日本でファクタリングが資金調達の方法として浸透しにくい理由は?

日本でも中小企業の資金調達の方法として多く活用されるようになったファクタリングですが、まだ十分に知られている手段とはいえません。

銀行融資などで資金調達した場合には審査に1~2か月かかることもあるのに対し、ファクタリングなら早ければ即日売掛金を現金化させることが可能なため、日本でももっと多く利用されてよいはずです。

しかし日本の企業がファクタリングを活用しにくいと感じる理由もあるようなので、スムーズな資金調達に有効利用しやすいわけをご説明します。

 

ファクタリングが日本で周知されない背景

日本の経済規模から考えれば、ファクタリングはもっと普及されてもよい資金調達の方法といえます。

しかしまだ十分に活用されていない背景には、

といったことが挙げられます。

悪徳業者の存在

ファクタリングは売掛金をファクタリング会社に売却し、現金化して資金調達する仕組みです。

利用する際には手数料が発生しますが、悪徳業者はお金に困っている事業者の足元をみて、高額な手数料を要求してきます。

中には表向きは「ファクタリング」を装い、売掛金の売買契約ではなく金銭の貸付契約を結ぼうとするヤミ金融業者も存在しており、騙された企業経営者はファクタリングによい印象を抱いていないはずです。

悪徳業者のニュースなどがメディアで取り上げられるたび、ファクタリングはリスクが高く危ない資金調達の方法というイメージが大きくなり、中には違法な取引と勘違いしている方もいます。

しかし事業者向けのファクタリング違法な契約を結ぶわけでもなければ、危ない取引でもありません

経済産業省も、中小企業が売掛債権を資金調達に有効活用することは推奨しており、その方法の1つがファクタリングです。

売掛先に知られる心配もなし!

ファクタリングで資金調達すると、売掛先にその事実を知られることとなり、資金繰りが悪化している危ない会社と勘繰られてしまうのではないか…と不安を感じる経営者もいるようです。

中小企業の資金調達の一般的な方法は銀行融資ですが、なぜ銀行からお金を借りて資金を調達しないのか?融資を受けることができないほど債務を多く抱えているのか?といった想像をされてしまうのは避けたいものでしょう。

しかしファクタリングにも種類があり、売掛先を通さず契約する2社間ファクタリングであれば、誰にも知られずに資金調達できます。

銀行融資との併用も可能

政府も公的融資を拡大させるなどコロナ対策は行っているものの、窓口は混雑し審査に時間がかかるなどスムーズな資金調達につながっていません。

会社の存続をかけて運転資金は確保したものの、成長資金にまで至らなかったというケースもあるでしょう。

このような場合、融資を受けて資金調達するだけでなく、いざというときの手段としてファクタリングを検討することも検討することをおすすめします。

 

スムーズな資金調達に有効な手法

銀行から融資を受けたくても、財務状況が悪く赤字決算でお金を借りることができない企業も少なくありません。

特に中小企業は赤字で必死に経営している会社や、不動産など担保にできる財産を所有していないこともめずらしくないため、銀行を頼りにくい状況ともいえます。

ファクタリングは中小企業の経営ニーズに合致した頼れるサービスであり、近年では大企業やフィンテック企業など信頼性が高い企業も新規で参入するようになりました。

対面で面談しなくてもオンラインによる契約を可能とするファクタリング会社も増えたことで、より時間をかけず資金を調達しやすくなっています。

新型コロナウィルス感染拡大で経済や景気が低迷し、より資金面で不安を抱える中小企業は増えていますが、ファクタリングなら売掛金を保有していれば資金を調達できます。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ