売掛金の売買代金を資金として使うことができるファクタリングとは?

売掛金の売買で資金を調達するファクタリングという方法は、現在、中小企業の資金調達の方法として活用が広がりつつあります。

融資を受けるのではなく、未回収の売掛金を売却することでその代金を得ることができることから、財務状況などが悪化していても利用できるといったことがメリットです。

 

ファクタリングの流れ

ファクタリングの流れを簡単に説明すると、ファクタリングを利用する事業者は未回収の売掛金を期日到来前にファクタリング会社に売却します。事業者は手数料を差し引かれた買取金額を現金で受け取り、その後、売掛金の期日が到来したときにその代金をファクタリング会社が回収するという流れです。

 

ファクタリングは国も推奨する資金調達の方法

もともとファクタリングは海外で生みだされた資金調達の方法で、日本であまり馴染みがないのは手形取引が主流だったことが影響しています。

ただ、バブルが崩壊したことで手形取引は近年少なくなり、主に資金調達の方法として手形を使っていた企業などはその方法を失うことになってしまいました。

ただ、中小企業は売掛金を多く保有しています。そこに目を付けた国は、深刻な資金繰り悪化で悩む企業がこの売掛債権を積極的に資金調達に活用することを推奨するようになったといえます。

 

売掛債権を利用した資金調達の方法の種類

同じ資産でも、不動産を担保とした融資などは、対象となる資産価値の見込める物件を所有していなければ活用できません。

その点、売掛金ならほとんどの中小企業が保有しているため、有効に活用しやすいといえるでしょう。

売掛債権を活用する資金調達の方法には、担保として借り入れを行う売掛債権担保融資(ABL)もありますが、融資という部分で厳しい審査を通過しなければ利用できません。

しかしファクタリングは融資ではないので、重視されるのは売掛先の信用力です。信用力の高い売掛先の売掛債権を保有していれば、有効に資金調達に活用できます。

 

スムーズにファクタリングで売掛金を現金化したいなら

さらにファクタリングは売掛債権の売買により代金を受け取るというシンプルな仕組みなので、準備する書類や審査の流れも融資よりスムーズです。

ファクタリング会社によっては、即日現金化してもらえることもあるので、急いで資金を調達しなければならない場面にも対応できるでしょう。

ただ、まずは審査を通過するときに、

などが重視されます。

さらに即日現金化を希望する場合には、

などを心かげるようにしましょう。

 

ファクタリングで資金を調達する場合の注意点

ファクタリングは資金調達の実効性が高く、柔軟な審査で現金化までのスピードも早いことが特徴です。

売掛金など売掛債権を売買し、その代金を受け取るというとてもシンプルな仕組みを利用した資金の調達方法なので、売掛代金を前倒しで受け取る感覚で利用することができます。

ただ注意したいのは、どのようなファクタリング会社に依頼してもよいわけではなく、中には悪徳な業者も雲隠れしている可能性があるということです。

ファクタリングを利用する際には手数料が発生しますが、悪徳業者にひっかかってしまうとこの手数料が法外な金額で請求されることになってしまいます。

本来の目的である資金を調達するどころか、余計な費用を支払うことになりさらに資金繰りが悪化することになり兼ねませんので、複数社から相見積もりを取得した上でしっかり比較・検討するようにしてください。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ