ベンチャー企業の資金調達は容易ではない!難易度が低めの方法とは?

事業成長のためには資金調達が必要ですが、ベンチャーやスタートアップ企業の場合、その難易度はけっして低いとはいえません。

その理由としてベンチャーやスタートアップ企業の場合には十分な実績がないことなどが挙げられますが、中には比較的難易度が低めの資金調達方法もあります。

そこで、ベンチャー企業などが資金調達するときに選びたい、中難度の方法から難易度低めの資金調達方法までご紹介します。

 

ベンチャーが検討しやすい難易度の資金調達の種類

そもそも資金調達とは、会社を経営する上で必要となる資金を外部から確保することです。

その種類は、アセットファイナンス(資産)・デットファイナンス(負債)・エクイティファイナンス(純資産)と大きく3つに分けられます。

アセットファイナンス資産を売却して現金化する方法であり、デットファイナンス負債を増やす(=お金を借りる)方法です。

そしてエクイティファイナンスは出資してもらうなど、純資産を増やすことで資金を得ることを指しています。

この3つの方法のうち、ベンチャーが検討しやすい難易度の資金調達方法はそれぞれ以下のとおりです。

アセットファイナンスでベンチャーが検討しやすい難易度の資金調達手段

アセットファイナンスは資産を現金化させて資金調達する方法ですが、ベンチャー企業でも売掛金を保有していれば利用できるのがファクタリングです。

取引先に商品代金などの請求をしており、入金待ちとなっている売掛金(売掛債権)をファクタリング会社に売却し、現金化させることで資金調達できます。

さらにファクタリングを利用することで、取引先から入金を待つ間に資金繰り悪化リスクが発生しそうなときにも、その危機を回避できることがメリットです。

ファクタリングを利用すると、取引先に売掛金を売却したことを知られるのではないか?と不安を感じるベンチャー企業もあるでしょうが、2社間ファクタリングであれば取引先を介さず契約できます。

急いで現金を必要とするときや銀行融資などの審査に通らないときでも、柔軟な審査により早ければ即日資金を調達できるため、ベンチャー企業にとって難易度の低い手法として検討しやすいといえます。

デットファイナンスでベンチャーが検討しやすい難易度の資金調達手段

デットファイナンスは負債を増やし資金調達する方法であり、わかりやすく言えば金融機関からお金を借入れることで手元の資金を増やすことを指しています。

お金を借りるということは、借りたお金(元本)だけでなく、設定された金利に伴い発生する利息も支払うことが必要です。

融資を受けて資金調達する場合、公的融資と民間融資のいずれかを選ぶこととなりますが、ベンチャー企業が民間銀行から融資を受けることは難易度高めです。

信用金庫・信用組合などであれば積極的に相談に応じてもらいやすいこともありますが、公的融資である政府系金融機関からお金を借りる方法のほうが難易度は低めといえます。

政府系金融機関は政府が出資・運営しているため、中小企業や個人事業主にも積極的に事業資金の貸付を行っています。

特に日本政策金融公庫の「新創業融資制度」であれば、無担保・無保証人で融資を受けることができ、融資限度額も3千万円(運転資金は1,500万円)まで借りることができるため検討しやすいでしょう。

ノンバンクのビジネスローンならさらに難易度が低いけれど…

ビジネスローンは中小企業や個人事業者向けの無担保融資であり、担保や保証人など不要となるケースも多く、銀行や日本政策金融公庫などの審査が通らない場合でも利用できることがあります。

ただし審査の難易度が低い反面、設定される金利が高く、長期に利用してしまうと資金繰りが悪化してしまいます。一時的な利用に留めるなど、うまく活用するようにしてください。

 

エクイティファイナンスでベンチャーが検討しやすい難易度の資金調達手段

株式を交付し資金調達する方法がエクイティファイナンスですが、投資家に出資してもらう方法なので返済義務のないお金を手にすることができます。

貸借対照表上でも資本(純資産)を増やすことができるため、自己資本比率を上げ経営上の安定度も高まることがメリットといえるでしょう。

ベンチャー企業の場合、成長率を高く見込めるスタートアップなどに出資し上場後に資金回収を狙うベンチャーキャピタル(投資会社)に投資してもらう方法などもあります。

また、将来成長が見込める企業に資金面などの支援を行うエンジェルと呼ばれる個人投資家から出資を受ける方法もありますが、いずれも難易度は低いとはいえません。

最近ではインターネットを介し、不特定多数の方たちから少額資金を集めるクラウドファンディングなどが注目されており、難易度としてはベンチャーキャピタルやエンジェルよりも低めです。

ただしいずれの方法も返済不要の資金を受け取ることとなるため、低い難易度で簡単にお金が集まるわけではないと認識しておくべきでしょう。

 

まとめ

会社経営に必要な資金を集める方法は難易度が高いものから低いものまで様々ですが、実績が十分でないベンチャーやスタートアップにとっては至難の業と感じてしまうことでしょう。

しかしベンチャー企業などでも比較的難易度低めと感じられる方法も少なくありませんし、国や地方自治体などが制度として設けている補助金や助成金なども利用できるケースもあります。

会社を立ち上げたのに手元の資金が枯渇してしまえば倒産することになってしまいますので、必要な資金が尽きてしまわないように難易度の低い方法を選び、資金調達していくことをおすすめします。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ