設としての許可を取得すれば問題なく運営でき、急増する外国からの観光客にサービスとして提供可能です。

ただ、貸し出す部屋を持っているだけでは外国人観光客にアピールすることはできませんので、泊まる場所を探している旅行者と部屋を貸したい方を繋いでくれるオンラインサービス「Airbnb(エアビーアンドビー)」などを利用してみるとよいでしょう。

仮に1泊1万円で設定していた場合、10日部屋をレンタルすれば10万円です。複数貸し出せる部屋を持っているのなら、さらに収入は増えるはずです。

なお、貸したい部屋はあるけれどメンテナンスが行き届いておらず、修繕費用などをすぐに資金調達しなければならないという場合には、保有する売掛金を売って現金化できるファクタリングを検討してみましょう。

ただ、ファクタリングを利用できる業者は数多くありますので、信頼できる業者選びを行うために、手間をかけず複数社から同時に見積もりを取得できるアイミツサイトの利用などをおすすめします。

最も儲かる仕事は生配信アプリ?

TikTokやYouTubeなど、動画サイトのコンテンツよりも、近年ではスマホを使ってライブ配信を行う生配信アプリが注目され続けています。

リアルタイムでのゲーム実況や情報の提供など、配信者とリスナーがリアクションやコメントを通じてコミュニケーションを取ることができるのも人気の理由です。

好きなときに閲覧できる動画サイトもよいけれど、配信者とリスナーの距離間の近さが魅力と感じる方も多いことが特徴といえます。

ネットでお金を稼ぐポイントサイトでは稼げない

インターネットを使った儲かる仕事としてポイントサイトを挙げる方もいるかもしれません。

アンケートに答えたり、会員登録をすることで決められたポイントが付与される仕組みであり、スマートフォンからも簡単に操作できるのが人気の理由といえるでしょう。

ただ、楽をして稼げるかといえばそうではなく、空いた時間をとにかく利用してコツコツと作業していくことが必要です。

作業に時間がかかるのに対し、付与されるポイントはごくわずかなど、さらにポイントの還元率の低さに途中でやめてしまったという方もいるかもしれません。

ポイントサイトが楽をして稼ぐことができる仕事なのかといえばそうではないと理解しておくようにしましょう。

まとめ

儲かる仕事はいろいろありますが、その多くがインターネットを使ったものとなっており、プライベートでもビジネスでもネットは欠かすことができない存在であるといえます。

時代のニーズに合った内容であればヒットするはずなので、始めやすい方法を探してみてはいかがでしょう。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ