業種別に紹介!ファクタリングで資金調達する目的と見積もり事例

ファクタリングは様々な業種の中小企業に資金調達の方法として活用されています。

赤字経営でも気にせず資金調達可能となる方法であり、見積もりや審査のスピードもはやいため急いで資金調達が必要な業種でも対応可能です。

今後さらに需要拡大が見込まれる資金調達の方法ですが、まだ日本では知名度は低く、実際にどのような業種で活用されているのだろう?と疑問に感じる経営者もいることでしょう。

そこでファクタリングを資金調達にどのような目的で活用しているのか、その業種などをご説明していきます。

最もファクタリングを多く資金調達に活用している業種とは

様々な業種や職種がある中で、資金調達にファクタリングを利用しているのはどの業界なのでしょう。

ファクタリングを資金調達に活用している業種をランキングにすると、

1位 建設業
2位 サービス業
3位 小売業・卸業
4位 情報通信業
5位 製造業

という順になります。

建設業が3割を占め、2位のサービス業も2割以上のシェアを有し、2つの業種を合わせれば全体の過半数を占めています。

3位以下は小売業・情報通信業・製造業などですが、いずれも全体で見れば設備投資・人的リソースにコストがかかる業界が中心といえるでしょう。

反対にファクタリングを資金調達に活用することが少ない業種は、金融業・不動産業・教育学習支援業などです。利用は少ないですが、これらの業種でまったくファクタリングが活用されていないわけではありません。

建設業は有効な資金調達の方法として活用しやすい業種

建設業はファクタリングを資金調達に利用していることが多い業種でも、最もその多くを占めています。

その理由は建設業が、大手や有名企業を元請けとして下請けや孫請けなど複雑なピラミッド型の構造を呈している業種であることにあります。

景気や経済事情によって仕事量の増減が激しくなり、

などをファクタリング利用の目的として、資金調達に活用されています。

さらに建設業という業種は、コストの半分以上を人件費が占めてしまうこともあり、人件費絡みの資金需要は顕著であるといえるでしょう。

元請けから請負代金が支払われるまでのサイトが遅いなど、ファクタリングを資金調達に利用することに適している業種といえます。

サービス業もファクタリングを資金調達に活用できる?

サービス業にはいろいろな業種がありますが、その中でも人材派遣業や広告代理業のファクタリング利用数は多く見られます。

サービス業は全体的に、クライアントごとに売掛金の支払いサイトや契約内容が異なるという特徴があり、資金需要も様々です。

中でもファクタリングを資金調達に活用する目的として多いのは、

といった理由です。

契約内容や売掛金が入金されるまでのサイクルが変動することに悩まされるケースが少なくありません。

起業や会社を設立したばかりのベンチャー企業や、経営規模や社歴が浅い企業の場合、金融機関から信用を得ることができず資金の貸付に応じてもらえないことも少なくないでしょう。

ローンや借入で資金調達できない状況でも、経営状態を重視しない審査を行うファクタリングは心強い味方といえます。

小売業・卸業などもファクタリング利用は有効

競争が激しいことが特徴の小売業・卸業界ですが、急な資金調達に迫られるケースが少なくない業種でもあります。

特にインターネット通販の需要が拡大されている今、過酷な競争環境で生き残るために様々なサービスを展開しなければならなくなりました。

多くの工夫を重ねている業種であり、ファクタリングで資金調達する利用目的もポジティブなものとネガティブなものが入り乱れている状態です。

その中でも特に多い理由として、

などが挙げられます。

情報通信業などでも活用されている

情報通信業は案件の規模の大きさや、システム設計の専門性により、必要となる労働力の差が激しい業種です。

そのため中小企業は受注数を拡大させ、獲得した顧客は逃さないように、資金調達も積極的に行う姿勢が見られます。

その反面、取引先が倒産してしまったことやインシデント賠償など、ネガティブな事由で資金調達が必要になる業種でもあります。

他にもファクタリングを資金調達に活用する目的として、

といった事例が挙げられます。

さらに情報通信業はサイバー攻撃の対象になりやすく、インシンデント時の対応費用に苦慮するケースも見られます。

調達スピードがスムーズで業績や状態が審査で重視されないファクタリングなら、サイバーリスクの初期対応とも相性抜群といえるでしょう。

製造業はファクタリングにぴったりの業種

製造業は古い商慣習が長く残っている業種であり、売掛金が入金されるまでのサイトが長めであること、手形払いが行われるなど現金を受け取るまで時間がかかりやすいことが特徴です。

そのため製造業がファクタリングを資金調達に活用する目的として、

といったことが挙げられます。

他にも中国や東南アジアとの価格競争も激しく、資金を必要とするタイミングも発生するようです。

いざという時に頼りになるファクタリング

ファクタリングは様々なバックグラウンドにより売却された売掛金を扱う売買取引であり、銀行やノンバンクの融資における審査ほど経営状態や社歴などを重視しないことが特徴です。

そのため、

といったときに活用しやすい資金調達の手法といえます。

資金調達しなければならないけれど、銀行やノンバンクの融資申込で断られてしまった…というときには、ファクタリングで明るい展望を開いてみてはいかがでしょう。

ファクタリングは相見積もりが絶対に重要!

ファクタリングで資金調達を行う場合には、どの業種でも複数のファクタリング会社から見積もりを取得する相見積もりを行うようにしてください。

ファクタリングは売掛金という債権の売買取引ですが、どの債権も金額・期日・支払企業など異なります。

審査を行うファクタリング会社により、債権の価値の判断基準も異なるため、どの業者でも同じ見積もり金額が提示されるとは限りません。

時間と労力はかかるものの、保有する売掛金の価値や相場を知るきっかけにもなりますので、よりお得にファクタリングを活用するためにも必ず相見積もりを行うことをおすすめします。

専門サイトを活用して一括で相見積もりを

ファクタリングを活用したいという様々な業種の方がスムーズに資金調達を可能とするように、当サイトでは一括で相見積もりを取得できる相談を受け付けています。

資金調達のプロが優良企業を厳選し、数多くのファクタリング会社から最も適切といえる業者をマッチングさせ、複数の候補から相見積もりを取得します。

ファクタリング会社同士を比較する材料にもなりますし、ご紹介する業者はどれも優良で安心できるところばかりです。

希望金額や必要情報を入力するだけなので、時間や手間がかかる相見積もりを簡単に一括で取得してみてはいかがでしょう。

資金調達を急ぐ中小企業や個人事業主にとって、心強い味方として機能するはずなのでぜひご相談ください。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ