資金調達の見積もりはどう取る?主要3パターンを徹底比較!

皆さんは資金調達に迫られた際、どのような取り方で見積もりを求めますか? 昨今はインターネットの進展に伴い、取引方法も多様化。

〇 ウェブサイトによる非対面取引
〇 フットワークを使った対面取引
〇 見積もりサイトによる一括請求

このように、様々な取り方が存在します。今回は、顧客側の立場から見て「どの取り方が最適なのか?」を比較検討しようと思います。

ウェブサイトによる非対面取引のメリット

ウェブサイトを介した非対面型の見積もりの取り方は、ファクタリング取引で最も一般的な方法です。

中小企業が中心のファクタリング業者は、ほとんどすべてが自社のウェブサイトを有しています。そのため、わざわざ足を運ばなくとも、サイトを訪れ「取引したい!」と連絡を行うだけでOK。

また、多くの業者はサイトに専用のフォームを設けているので、見積もりの取り方も至極簡単。正式な契約は別途審査や書類が必要ですが、最短即日でおよその条件が判明するのは嬉しいですよね。

さらにウェブサイトを使った非対面取引は、基本的に「24時間受付」というメリットも有しています。フットワークを使った時のように、「足を使って移動したは良いが、(臨時休業などで)肝心のお店が閉まっていた」ということもありません。

時間的・体力的な節約にもつながりますので、見積もりの取り方としてはオススメです。

非対面取引で見積もりを取るメリットまとめ

〇 ウェブサイトで申し込むだけなので簡単
〇 基本的には24時間受付してもらえる
〇 時間的・体力的な節約につながる

ウェブサイトによる非対面取引のデメリット

非対面取引のデメリットは、なんといっても「悪徳業者の見極めが難しい」ところです。ウェブサイト業者の中には問題のある業者が紛れ込んでいる可能性もあり、

〇 法外な手数料を請求する
〇 違法金利による担保融資にすり替える
〇 その他不利な特約を付与する

などのトラブルを警戒しなくてはいけません。

その上、2者間ファクタリングは「中小企業中心の世界」なので、名前だけで「ここだ!」と決められるような大手業者はほとんど存在しません。業界に詳しくない顧客側にとって、やや不安や迷いを感じてしまいますよね。

優良企業や信用できそうな業者を探しているうちに、「業者を探すだけで疲れてしまう」といったケースも少なくありません。情報が少なく外から見えにくいのは、この業界全体の問題だと言えるでしょう。

なお、ファクタリングは大きなお金が動く取引なので、ウェブサイトで見積もりを請求した場合も、原則的には契約書を交わします。

〇 実際にお店を訪問してみる → 住所・連絡先は偽りではないか?
〇 契約書のひな型を見せてもらう → 契約書はきちんとしているか?
〇 提出書類の確認を行う → 種類は揃っているか?控えはあるか?

非対面方式による取り方で大切なことは、ウェブサイトの情報を鵜呑みにせず、「自分の身は自分で守る姿勢」を貫くこと。業者を見極める姿勢が大切です。

非対面取引で見積もりを取るデメリットまとめ

〇 悪徳業者が紛れ込んでいる可能性がある
〇 中小企業が多く探すのに疲れてしまう
〇 最終的な良否の判断は自身に委ねられる

フットワークを使った対面取引のメリット

フットワークを使ったコンタクトは、なんといっても「安心」です。自身の足を使って会社を訪れるのですから、非対面型の見積もりの取り方と比べて、

対面取引型による取り方のメリット

〇 会社の存在をその目で確かめることができる
〇 実際に担当者と会うことで信頼関係を築ける
〇 メールでは聞けないこみいった話もできる

上記のようなメリットが得られます。特に担当者と直接会うことで、「取引の流れ」や「過去の実績」など、メールでは聞き難いと感じる部分についても気軽に触れることができるのは、嬉しいポイントではないでしょうか。

関東圏ならファクタリング業者は星の数ほど存在するため、居住地によってはあまり大きな負担もかかりません。

フットワークを使った対面取引のデメリット

ただし、フットワークを使った対面取引は実際に足を運ぶ必要があるため、様々なデメリットも存在します。特に「労力や手間」による制約は大きく、フットワークにこだわったスタイルは、基本的にはオススメできません。

理由を詳しく見ていきましょう。まず、フットワークを使った行動は「1社1社を訪問する」必要があるため、非対面取引と比べて業者の選定に多くの時間を要してしまいます。

急な資金調達を必要とする場合は、この時間的ロスは致命的。比べているうちに資金需要の必要に迫られ、妥協せざるを得なくなるかもしれません。

これでは、ファクタリングの持ち味である「スピード感」が損なわれ、とても賢い見積もりの取り方とは言えません。

また、相見積もりによる比較に難色を示す業者もあるでしょう。こうした業者にいちいち電話や訪問を仕掛けていては、気疲れするだけで時間と労力のムダです。メール一通で断られた方が、まだマシというものではないでしょうか。

対面取引型による取り方のデメリットまとめ

〇 1社1社の交渉に時間がかかる
〇 取引のスピード感が失われる
〇 相見積もりを嫌がる業者もある

最もオススメ!見積もりサイトによる一括請求

サイトを使った一括請求による見積もりの取り方は、「対面・非対面のいいとこ取り」をしたかのような、理想的な取引方法です。

たった1回の入力で数百社の見積もりを比較できる!

一括請求方式は、サイトのフォームに従って必要な情報を記入するだけで良いので、対面取引のような手間は一切必要ナシ! 顧客側は見積もりを寄越した企業のうち、気に入ったものを選ぶだけです。

更に、一括サイトは「数百社を超える業者」が登録されているので、

〇 自社では探すことができなかった優良企業の発見
〇 関東はもちろん、関西や九州の業者も一斉対応!
〇 他社に勝つために優良条件を提示する

このように、顧客側にとって非常に魅力的な、多くのメリットが期待できます。

手間も労力もかけずに、たくさんのファクタリング業者と取引の機会を持てるのは、「一括サイト」ならではの特徴だと言えるでしょう。

信頼できる業者が登録している!

一括サイトは登録時に「業者の信頼性の判断」を行っているため、非対面取引のような「悪徳業者」のリスクを抑えることができます。

ご自身が直接コンタクトを取る場合、常に脳裏に漂う不安が、悪徳業者の可能性。ところが、一括請求の場合は、サイト側に信頼を預けるだけでOK。顧客側は提出された見積もりを信頼して取引することができます。

更に、先ほど触れたように一括請求は1社ごとに見積もり依頼のメールを送信する必要もありません。わずか1回のコンタクトで多くの企業と知り合うことができるので、

〇 隠れた良条件の見積もりが得られる可能性
〇 サイトにより厳選された優良企業の信頼性
〇 スピード感のある資金調達の実現性

このように「相見積もり」に求められる理想的な条件が、驚くほど簡単に手に入ります。

資金調達に迫られたとき、その成否を分けるのは「見積もりの取り方」です。ウェブサイトを中心に探すか、フットワーク中心に立ち回るかは、判断に悩みますよね。

良質な条件を信頼できる業者から引き出すためには、多くの労力や手間がかかります。ところが、一括見積サイトならその両者をいいトコ取り。

わずかな手間で優良業者の良質条件の見積もりが、いとも簡単に手に入ります。ごくわずかな手間で済むため、資金調達のスピード感も抜群! 見積もりの取り方としては、最もオススメできる手法です。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ