ファクタリングで資金調達が可能となるまでの流れとは?

もしファクタリングで資金調達しようと考えたとき、実際にお金を手にするまでの流れを把握できているでしょうか。

近年、中小企業の間で周知されるようになったファクタリングですが、その資金調達までの流れやどのような仕組みなのかなど、詳しく説明できる方はそれほど多くありません。

そこで、資金調達にファクタリングを利用する場合、どのような流れで資金調達に至ることができるのかご説明します。

 

資金調達の流れでまず必要なのは売掛債権の発生

ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に売却することで、期日よりも前に現金化させることにより資金調達可能となる方法です。

そのため、そもそも売掛債権を保有していなければファクタリングによる資金調達はできません。

ファクタリングによる資金調達の流れでまず必要なのは、売掛債権をいくらで買い取ってもらえるのかファクタリング会社に相談し、仮審査で見積もりを出してもらうことです。

提案された買取金額納得できれば、契約という流れになります。

 

資金調達の流れを円滑にしたいなら事前に書類の準備を

ファクタリングの仮審査では、利用者や売掛先についていくつか質問されることになりますので、審査までの流れをスムーズにするために事前に書類を準備しておいたほうがよいです。

契約という流れになれば、本審査と契約の際に書類の提出を求められることになるので準備はやはり必要といえます。

ファクタリング会社によって必要書類の数や内容は差がありますが、商業登記簿謄本、決算書(直近2~3期分)、請求書や注文書、売掛金一覧表、取引先との契約書などを求められることが一般的です。

審査で重視されるのは売掛先の信用力

ファクタリングの審査で重視されるのは、利用者の信用力よりも売掛先の信用力が重要です。

ファクタリング会社は、買い取った売掛債権が間違いなく期日に回収されるという流れを重視します。そのため、利用者の信用力も大切ですが、売掛先の経営状況などのほうが重要になるのです。

売掛先が安定した大手上場企業の場合や公共機関などの場合には、ファクタリング会社も安心して売掛債権を買い取ることができますし手数料も低く設定されるでしょう。

ファクタリング会社と契約を締結する流れを経て、いよいよ買取代金を受け取ることが可能です。

 

どのファクタリング会社に依頼すれば安心?

ファクタリングで資金調達できるまでの流れは、どのファクタリング会社を利用してもそれほど大きな差はないでしょう。

ただ、利用する上で設定される手数料の割合、利用の対象となる売掛債権の金額、登記の必要性などいろいろと違いはあります。

個人事業主でも利用できるファクタリング会社もあれば、法人のみの対応としているファクタリング会社もあります。

また、売掛債権の金額に下限や上限を設けているファクタリング会社もあるので、その場合下限に達していない金額の売掛債権を現金化させたくてもできなくなってしまいます。

2社間ファクタリングでは債権譲渡登記が必ず必要というファクタリング会社もあれば、未登記で対応してくれるファクタリング会社もあるなど、特徴や強みもいろいろです。

ニーズにしっかり対応できるファクタリング会社を選ぶことで、よりスムーズな流れの資金調達につながるといえるでしょう。

 

まとめ

数多く存在するファクタリング会社から、自社のニーズに対応してくれる業者をどのように選べばよいのか迷ってしまうところでしょう。

資金調達までの流れをスムーズにするためには、ニーズに対応してもらえるファクタリング会社を選ぶことが重要です。

ただ、一社ずつに声をかけてそれぞれのファクタリング会社に見積もりを依頼していると、急いで資金が必要という需要には対応できません。

このような場合、一括で複数の優良とされるファクタリング会社から、見積もり取得が可能となるアイミツサイトを上手く活用してみることをおすすめします。効率的に信頼できるファクタリング会社を探すことができるので、安心した状態での資金調達が可能です。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ