売掛金は売上の債権を使って借入に!早期の借入には便利

2017/11/28
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

売掛金は、売上債権の一部となります。売上債権には、最終的に売掛金と受取手形が存在していて、完了する場合は両方が消えることになります。この契約を行っている場合は、借入のサービスを活用できる場合もあります。普通の借入とは異なる部分ですが、なかなか支払いを行ってくれない売掛金が活用できて、即座に利用できる良さを持っています。

売上債権を活用した借入方法

銀行などの融資は、売上債権を邪魔者と思っています。回収できていないような債権が存在しているなら、マイナス評価を行ってしまうのです。この評価を受けてしまったことで、借入できないと言われたり、金額を減額してもいいかという話を持ちかけられることもあります。
売上債権を活用している借入方法として、ファクタリングが用意されています。ファクタリングは、他の借入方法と異なり、売上債権をファクタリングの会社に譲って、その代わりに書かれている金額を提供してもらう形になります。売掛金は後から支払われるようになるので、この金額を返済に使ってしまえば、リスクは軽減されることになります。
ファクタリングを活用している会社は増加傾向にありますし、かなり返済しやすい方法として用意されるので、金融機関の借入よりも支払いは行いやすくなります。その分だけリスクは若干高くなっているものの、返済しやすい方法を用意していることで、不安な状況を取り除きやすくなっているのです。

ファクタリングは独自の契約を行う

借入とは少し異なる部分もありますので、契約の方法については気をつけておきましょう。売上債権を持っていないことには、まずファクタリングを活用できないので、どの会社でもいいから売掛金の契約を行うことになります。売掛金が発生していることで、ファクタリングで処理できる状況となりますので、先に準備が必要となります。
売掛金の金額は、ファクタリングで受け取れる金額として用意されます。売掛金が多くなっていればいるほど、ファクタリングで処理される金額は多くなるので、契約している金額が大きいほど有利にはなります、複数の売掛金を活用してはいけないというルールはありませんので、大量に持っているなら全て提供しても構いません。
譲ることのできる売上債権をファクタリング会社がもらい、お金に変えてくれます。支払いまでのスピードは早く、審査も当日中に完了するケースが多いので、かなり早くお金を借りられる契約ができるでしょう。

ファクタリングを契約した後は

ファクタリングとの契約が完了して、無事に支払いを行ってもらったとしても、気をつけるべき部分は多くなっています。契約後の問題として、幾つかの情報を知っておくことも大事になるでしょう。

手数料の支払いを行う

売上債権は、契約している企業から売掛金を払ってもらえば、簡単に支払いが可能になっています。売掛金を返済すれば、ファクタリングは支払いが完了するように設定されますが、これではファクタリング会社に利益が生まれません。金融機関と同じように、金利に近いサービスを作らないと、会社は利益を受け取れない設定です。
そこで手数料が設定されているので、この支払を行う必要があります。手数料の金額は大きくなっている可能性もありますので、会社によって提示されている割合で支払うこととなるでしょう。一桁の手数料なら、そんなに大きくないと感じられるのですが、大きな数字が付けられていると、手数料がかなり大きくなってしまいます。
もう1つの問題は、手数料が契約している時に1回だけ発生しているのか、それとも月間で発生しているものか確かめることです。手数料が月ごとに発生しているような状況だと、返済はかなり困難になってしまいます。毎月のように手数料が増えてしまい、その返済で多くのお金を払うことになるでしょう。

手数料の問題は、売掛債権よりも考えていく必要のある部分です。悪質なファクタリングを提供している会社ほど、手数料が大きく設定されていますので、信頼できる手数料の設定をしている企業に相談しましょう。

売掛金の支払いをスムーズに実施してもらう

借りている会社が用意するわけではありませんので、売掛金を支払ってもらえるように、相手の会社に期限までにお願いするようにしてください。要求できるのは、売掛金の契約をしている会社くらいで、あまりファクタリングの会社が連絡を入れることはありません。つまり売掛金を払ってもらいたいなら、色々な連絡を入れて対処してもらうことになるでしょう。
売掛金を払ってもらわなかったら、ファクタリングの契約が完了しないままとなりますので、かなり苦労します。契約が完了しないまま終わりというのはまずありませんし、面倒な支払いが最終的には待っているのです。返済されないような状況になってしまい、会社として立場の悪い状況となってしまうのを避けるために、返済のお願いだけはしっかりと行っておきましょう。

売上の債権をうまく使うなら

売上の債権は、そのまま残しておいてもあまり意味のないものです。売掛金を待っているだけの状況となるだけで、苦労することも多くなるでしょう。うまく使っていくなら、売掛金を使えるサービスを多く考えていくことです。債権として残されているだけより、すぐに活用できるサービスに切り替えたほうが、資金繰りの安定感を作りやすくなります。
債権は、持っているだけなら何も恩恵を持っていません。売掛金の場合は特にその傾向があり、持っているだけでは審査の悪影響が生まれたり、イメージダウンに繋がる場合だって多いのです。ただ、売掛金を有効活用して、債権をお金にすぐ変えられるようになれば、安心して経営を続けられる環境は生まれていくのです。
うまく活用するための方法を調べて、実際に売上に関連するものを先にお金に変えてしまう方法もあります。売掛金を有効活用できるサービスに変えれば、かなり安心できるかもしれません。

債権を増やしすぎないように気をつけよう

売上に関連する債権、つまり売掛金を増やしすぎないように気をつけることも忘れないでください。特に気をつけておきたいのが、多くの会社と売掛金を作ってしまうことで、銀行などの金融機関から信頼を失ってしまうことです。信頼が失われていくと、ファクタリングも通らなくなる可能性があります。
会社として、経営を安定させるために借入が重要になり、資金繰りを進めていくようになります。売掛金が多すぎる状況となると、売上は多いかもしれないけど、債権によってお金のない会社と思われてしまいます。更に、返済されていないような状況が続いているようなら、金融機関はあまりいいように感じてくれないでしょう。
債権は増やしすぎないように気をつけて、一定の金額までに抑えるようにしてください。会社として、これ以上は厳しいと思われているような状況であれば、余計な売掛金を増やさないように調整するのです。

売掛金をあまり増やさないで安定させる方法が重要に

あまりにも売掛金を増やしてしまうと、大きな問題が生じる恐れもあります。ファクタリングで借入に使えるのは良いものの、資金繰りの安定感を増やす代わりに、金融機関等の信頼が揺らぐこともあります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter