状況に応じる!見積取得のポイントをパターン別に徹底解説!

経営者が資金調達の見積を必要とするパターンは様々です。

「新規事業に手を出したい」
「経営規模を拡大したい」
「資金繰りが急に悪化した」

などなど、その様相は十人十色。「資金調達は社長の仕事」と言いますが、現実問題、多くの経営者は資金調達に頭を抱えています。

ところが、昨今の金融機関はお金を貸すのに及び腰。見積相談時には、こちらの思いとは裏腹に「貸し倒れリスク」ばかりを重視します。

これでは、せっかくのチャンスも活かせない。散々交渉を続けた挙句、「今回の融資は見送り」となると、目も当てることができません。

そこで今回は、それぞれのパターン別の見積事情やポイントをご紹介。ファクタリングが資金調達の手段として、どれほど優れているかを解説しようと思います。

見積取得のパターン1:急に資金調達の必要が生じた

急な資金需要は、資金調達の見積パターンとして最たるものです。

冒頭にて触れた通り、資金が必要となる状況は様々ですが…こうしたパターンでは「期間」を意識することが不可欠。

「必要なタイミングで必要な金額を手にすること」

が欠かせません。つまり、納期と金額のどちらも両立することが求められています。

まず納期について見てみましょう。

審査を行わずに融資する金融機関は存在しませんが、審査の方法は金融機関によって様々です。

また、審査に要する期間も業界別に分別されており、見積を得てから実際に現金を手にするまでの期間は、一般的には下記の通りとなります。

金融機関別・見積取得から契約完了までの目安の期間
〇 政府系金融機関 … 約1カ月~2カ月
〇 銀行系金融機関 … 約1カ月
〇 ノンバンク系金融機関 … 約1週間~2週間
〇 ファクタリング … 約1週間(最短即日) ← オススメ!

政府系金融機関や銀行系金融機関は一般的に審査機関が長く、「約1カ月程度」の審査は検討しておくべきでしょう。

逆にノンバンク系金融機関やファクタリング事業者の場合は、審査スピードが非常にスムーズなところがポイント。

特にファクタリングの場合、BtoB取引であるにも関わらず、「最短即日」と異例のスピード提供を実施している業者も存在します。

「明日までに資金が必要」という状況はそう考えられるものではありませんが、経営者にとって資金不足は大きな不安ごと。

資金を手にするまでは本来の仕事にも手が付かず、結果として仕事のクウォリティに影響を与えかねません。そういった意味では、ファクタリングのスピード調達は、「見積条件以上の恩恵がある取引」と言えそうです。

見積取得のパターン2:できるだけ安く見積を得たい

資金調達はどうしてもコストがかかるビジネスです。

しかしながら、ただでさえ資金が不足している状況で、更なる金利や手数料を負担するのは重荷と言うしかありません。

「少しでも安い見積を得たい!」

と言う方向に意識が向いてしまうのは、経営者にとって当然の理と言えるでしょう。

資金調達のコストの問題は、は期間と同様に、その調達方法や金融機関によって異なります。具体的な数値は「見積内容次第」となる部分もありますが、概ね以下の様な傾向にあります。

金融機関別・見積提示時の金利・手数料の目安の額
〇 政府系金融機関 … 無利子~数%
〇 銀行系金融機関 … 数%~10%程度
〇 ノンバンク系金融機関 … 数%~15%程度
〇 ファクタリング(2社間) … 10%~35%
〇 ファクタリング(3社間) … 数%~10%

金利面のみを考慮するなら、政府系金融機関や銀行系金融機関、あるいは3社間ファクタリングを検討すべきです。

政府は無利子貸与や助成金等のサービスを展開しているケースも多く、うまく時期が重なれば非常に魅力的な見積での資金調達が実現します。

ただし、政府系金融機関は審査が厳しいだけでなく、助成金等はいつも行われているものではありません。資金が必要になった時点で都合よく助成金の給付が受けられるとは限らないので、これらの点に留意した対応が求められています。

こうした点を考慮すると、銀行系金融機関や3社間ファクタリングが、安定的な資金調達手段と言えるのではないでしょうか。

特に3社間ファクタリングは「担保の供出が不要である上に見積や審査に必要な期間も短い」ので、資金調達のパターンとしては強くオススメできる手法です。

なお、金融機関の場合は「お金を借りる」行為であるため、債務が残っている間、常に金利を支払わなければなりません。

ところが、ファクタリングの場合は「売掛金の売却」行為にあたるため、手数料は一回支払ってしまえばそれまで。

金利のように定期的にお金を払い続けるものでない点も特徴です。

見積取得のパターン3:とても融資が通りそうもない状況

金融機関にとって、「貸し倒れ」は大きなリスク要因です。

そのため、資金に困っている事業者を見る目は総じて厳しいものであり、「この人(この業者)は貸したお金をきちんと返してくれるのだろうか?」と疑いのまなざしを向けています。

当然、こうした強い疑いは、見積や書類に反映されます。

〇 審査に長い時間をかけ慎重な審査を行う
〇 見積時に「リスクを反映した」と高額な金利を提示する
〇 会社案内や事業計画など多数の書類を要求する

特に社歴が浅い事業者や、万年赤字の事業者、税金滞納状態の企業などの場合、様々な悪条件が付いた見積を求められることも。

不動産や有価証券の担保が潤沢な大企業ならまだしも、一般的な中小企業や零細企業の場合、「見積提示から散々待たされた挙句、審査は見送り」となってしまう可能性も否定できません。

金融機関別・審査の厳しさの目安
〇 政府系金融機関 … 経営状態や事業内容等を厳しくチェック
〇 銀行系金融機関 … 経営状態や事業内容等を厳しくチェック
〇 ノンバンク系金融機関 … 経営状態や事業内容等をチェック
〇 ファクタリング … 基本的に自社ではなく「売掛先」を重視する

多くの金融機関は、自社の経営状態を厳しくチェックします。

それもそのはず、金融機関のお金である「元本と金利」を返済するのは債務者である自社であり、債務者の信用力は金融機関の利益に直結するからです。

ところが、ファクタリングの場合は話が別。ファクタリングは自社が持つ債権を金融機関に買い取ってもらうため、ファクタリング業者から見ると自社よりも売掛先の経営状態が重要です。

お金を支払うのは売掛先ですから、当然の話と言えるでしょう。

これは、自社の経営状態や事業内容・経営基盤等に自信が持てない場合、大きなメリットであることは言うまでもありません。

信用力の低さにより金融機関の担当者から「とても融資が通りそうもない…」と言われてしまった場合でも、十分に見積条件が通る可能性があります。

ファクタリングは金融機関と比べて手数料が高めというデメリットがありますが、複数業者の条件を見比べる「相見積もり」等を駆使すれば、比較的割安な条件を引き出すことも十分に可能。

更に資金調達を得意とする専門サイトを活用することで、

〇 サイトが厳選した優良企業とのコネクションを構築
〇 独自基準の審査により、悪徳業者を排除
〇 通常求められる業者検索・情報伝達の手間を省力化

などなど、多くの魅力的な恩恵を享受できます。

ファクタリングの長所を活かしつつ、短所を補うスマートな取引方法として、様々なパターンの資金需要に応えたサービスです。

「これから資金調達を検討したい」とお考えの方は、是非一度ご検討下さい。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ