業種別に紹介!ファクタリング利用目的と見積もり事例

ファクタリングは様々な業種の中小企業に親しまれる、画期的な調達です。

経営赤字を気にせず調達できる上に、見積もりや審査スピードもスムーズなため、今後更に需要の拡大が見込まれています。

そんなファクタリングですが、まだまだ知名度は低く「どんな業界の人が、どんな理由で見積もりを取っているのか?」疑問に感じる方もいるでしょう。

そこで今回は、ファクタリングの利用者層を業界別にご紹介。資金を必要とする理由にも触れるので、ファクタリングの概要をイメージしていただければと思います。

最もファクタリングを多用している業界は?

まずはファクタリングの利用業界を、ランキング形式でご紹介しようと思います。どんな業界が見積もりを取っているのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

ファクタリングの利用業界ランキング
1位 建設・建築業
2位 サービス業
3位 小売業・卸業
4位 情報通信業
5位 製造業

割合としては、3割以上が建設・建築業に集中している点が特徴です。また、2位のサービス業も2割以上のシェアを有しており、2業界の事例を合わせると、全体の過半数を占めています。

3位以下は小売業や情報通信業、製造業など様々です。しかし、全体的に設備投資・人的リソースにコストがかかる業界が中心的な事例となっています。

逆に利用傾向が少ない企業としては、金融業、不動産業、教育・学習支援業に医療関係の業界が挙げられます。

ただし、利用例こそ少ないものの、これらの業界による利用例もゼロではありません。

建設・建築業の見積もり事例や利用目的

建設・建築業はファクタリング利用業界のうち、最も多くを占めています。

この業界は大手企業や有名企業を頂点に、下請けや孫請けなど複雑な業界構造を呈している点が特徴です。

社会の景気や経済事情による仕事量の増減が激しく、

〇 大規模公共事業が立ち上がり、急な増員の必要に迫られた
〇 親会社から倒産した同業者の穴埋めを頼まれた
〇 直前になって銀行から融資を断られた

などの利用目的で、ファクタリングの見積もりを検討されています。

コストの半分以上が人件費と呼ばれる業界だけあって、とりわけ「人件費絡み」の資金需要は顕著です。

支払いサイトが遅い債権も多く、ファクタリング取引の見積もり材料として、頻繁に用いられます。

サービス業の見積もり事例や利用目的

サービス業と言っても色々な業種がありますが、特に人材派遣業や広告代理業の見積もり例の数は顕著です。

サービス業は全体的に、クライアントごとに支払いサイトや契約内容が異なる点が特徴。資金需要の利用も様々ですが、

〇 外注先から支払いサイトの変更を求められた
〇 支払サイトが長く、検品完了後から半年以上も待たなければならない
〇 取引先から経費削減のために契約を縮小された

このように、契約内容や入金サイクルの変動に悩まされるケースが少なくありません。

特に経営規模や社歴が浅く金融機関からの信用が得られないor審査落ちの憂き目にあった時は、自社の経営状態を重視しないファクタリングは心強い味方です。

小売業・卸業の見積もり事例や利用目的

競争が激しい小売業・卸業界では、急な資金調達に迫られるケースが少なくありません。特にインターネット通販の台頭以来、業界のパイは確実に縮小しています。

小売業・卸業は、過酷な競争環境で生き残るために、正に多くの工夫を重ねている業界。見積もり例や利用目的も、ポジティブなものとネガティブなものが入り乱れている点が特徴です。

〇 急に取引先が倒産してしまった。資金繰りが急速悪化
〇 自社にてEC販売を展開。機器導入コストが必要に
〇 ネット通販に圧迫され経営が悪化。銀行からも見放された

小売業・卸業の見積もり事例は本当に様々。紹介しきれないほど多様です。

情報通信業の見積もり事例や利用目的

情報通信業は案件の規模の大きさや、システム設計の専門性により、必要となる労働力の差が激しい業界です。

そのため、中小企業は受注数の拡大を逃すまいと、資金調達には常に必死。反面、取引先の倒産やインシデントの賠償など、ネガティブな事由も少なくありません。

〇 大型案件で利益拡大のチャンス。リソース確保の必要に迫られる
〇 インシデント発生により情報漏洩。事故の初期対応費用を調達
〇 売掛先がまさかの倒産。資金ショートで銀行から見放される

情報通信業はサイバー攻撃の対象になりやすく、インシンデント時の対応費用に苦慮するケースも見られます。

調達スピードがスムーズで、自社の業績や状態が影響しないファクタリングは、サイバーリスクの初期対応とは相性抜群です。

製造業の見積もり事例や利用目的

製造業は古い商慣習が長く残っている業界です。

様々な取引形態でのやり取りが続いており、入金サイトが長かったり、手形払いであったりと、希望する時期に現金を手にすることが難しいと言われています。

〇 支払サイトの長い債券を売却。キャッシュフローを整えたい
〇 大型受注に成功したので、製造費用を調達したい
〇 不安な企業の手形を手数料と引き換えに現金化したい

この他にも、中国や東南アジアとの価格競争も激しく、資金を必要とする企業が存在します。これらの要因が、製造業をファクタリングへと引き寄せている背景事情と言えそうです。

いざという時に頼りになるファクタリング

ファクタリングは今回ご紹介した通り、様々なバックグラウンドにより売りに出された債権・売掛金を扱う取引です。

ファクタリング銀行やノンバンクの融資取引ほど、自社の経営状態や社歴などの要因を重視しないため、

〇 社歴が浅くビジネス拡大を信用してもらえない
〇 1カ月や2か月も悠長に審査を待てない時
〇 自社にマイナス材料が出て本当に困った時

上記の様なケースでは特に活躍が見込めます。

「銀行もノンバンクもダメ…どうしたら…」と悩んだ時は、是非ファクタリングを思い出してみて下さい。

将来に向けて明るい展望が開けるかもしれません。

相見積もりでお得に比較!

なお、実際にファクタリングを行う時は、「複数企業の相見積もり」を取ることをオススメします。

ファクタリングで扱われる債権は、それぞれ「金額、満期日、支払企業」などが異なるため、どれをとっても同じものがありません。

そのため、実際のところファクタリングで用いる債権は、「鑑定する人によって価値が違う」点が特徴です。

したがって、1社のみの見解が全て正しいとは言えません。

自社が最も効率よく、良い条件でファクタリング取引を行おうとするならば、2社あるいは3社と、取引企業の比較を繰り返すよう心がけましょう。

無論時間と労力はかかりますが、提示された条件を取捨選択するだけで、同じ債権を取引するにしても、まるで違う条件を引き出すことが可能です。

専門サイトの活用で見積もり

最後に、「資金調達専門サイト」の利用メリットをご紹介しようと思います。

資金調達専門サイトでは、多くのファクタリング業者が登録しているため、

〇 資金調達のプロが優良企業を厳選
〇 多くの業者の中から適切なものをマッチング
〇 候補業者同士を相見積もりで比較

利用者は上記のメリットを中心に、格安手数料など様々な優遇条件が期待できます。

おまけに利用者は、希望金額や必要情報を入力するだけという手軽さ。相見積もりの欠点である、「業者探しや見積もり交渉の手間」が省けます。

必然的に専門サイトを使った取引は、「低コストかつスピード入金」。資金調達を急ぐ企業にとって、心強い味方として機能します。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ