ファクタリング業者からアイミツを取るときに守るべきこととは?

ファクタリングを資金調達に活用する場合、売掛債権の売却先となるファクタリング業者をどのように選んでよいかわからないこともあるでしょう。

その場合、複数社からアイミツ(相見積もり)を取ることで、かかる費用やサービスを比較・検討しやすくなります。

そこで、ファクタリングでアイミツを取るときにはどこを中心に比較すればよいのか、取得する際に注意したいところについてご説明します。

アイミツを取るときの注意点

もし複数のファクタリング業者からアイミツを取得するのなら、

という部分に注意することが必要です。

さらに、次のようなことに注意しながら見積もりを請求するようにしてください。

最低でも何社からはアイミツを取得すればよいか

複数社から見積もりを取る場合、いったい何社のファクタリング業者に請求すればよいのでしょう。

件数が少なすぎれば比較が難しくなるでしょうし、多くの業者に請求するとなれば手間や時間がかかってしまいます。そのため、最低でも3社程度が望ましいといえるでしょう。

インターネットを駆使して、評判のよいファクタリング業者をリサーチし、見積もりを請求する業者を3社程度に絞り込むことを行ってください。

また、アイミツを取得する件数が多くなれば、契約できないファクタリング業者は審査や見積もりに費やした時間を無駄にする業者が増えることになるので、中にはトラブルに発展することもあるようです。

ただ、優良なファクタリング業者に見積もりを請求しても、そのようなトラブルになることはないはずなので、やはり最初の業者を絞り込む段階が非常に重要となるでしょう。

いつアイミツを取得すればよい?

ファクタリングを利用する予定が決まっているのなら、余裕をもって1か月前くらいにはアイミツを取得することをおすすめします。

なぜなら、ファクタリングを利用することになった場合には、ファクタリング業者に見積もりの申し込みを行い、どの業者を選ぶか決まってから契約を結び、売掛債権が現金化されるという流れになります。

スムーズにファクタリング業者が見積もりを出してくれればよいですが、時間がかかる場合には手続きを先に進めなくなってしまいます。

即日対応してくれる業者もあるようですが、すべての業者がそうではありませんので余裕を持って見積もりの申し込みを行うようにしてください。

アイミツで比較するポイント

また、見積もりに必要な書類がファクタリング業者によって異なるケースなどもあるので、一社ごとに見積もりを請求すると想像しているよりも時間と労力がかかると考えておくべきです。

また、アイミツを取得した後で、どの項目を比較していけばよいかというと、

などです。

かかる手数料の大きさは重要ですし、リコース(償還請求権)のある契約であれば、万一、売掛先が倒産した場合など、現金化させた代金をファクタリング業者に返さなければならなくなります

一般的にファクタリング契約はこのような償還請求権のないノンリコース契約が多いので、不利益を被ることになることはないでしょう。

しかし、償還請求権のある契約を結んでしまうと、貸し倒れリスクを抱えることになってしまうので、安心して利用するためには必ず確認しておく必要があります。

また、現金化されるまでのはやさもファクタリング業者によって異なります。急いで資金が必要という場合には、即日現金化が可能という業者を選ぶのがベストです。

アイミツサイトを使えば効率的!

アイミツは複数社にコンタクトを取り、見積もりを出してくれるように申し込むことが必要です。

もし手間や時間がかかって面倒だと感じるなら、アイミツを簡単に取得できるサイトを活用してみることをおすすめします。

厳選された優良なファクタリング業者からアイミツを取得できるので、より安心してどのファクタリング業者を選ぶか決めることができるでしょう。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ