リスケジュール(リスケ)で資金繰りを改善させたい!成功させるためのポイントとは?

会社経営を続けていると、順調だと思っていた資金繰りが悪化してしまうこともあるかもしれません。

銀行から融資を受けている場合など、契約当初は返済を続けることができる状態だったはずなのに苦しくなるといったことも考えられます。

このような場合、銀行に返済計画を見直してもらうリスケジュールを検討することが必要かもしれません。そこで、リスケジュールで資金繰りを改善させるためにはどうすればよいのか、成功させるためのポイントをご説明します。

リスケジュール(リスケ)とは

リスケジュールとは、銀行の借入金の返済について、返済期間を延長してもらったり、返済額を減額、据え置き期間を設けてもらうなど見直しを行ってもらうことです。

手元の資金が不足している状態の場合、無理に返済しようと別の銀行やノンバンクから借り入れを行う行為を繰り返せば、いずれ自転車操業となり事業を続けることはできなくなってしまうでしょう。

そのような場合、銀行に支払いが可能となる範囲までに返済を猶予してもらい、元の返済計画で返済を行える状態に戻すことを目的とするのがリスケジュールです。

 

もし返済資金に困ったとき、売掛金を保有しているのならファクタリングを利用してみましょう。ただ、ファクタリングはどの専門業者を選ぶのかが重要となりますので、必ず複数社から見積もりを取得し、比較・検討するようにしてください。

時間がない場合には、一括で複数社からの見積もり請求が可能となるアイミツサイトなどを有効活用することをおすすめします。

 

リスケジュール(リスケ)の手続き方法

リスケジュールで返済計画を変更することを希望する場合、一般的には次の流れで手続きが行われることになります。

 

①事業計画書や返済計画・資金繰り表の作成

一旦は返済計画を見直し、また元の返済方法に戻すことを考えるのなら、現在のお金の流れを確認し、どのくらいの金額なら返済を続けることができるのか、それにより資金繰りがどのように改善されるのか予想を立てながら計画することが必要です。

最終的には経営状況が改善できることが必要ですので、それを示す事業計画も必要となります。

また、リスケジュールの相談をまず銀行に行う前には、当初の返済条件を守ることができなかったことに対して一言、お詫びを伝えておくことも忘れないようにしましょう。

 

②金融機関と交渉

作成した事業計画書や資金繰り表などで、リスケジュールすることで銀行も確実に回収が可能になることを示し、理解を得ることが必要ですので交渉を行います。実行可能な経営改善計画であり、あくまでも前向きな意味でリスケジュールを希望していることを伝えるようにします。

 

③リスケジュール(リスケ)の実行

銀行が納得すればリスケジュールに応じてもらえることになりますので、毎月の返済額を抑えた状態での返済が可能となるはずです。ただ、銀行に提出した返済についての計画は着実に守り、経営を改善させることに注力しなければなりません。

 

リスケジュール(リスケ)を検討する場合の注意点

リスケジュールにより、毎月の返済負担を抑えることができれば資金繰りは改善しやすくなるはずです。

ただ、気軽に利用しようと考えず、あくまでも最終手段として行うようにしてください。

その理由は、銀行にリスケジュールを依頼することで、金融機関側の格付けに影響が及ぶからです。

銀行が債務者である企業などに対して行う格付けとは、

という段階式になっており、本来正常先でなければ新規で借り入れの申し込みを行っても受け付けてもらえません。

しかし、リスケジュールを依頼すると、正常先から要注意先以下に格付けが下がることになるので、リスケジュールによる返済期間中は融資を新たに受けることが難しくなってしまいます。

 

信用保証付き融資の場合

中小企業などの場合、銀行のプロパー融資ではなく信用保証協会の信用保証付き融資を利用していることが多いことでしょう。もし信用保証付き融資に対して毎月の返済金額を抑えるリスケジュール行うのか、それとも信用保証協会に代位弁済してもらう形になるのかによって、その後、信用保証協会付き融資を受けることができるか異なります。

仮に代位弁済になった場合、債権は銀行から信用保証協会に移ることになるので、完済するまで信用保証協会に保証してもらうことはできなくなります。

ただ、返済金額を抑えるなど、リスケジュールを行う場合には、それにより経営状況が改善されて利益が出るようになり、元の返済計画に戻ればまた融資を受けることができるようになるはずです。

 

リスケジュール(リスケ)は一行だけではだめ

複数の銀行から融資を受けている場合、リスケジュールは一行ではなくすべての銀行で行うことが必要になります。

もし一行のみなど、リスケジュールを行わない銀行が存在してしまった場合、リスケジュールに応じた銀行にしてみれば不公平だと感じてしまうものです。

また、一部の銀行のみに限定してリスケジュールを行ったとしても、中途半端な計画になってしまい、経営が改善される見込みも薄くなってしまうでしょう。

そのため、すべての銀行で一斉に行うようにしてください。

 

リスケジュール(リスケ)を成功させるポイントとは?

リスケジュールを成功させるには、行うことで銀行にもメリットがあることをアピールできるかがポイントとなります。

現状では本来の返済方法を続けることは難しいけれど、リスケジュールによりキャッシュフローが改善され、本来の返済方法で支払いが可能になる見込みがあるので、このまま無理に返済を続けて倒産に至るよりも銀行も得だという内容を伝えることが必要です。

そのためにはどのように利益を確保していけるのか、収益改善に対する具体的なプランを練り、資金繰り改善策はいろいろと手をつくしたので後は返済負担のみ改善されれば問題ないという部分を伝えていくことになります。

 

もしリスケジュール(リスケ)を断られてしまったら

交渉の結果、リスケジュールは難しいと銀行に判断されてしまった場合、再度、提出する資料を見直して交渉に挑むことが必要です。

返済が難しい状態の場合、一旦、返済を止めることで銀行側も聞く耳を持ってくれることもあるようですが、遅延損害金などが発生してしまうことになるので慎重に行う必要があります。

 

もし返済資金に困ったとき、売掛金を保有しているのならファクタリングを利用してみましょう。ただ、ファクタリングはどの専門業者を選ぶのかが重要となりますので、必ず複数社から見積もりを取得し、比較・検討するようにしてください。

時間がない場合には、一括で複数社からの見積もり請求が可能となるアイミツサイトなどを有効活用することをおすすめします。

 

まとめ

リスケジュールは返済計画を見直すことによって資金繰りを改善させ、経営状態を良好にさせるために行う手続きです。

リスケジュールを成功させるためには、前向きなリスケジュールをアピールすること、経営改善計画は実現可能な内容で作成することを心掛けてください。

ただ、利用することでいろいろと不都合が生じることもありますので、最終手段として検討するようにしましょう。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ