見積もり取るなら複数業者!資金調達の最安手数料を実現!

賢く資金調達を行うには、複数の見積もりを取得することが欠かせません。異なる業者の見積もり条件を比較することで、「本当によい業者はどこなのか?」が見えてきます。

ファクタリング業者は参入障壁がとても低く、今や無数の選択肢があると言えるでしょう。手数料も高いところから安いところまで、正に玉石混交です。

こうした状況下では「相見積もり」がとても有効。積極的に活用することで、理想的な取引条件が実現します。

ファクタリングは大企業から中小企業まで、数多くの企業が手掛けているビジネスです。金融機関が手掛けていることもあれば、ファクタリングの専業企業もあり、内実は様々。中には資金調達とは名ばかりの悪徳業者も存在します。

当然、こうした経営母体の違いは、取引態様や条件・内容に大きな影響を及ぼします。

〇 銀行系のファクタリングは審査が厳しく落とされてしまったが、ファクタリング専門業者は快く引き受けてくれた
〇 手数料が高いな~と感じて別の業者に持ち込むと…最初の会社が悪徳業者であることがわかった!

このように、他の資金調達と比べて「業者ごとの特色が出やすい」ところが特徴です。例示した事例ではいずれも、「最初の1社」で決めてしまうと、本来希望する条件での取引は難しいと想像できます。

複数の相見積もりで得られる3つのメリット

冒頭で触れた通り、複数のファクタリング業者を同時に比べる「相見積もり」は、ファクタリング取引において大変有効です。

〇 手数料の安いファクタリング業者が見つかる
〇 結果的に手間や時間を省くことができる
〇 悪徳業者、不審な業者を見分けることができる

上記は複数業者の相見積もりを利用することで得られる、代表的なメリット。いずれも理想的な資金調達を実現するために欠かせません。

手数料の安いファクタリング業者が見つかる

多くの方にとって最も大きなメリットとなる部分です。ファクタリング取引の見積もりには当然「手数料」が記載されているので、見積もり見比べるだけで「コストの安い業者」の選別ができるでしょう。

なお、ファクタリング業者の見積もりを取るときは、

〇 取引対象となる債権について、できるだけ正確な情報を伝える
〇 複数の相見積もりを取ることを前提条件として伝える

ことが重要です。正確な情報を伝えることで、はじめて業者が持つ取引傾向を知ることができます。

正確な情報がもたらす重要性

ファクタリングをご検討中の方のなかには、情報の漏洩を恐れるあまり、正確な情報を伝えることを躊躇ってしまう方もいるでしょう。

確かに2社間ファクタリングにおいて、情報漏洩は致命的とも言えるインシデント。安易に伝えてしまうのは考えものかもしれません。

ですが、ファクタリング取引は、

〇 2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのどちらを希望するのか
〇 取引債権の額はどの程度のものなのか(高額であるほど割安手数料)
〇 自社や債務者である取引先の経営規模・経営状態はどうなのか

このように様々な情報から、総合的に手数料を算出します。

したがって、あまり不明瞭な情報や偽りの条件を伝えてしまった場合、正式な契約時も同様の条件が得られるとは限りません。

取引金額の概算や企業の経営状態などの判断材料は、可能な限り正確なものを伝えることをオススメします。

複数の相見積もりを取ることを伝える

わたしたちが欲しいものを手にする時も、ライバルがいるとなるとヒートアップするものです。ファクタリング業者もこれは同様で、売上に繋がる案件をライバル社に取られるかもしれないと考えると、「できるだけ良い条件」を提示しようと努力します。

当然、これらは申込者にとって非常に有利な話です。取引業者の経営スタイルにもよりますが、単独申込では引き出せなかった「有利な条件」を引き出すことができるかもしれません。

ちなみに、ファクタリング業界において「相見積もり」は日常茶飯事です。遠慮する必要はありませんから、積極的に見積もり依頼を出しましょう。

なお、業界問わず「相見積もり」には一定のマナーが存在します。以下の点に注意して交渉を行うとスマートです。

〇 最初に複数の相見積もりを取ることをきちんと伝える
〇 他社の見積もり内容を見せない(悪徳業者や不審な業者の見積もりは例外)
〇 絶対に譲れない納期は明確にする

どれも考えてみれば、当たり前の話です。特に他社の見積もりをあげつらって値引きを要求する行為は、相手の心証を著しく悪化させます。

相見積もりで資金調達の時間節約

単純な話ですが、取引業者を1社ずつ検討するより、複数の業者に並行して「相見積もり」を求める方が、ずっと手間が省けます。

また、最近は「資金調達の一括見積もりサービス」も登場しており、手間をかけることなく多くの会社に出会うことが可能です。

一括見積もりサービスの利点は数多く、

〇 ご自身が把握していない「隠れた優良企業」と出会える
〇 必要な情報が整理されており、余計な企業情報を伝達しない
〇 1度の申込で一括審査。時間効率は更にアップ!

顧客側が自ら複数の相見積もりを取るよりも、更に手間が省けます。また、自身が把握していない企業との出会いは、思わぬ好条件をもたらすかもしれません。

特別なこだわりがない限り、相見積もり取得時は「一括見積もり」をオススメします。

悪徳業者、不審な業者を見分けることができる

資金調達を得意とする業者の中には、一定数の「悪徳業者や不審な業者」が存在します。

〇 相場よりも高額な手数料を求める
〇 契約書の控えを渡さない・契約書が存在しない
〇 違法貸付へと話をすり替える

これらは違法業者の手口の代表例。いずれもトラブルの気配が漂ってきますよね。

こうした業者を避ける意味でも、「複数社の同時見積もり」は有効です。資金調達における見積もりは、ただ手数料を記載した紙ではありません。

知識がない方でも他社のものと比べ、注意深く観察することで、

〇 各業者の査定基準や手数料を比較できる
〇 取引フローや手続きに不審な点が無いかを把握できる
〇 不必要な経費や名目手数料を知ることができる

など、悪徳業者にありがちな不審ポイントを察知することができるでしょう。

一括見積もりサービスで安全安心の取引を!

また、ファクタリングの一括見積もりサービスは、「登録時に悪徳業者の排除を行っているサイト」が多く、取引経験が浅い方にとって、安全性が高く魅力的なコンテンツとしても知られています。

〇 信用できる業者とだけやり取りしたい
〇 悪徳業者を見分ける自信はない…
〇 希望条件に沿った業者を選びたい

このようなお悩みを抱えている方にそ、一括見積サービスがオススメ。プロの目が見た厳しい業者選定が、利用者の契約をサポートしてくれます。

資金調達は、1社こだわらず複数社の見積もりを得ることが大切です。候補となった企業の見積もりを見比べることで、理想的な条件が見えてきます。

なお、ファクタリング取引の経験が浅い場合は、「一括見積サービス」に任せてしまうのも良いでしょう。たった1度の情報入力で、たくさんの見積もりを得ることが可能です。

ご自身では知り得なかった隠れた優良業者や、より魅力的な提案を行う企業とも出会うことができるかもしれません。手数料を低く抑え、希望通りの納期を実現するためのチャンスです。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ