相見積もりで最安価格!格安手数料を実現するポイントとは?

ファクタリングの見積もりは、業者ごとに天と地ほどの差があります。

手数料1つ取っても、数パーセント台で取引する優良業者がある一方で、30パーセント以上を求める割高業者も少なくありません。

玉石混交の業者の中から優良業者を拾い上げるには、ポイントを押さえた業者選定が欠かせないと言えるでしょう。

今回は、中小企業経営者が最安価格を実現するために必要な、いくつかの重要ポイントをご紹介しようと思います。

ポイント1:事前に準備する

優良条件を業者から引き出すには、まず事前準備が必要です。

実際にコンタクトを取る前に、

〇 自社が求める手数料ライン
〇 資金を手にするまでに必要な期間
〇 対応している取引形態

などを中心に、取引や交渉を行うために必要な体勢を作ります。手数料や納期などの「数字」に関わるものは、できればメモ帳などに書き出すと良いでしょう。

「希望条件なんて頭に入ってるよ!」

と、お考えになる方もいるかもしれません。

ですが、実際に交渉の場に臨むと、

「話しているうちに、いつの間にか自分が妥協していた」

というケースは往々にしてある話。

身に覚えがある方もいらっしゃるのではないでしょうか…。

今回のポイントである「事前準備」は、交渉前に自身の情報を整理する良策。誤った交渉や無理な妥協しようとする自身を抑止するポイントです。

なお、ファクタリングのご経験をお持ちでない方は、当サイトのコラムに目を通しみることをオススメします。

基礎的な知識をわかりやすく解説しておりますので、軽く読むだけで取引のイメージやポイントが掴めるはずです。

ポイント2:候補を絞り込む

候補業者の絞り込みは、交渉にかけられる時間を増やす重要ポイントです。

ファクタリングは巨額の資金が動く取引なので、出してもらった見積もり内容の検討や交渉に莫大な時間がかかります。

そのため、「なんとなく集めた企業たち」を全て比べていると、あっという間にタイムアップ! 当然ですが、時間は無限ではありません。

ある程度情報を集めたら、「見積もりを求めるべき企業」を数社に絞り込むべきだと言えるでしょう。

ここで判断を誤ると、「良質な見積もりを出してくれる優良企業」を見落とし、「割高手数料の劣悪業者」を自ら招き入れてしまいかねません。経営者としては、どちらも絶対に避けるべき事案ですよね。

では、具体的にどう絞り込むか? 当然イメージや曖昧な判断で決めるわけにはいきません。

実は、ここでポイント1の「事前準備」は生きてきます。つまり、自身で用意した「手数料や納期」です。

多くのファクタリングは見積もりを求めるまでもなく、

〇 自社の標準的な金利 (例:手数料10%~20% 等)
〇 入金までに必要な納期 (例:平均入金期間「2週間」等)
〇 対応する取引形態 (例:2社間のみor3社間のみ 等)

などの情報をウェブサイトで公表しています。

公示情報には多少宣伝的なものが含まれているので、鵜呑みにすることはできませんが、それでも、

〇 「手数料10%~25%」の業者に10%にしてくれ!と要求する
〇 「手数料15%~25%」の業者に10%にしてくれ!と要求する

前者よりも後者に要求する方が、交渉の難易度が高いのは誰の目にも明らかです。

もちろん、交渉は水物。テクニック次第で担当者を言いくるめ、上限手数料を突破できる確率はゼロではありません。

しかし、仮にうまくいったとしても、そこには莫大な時間と労力がかかっており、結果としてご自身の時間的な損失につながります。

結論としては、やはり「事前準備で整理した条件に一致する業者」を選ぶべきです。

ポイント3:相見積もりを作りだす

候補企業を絞り込んだら、いよいよ「相見積もり」の出番です。

相見積もりは候補企業それぞれに「いくらでやってくれるの?」と見積もりを出させ、ご自身の意に沿った業者を選定するポイントです。

上手に相見積もりを取るには、いくつかのポイントを押さえた交渉が必要です。

相見積もりで重視すべき必須ポイント
〇 相見積もりであることを伝える
〇 納期を必ず伝える
〇 比較企業は3~4社に絞り込む

まずコンタクトを取り見積もりを求める際に、担当者にそれが「相見積もり」であることは必ず伝えましょう。

なぜわざわざ比較することを伝えるのか? その答えは簡単。「比較される立場」を意識してもらうことで、有利な条件を引き出せる可能性が高まるからです。

逆の立場で考えてみましょう。

もし仮にご自身が担当者だったとして、

〇 「他の会社と比べてるんだけど、見積もり出してくれない?」

とお客さんに言われたら如何でしょうか。このお客さんは「他社より悪い条件」であれば、当然自社とは契約しないでしょう。

極端に悪い条件を除き「顧客の喪失」は、あらゆる業界で忌むべき行為。優秀な担当者であれば競争意識が働き、見積もりに反映したくなるものです。

また、相見積もりを取るときは「納期を伝えること」を忘れてはいけません。ただでさえ時間的猶予がない資金調達において、遅い業者を待っている余裕はないからです。

デキる業者は例外なく、「納期を厳守」します。

ファクタリングの最大のポイントの1つは「スピード感」であり、納期厳守は顧客信頼へと繋がる必要不可欠な要素だからです。

以上の点を考慮すると、少し厳しい見方ですが…

「納期を守れない企業に優良業者は存在しない」

と断定してよいでしょう。

最後になりますが、労力と時間については顧客側も配慮が必要です。

あまりに多くの業者を候補に入れた結果、見積もり比較に時間がかかり、

「1社ごとにかけられる時間が短い…」

という事態は避けましょう。

相見積もりを取るときは、1社1社の個別対応が必要です。比較企業を増やすほどに手間と時間を要することになるので、交渉企業は「3社~4社」程度に絞り込むことをオススメします。

ポイント4:一括見積もりサイトを利用する

一括見積もりサイトによる相見積もりは、ここまで紹介した3つのポイントを瞬時に解決する、理想的な取引方法です。

利用者は一括見積もりサイトに、連絡先と希望条件を伝えるだけなので、手間は一切かかりません。

その上、見積もり比較は膨大な登録業者が一斉比較!

こちらが伝えるまでもなく「相見積もり」であることを理解している企業ばかりなので、交渉に労力や時間をかけることなく、格安手数料やスピード納期を引き出す公算が高まります。

言うまでもなく、取引方法としてはこの上なく魅力的な手段です。

一括見積もりサイトのメリットまとめ
〇 数百社単位での見積もりを瞬時に実現
〇 業者ごとに同じことを繰り返し伝える必要がない
〇 悪徳業者や違法業者が紛れ込む心配ナシ

ファクタリングは手数料の振れ幅が大きく、業者の選び方が最終的な契約内容に大きな影響を与えます。そのため、顧客側は「高くて遅い業者」を排除し、「安くてスピード感のある業者」ことに注力しなくてはなりません。

今回紹介したポイントは、理想的取引を実現するための重要ポイントばかりです。効率的に業者を選別し、相見積もりで最終的判断を下しましょう。

なお、ファクタリング業者はご自身で探してみるのも良いですが、当サイトでは一括見積もりサイトの利用をオススメしています。

わずかな手間で一斉比較が行える一括見積もりサイトなら、より多くの業者の具体的な見積もりを参考に、短時間で格安手数料を実現できるからです。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ