気軽に借りて資金調達!ビジネスローンの強みとは

2018/01/09
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

事業を進めるなかで資金が必要となると、多くの方が銀行や信用金庫による融資を思い浮かべることでしょう。長期的かつまとまった資金が手に入るので、事業を始めたり大きくしたりなど、さまざまな目的に役立てることができます。

しかし、このような融資には厳しい審査に通ることが必須条件となり、合格できなければ資金を得られないというデメリットがあります。また、実際に入金されるまでにもある程度の時間がかかるので、急な出費が必要となる事業や事業者にとって不向きな資金調達法だと言えます。

そこで銀行融資の代わりにビジネスローンの活用をおすすめします。銀行融資よりも審査基準が厳しくないうえに比較的短期間での入金が保証されるので、突然の出費を迫られているときの大きな助けとなるでしょう。今回はビジネスローンの種類やメリット、確認すべき注意点についてお話ししていきますので、ぜひ予備知識としてご活用ください!

1. ビジネスローンとは?

ビジネスローンとは事業者や個人事業主を対象にした無担保系のローンのことです。銀行融資を受けたいけれど審査に通らない、またはそれほど大きな金額が必要ないときに、多くの事業者が利用する資金調達法としても知られています。

ビジネスローンは別名「事業者ローン」とも呼ばれています。いずれにしても最短期間での事業資金確保を必要とする事業者を対象にしたもので、早ければ当日中の入金を確認できます。ただし、こちらはあくまでも事業者を対象にした金融商品となるため、個人の生活費の歩チンなどの使用はできません。

また、ビジネスローンというと消費者金融などのノンバンク系企業によるものが一般的でしたが、現在では銀行系や政府系のローンも次々と登場しています。それぞれを詳しく見ていきましょう。

銀行グループによる「銀行ビジネスローン」

銀行が提供しているビジネスローンです。ほかのローンと比較して審査が厳しいというデメリットがありますが、銀行ブランドはやはり事業者にとっての大きな安心材料となります。

ノンバンク系のビジネスローンには信用に値しない商品も少なくないため、不安を抱えずに資金を確保したいのであれば銀行系のビジネスローンを選ぶといいでしょう。

ノンバンク系のビジネスローン

クレジットカードを発行している企業や消費者金融が提供するビジネスローンは、ノンバンク系のものとして分類されます。銀行よりも審査が非常に易しく、また入金タイミングが格段に早いので、とにかくすぐにでも資金が必要になる場合には大いに役立つことでしょう。

とは言え、ノンバンク系のビジネスローンには銀行のビジネスローンのような安心材料がないため、信用に値する企業であるかをしっかりと調べる必要があります。

政府系のビジネスローンもある

国による政府系ビジネスローンは、数あるビジネスローンのなかでももっとも信頼度が高いと言えるでしょう。審査の厳しさや期間はほかよりも厳しいうえに長期的なものになりますが、その信頼度の高さを考えると妥当だと考えられます。

必要資金の緊急性とローンの信頼度を吟味して、ご自身の状況に適したビジネスローンを選んでいきましょう。

2.ビジネスローン利用における4つの強みとは?

事業者を対象にしたビジネスローンには、実に様々な強みがあります。利用後に有効活用していくためにも、これらのメリットを知っておきましょう。

即日融資も可能!?スピーディーな審査

ビジネスローンの魅力は何と言っても審査がスムーズに進むことです。数日程度、または早ければ即日での入金確認が可能なので、特に急ぎの出費が必要となるときは大助かりです。また、審査を受けるための煩雑な準備を必要としないので、手間をかけずに資金確保できるところも大きなポイントになります。

ビジネスローンによる入金はコンビニのATMでも確認・引き出しできます。

資金の使い方が自由

融資金額の使い道が自由であることも、ビジネスローンの大きなメリットの一つです。通常、銀行や組織による融資はその使用目的が最初から定められていて、違反すると罰せられることがあります。例えば設備投資や運転資金が必要となったのにそれを未払金の処理に使うなどという行為は、絶対に認められません。

それに対してビジネスローンでは使用目的が定められていないので、取引先への支払いや従業員への給与、借り入れの返済、納税のための資金など、好きなように資金を活用できます。まとまった資金を借り入れしても出費が相次いで困っているときには、まさに得策だと言えそうですね。

ただしビジネスローンは事業救済を目的にしたものであるため、事業者個人の生活費に充てることはできません。その点をしっかりと覚えておきましょう。

担保と保証人の必要がない

ほかの資金調達法では不動産などを担保したり保証人を立てたりしますが、ビジネスローンではその必要がありません。そのため、何かを犠牲にしてまで借り入れたくない場合には、最適な方法となります。

そのほかにもビジネスローンにはさまざまなメリットがあります。これらをすべて確認したうえで、ご自身の事業に活用できるかを考えていきましょう。

3.実はリスク大!?ビジネスローンのデメリットと最適な活用法

簡単に借りられるビジネスローンは事業者にとって多くのメリットがありますが、気軽に利用できるからこそのデメリットや危険性もあります。ご自身の事業を脅かすほどの深刻な状況に巻き込まれるリスクも高いので、借り入れる前に十分な注意が必要です。

銀行融資と比べて金利が高い

厳しい審査や返済能力の証明を必要としないビジネスローンは、銀行融資よりも金利が高いことが第一のデメリットです。銀行融資が2パーセントの金利付きでの返済を求めるのに対し、ビジネスローンの金利は3~10パーセントとなります。

この高金利は想像以上に大きな負担となるため、ここで返済が難しくなるケースが少なくありません。また、返済が遅れると厳しい取り立てを受けることもあるため、事前に金利を確認したうえでの利用が不可欠です。

融資金額が少ない

銀行融資と比べて融資金額が少なくなることも、必ず押さえておきましょう。ローン会社や金融機関に応じての違いはあるものの、借り入れできる金額は500万円が上限となります。事業者の状況によっては申請した金額よりも減額される可能性もあるため、灸に大きな費用が必要となる場合は避けたほうが無難です。

ビジネスローンの適切な活用法とは?

こうして見ていくと、ビジネスローンはメリットもリスクも多いことがわかります。「貧すれば鈍する」というように、私たちはお金に困っているときこそ突発的な行動に走りがちですが、軽はずみな金策は我が身を滅ぼしかねません。だからこそ、資金繰りが厳しい状態であっても冷静なマインドを持つべきなのです。

ビジネスローンは例えば取引先からの支払いが遅れているときなど、後からの入金や利益が期待できる場合にのみ活用しましょう。また、ビジネスローン会社が甘い言葉で誘ってくることもありますが、その企業が信頼に足りるかどうかを事前に確認する必要もあります。

以上、ビジネスローンの強みやメリットについてご説明しましたが、同時に気軽さゆえのデメリットが発生することも押さえておきましょう。適切な使い方をすれば非常に優秀な資金調達法となりますので、ぜひ慎重な判断をしていきたいものですね。

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter