ファクタリングと裏書手形など売掛債権を譲渡する方法のどちらがお得?

資金調達の方法としてファクタリングや裏書手形などがありますが、売掛債権を譲渡する似た手法とされているものの、実際には大きく異なる点がいくつかあります。

そこで、もしファクタリングと裏書手形の2つの資金調達方法で迷ったときのために、売掛金と手形のどちらの売掛債権を譲渡する方法がよいのか違いをご説明します。

 

裏書手形による資金調達とは

現金ではなく支払い証明書である約束手形を発行する取引が行われることもありますが、裏書手形とは他社が振り出した手形を取引先に対する支払いに充てるため譲渡することです。

他社から支払いを受けていないことを理由に、取引先に対する支払いに困っているときでも、裏書手形を使えば支払いが可能になります。

裏書手形のメリット

一番のメリットは、取引先に支払いが必要なのに手元に現金がないという状況でも、保有している手形を使って支払いができることです。

手形を譲渡して現金化する割引手形のときのように、審査もなく割引料を差し引かれることもないのはメリットといえます。

裏書手形のデメリット

ただし裏書手形で支払いをしたくても、取引先が了承しなければ手形を使って支払うことはできません

仮に取引先が手形の振出人の与信を行いたいという場合には、時間がかかってしまうこともあります。

裏書手形で支払いを済ませた後、振出人が決済できず不渡りになったときには、代わりに支払いをしなければなりません

 

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、売掛金をファクタリング専門業者や金融機関などに譲渡し、現金化させて資金調達する方法のことです。

ファクタリングのメリット

ファクタリングのメリットとして挙げられるのは、お金を借りるのではなく売掛金という資産を譲渡する方法のため、審査でも売掛先の信用力が重視されるハードルの低さといえます。

信用情報が低い企業などで、銀行融資の審査に通らなかったという場合でも、ファクタリングなら利用可能です。債務超過・税金滞納・赤字決算でも利用できます。

もちろん担保や保証人も不要ですし、利用者とファクタリング会社のみで契約する2社間ファクタリングであれば、最短即日で資金調達できることも魅力です。

もしファクタリングで売掛金を譲渡した後に、売掛先が倒産してしまった場合でも、その責任を負う必要がないこともメリットといえます。

ファクタリングのデメリット

様々なメリットがあるファクタリングを使った資金調達ですが、手数料が割高であることと、法整備が十分でないため悪徳業者が横行しやすいことはデメリットです。

ファクタリングを利用した場合、売掛先に対し通知を行う、または承諾を得る3社間ファクタリングなら1~5%程度の手数料ですみます。しかし2社間ファクタリングでは10~20%の手数料がかかるため、銀行融資や手形割引と比較すると手数料が割高という印象です。

また、ファクタリングは融資を受けるわけではないため利息制限法が適用されず、悪徳業者を利用してしまうと高額な手数料を請求される可能性があります。ファクタリングで資金調達するときには、業者選びを慎重に行うことが必要です。

 

売掛債権を譲渡する方法のどちらがリスクは低いか

リスクが低く安心して売掛債権を譲渡するのなら、裏書手形よりもファクタリングの方がよいといえます。

裏書手形の場合、支払いに手形を使いたくても取引先から断られる可能性があるだけでなく、現金で支払いができない資金繰りの厳しい会社レッテルをはられる可能性もあります。

また、不渡りになったときには償還請求されてしまい、安心して手形を譲渡できません。

しかしファクタリングであれば、売掛先が倒産しても償還請求されることはありませんし、2社間ファクタリングなら売掛先にも知られず資金調達できます。

ただしファクタリングは手数料が発生するため、一時的な資金繰り改善には有効でも長期間繰り返し利用し続けることには適していません

その点を踏まえた上で、どちらを活用するべきか検討しましょう。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ