ファクタリングで資金調達する場合の見積もり依頼は何社くらいが妥当?

ファクタリングで資金調達するとき、ファクタリング会社に見積もりを依頼しどのくらいの金額で売掛債権を買い取ってもらえるのか確認することは大切なことです。

見積もりの依頼方法は、電話やインターネット経由のメールなど様々ですが、いつどのようにファクタリング会社にコンタクトを取るべきなのでしょう。

そこで、ファクタリングで資金調達する場合に依頼する見積もりについて、押さえておきたいポイントなどをご説明します。

 

メールで見積もりを依頼する際のポイント

直接ファクタリング会社に電話をかけ、見積もりを依頼するのなら質問された項目にそれぞれこたえていけばよいでしょう。

しかしインターネット経由のメールで見積もりを依頼する場合、件名と本文はできるかぎり簡潔であることや、わかりやすい文面で記載することがポイントです。

見積もりを依頼するメールの件名

一目で内容を把握できる件名にしておくと、他に届いたメールに埋もれてしまい確認されず返答が遅れてしまう可能性も出てきます。

たとえば、

『ファクタリングに関する見積もり依頼の件』

『売掛債権買取に対する見積もりの依頼について』

など、件名を確認すればメール本文が想像できるタイトルをつけるようにしてください。

メール内容は簡潔だけれどわかりやすく

ファクタリング会社にいくらで売掛債権を買い取ってもらえるのか知るために見積もり依頼を出します。そのためメールに曖昧な部分が存在しないよう注意してください。

たとえばファクタリング会社の中には、ファクタリングサービス以外に資金のコンサルティング業務も行っている場合があります。

その際にも、依頼したい内容や条件などがあればメールに記載し、のちほど詳しく説明できる前段階として伝えるようにしましょう。

特に複雑な依頼内容の場合、相手に買い取ってもらわなければ資金調達できないことを念頭に入れ、丁寧に対応してもらえるようメールを送るようにします。

返答の期限を記載しておく

必ず、メールの本文にはいつまでに返答がほしいのか期限を記載しておきましょう。

メール文面から優先順位が低い内容や見込みが薄い内容と判断されてしまった場合、利用希望者が集中していると返答を後回しにされる可能性も出てきます。

万一返答がなかった場合、期日を記載しておくことで再度アプローチをかけることもできるでしょう。

 

見積もりはいつ依頼すればよいか

見積もりを依頼し、ファクタリング会社からすぐに返答がくれば問題はありません。しかし繁忙期など時間がかかることも想定し、できるだけ余裕をもって依頼を始めるようにしてください。

ファクタリング会社から見積もりを出して貰うときの主な流れは、

という流れです。

ファクタリング会社一社に見積もりを依頼し、実際に提示してもらって契約前の段階に至るまで複数のステップがあります。

即日見積もりを提示してくれるファクタリング会社もあれば、1〜2日かかる場合もあるので、よりスピーディな対応を可能とする業者を選ぶことが必要です。

業者ごとにヒアリングや必要書類も異なる場合がありますし、審査で重視される項目も多少異なり、ファクタリング会社と対面で面談を行うことも必要になります。

想像しているより時間がかかるため、複数社から見積もりを取得しようと考えた場合には、さらに多くの時間や手間が必要であると認識しておきましょう。

 

依頼は一社だけでなく複数社に

急いで資金を調達しなければならない場面だとしても、一社だけのファクタリング会社に絞って見積もりを依頼し、そのまま契約してしまわないようにしてください。

ビジネスの場面では相見積もりを取得することが多いですが、ファクタリングで資金調達するときも同じです。相見積もりは外部の業者に仕事を依頼する前に、複数の会社に対して見積もりを依頼することを指しています。

事業に必要なものを購入する際や、新規の取引を始めるときには相見積もりを依頼することもあるでしょう。一社から取得した見積もりを糧に、別の会社との交渉材料に使うこともあります。取引価格を下げることができれば、最初に見積もりを提示してくれた会社との交渉に使うこともできます。

相見積もりで複数のファクタリング会社から見積もりを取得したら、具体的な買取金額や内容を確認し、どのファクタリング会社に依頼するのか決める目安にするとよいでしょう。

相見積もりで手数料相場の確認を

相見積もりで複数のファクタリング会社から見積もりを取得すると、ファクタリング会社に対する交渉の材料として使うことができます。それだけでなく、ファクタリングを利用する上での手数料相場を知ることにもつながります。

ファクタリング手数料には一般的な相場があり、2社間なら10~20%、3社間なら1~5%がその割合です。

提案してもらった見積もりの手数料が、この割合と大きく異なる場合には注意が必要といえます。

保有する売掛債権を売却するときの買取相場を知るためにも、相見積もりをうまく活用するようにしましょう。

 

複数社に依頼することはマナー違反?

複数のファクタリング会社に依頼するということは、見積もりを依頼されたファクタリング会社に対して失礼な行為ではないか?と心配される方もいることでしょう。

マナーに反する行為であるのでは?と不安になってしまうものでしょうが、事前に相見積もりであることを伝えておけば問題ありません。

相見積もりはビジネスの様々な場面で行われていることですので、マナー違反にはならないので安心してください。

 

相見積もりを活用するならここに注意!

相見積もりを依頼することはマナー違反にはなりませんが、依頼の仕方が正しくなければ失礼になる場合もあります。

そのため、複数のファクタリング会社に相見積もりを依頼するときのビジネスマナーを知っておきましょう。

最低でも3社から取得を

相見積もりを複数のファクタリング会社に依頼する場合、何社に対して行うべきか迷ってしまうこともあるでしょう。

多ければ多いほどよいと考えてしまうがちですが、数が増えればその分、時間や手間も増えます。

さらに比較対象が増えてしまうので、それぞれ特徴が異なる場合など情報が多すぎて何を目安に比べればよいのかわからなくなってしまいます。

そのため、ファクタリング会社は事前にインターネット検索などでリサーチし、3社程度に絞り込んだ上で相見積もりを依頼するとよいでしょう。

必要な条件はしっかり伝える

それぞれのファクタリング会社から提示される見積もりをしっかり比較できるように、いつまでにお金が必要なのかなど希望する条件は適切に伝えましょう。

そして複数のファクタリング会社に対し、同じ条件で見積もりを依頼することが必要です。

見積もりを依頼するとき、ファクタリング会社ごとに異なる条件で依頼してしまうと、ファクタリング会社同士を正しく比較できなくなってしまいますので注意してください。

相見積もりであることは事前に伝える

先に述べたとおり、複数のファクリング会社から見積もりを取得するのなら、相見積もりであることを事前に伝えておけばマナー違反にはなりません。

相見積もりと事前に伝えなければ、ファクタリング会社が準備を進めてしまうこともあり、多大な迷惑がかかってしまうでしょう。過度な期待をもたせることにもなるため、必ず相見積もりであることを伝えた上で見積もりを依頼するようにしてください。

断る場合も必ず連絡を

相見積もりを複数社から取得した後で、依頼することに決めたファクタリング会社以外の業者は放置してよいわけではありません。

必ず断る場合にも連絡を入れるようにしましょう。なお、見積もりを依頼する際に、断る場合にはいつまでに連絡を入れるか事前に期限を伝えておくとよいです。

見積もりは作成するファクタリング会社側も時間や労力をかけていますので、最低限感謝の気持ちはしっかりと伝えるようにしてください。

 

複数社から依頼することは本当に必要?

相見積もりにより、どのファクタリング会社が優良業者かリサーチすることはとても大切です。実際、ファクタリング業界には悪徳業者なども混ざっているので、うっかり悪徳な業者に依頼してしまえば十分な資金調達につながらなくなってしまいます。

ただ、慎重になりすぎることも好ましいとはいえませんので、手数料相場をつかみ作成された契約書を精査することで悪徳業者に騙されることもなくなるはずです。

また、選んだファクタリング会社が悪徳とはいえないものの、十分満足できる資金調達につながらなかったとします。

その場合には別のファクタリング会社に乗り換えることもできますので、まずは3社程度から相見積もりを取得しベストな業者を選んでみることをおすすめします。

 

まとめ

ファクタリングで資金調達する際、保有する売掛債権をいくらで買い取ってもらえるのか、ファクタリング会社に見積もりを依頼することは必要なことです。

それも一社だけに絞るのではなく、複数のファクタリング会社に対し依頼を行い、保有する売掛債権の買取相場を把握するようにしましょう。

相見積もりを活用することで、ファクタリング会社同士の競争心もかきたてることとなり、利用しやすい手数料が設定されることも期待できます。

ただ、一社ごとに見積もりを依頼すると、かなり手間や時間がかかってしまうことになるでしょう。当アイミツサイトを活用していただければ、面倒なメールでの文面を考える必要はなく、簡単な項目の入力だけで信頼できるファクタリングか一社から一括で見積もりを取得できます。

とにかく早く相談したい場合や、明日までに資金を準備しなければならないという場合など、まずは名前・電話番号・メールアドレス・簡単な相談内容を記載し相談してください。

経験豊富なスタッフがニーズに合うファクタリング会社をピックアップし、メールで回答しますので、スムーズな資金調達のためにも活用してみてはいかがでしょう。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ