資金を調達するなら東京のファクタリング会社を頼ったほうがよい理由

資金調達の方法としてファクタリングを利用したいと考えたとき、ほとんどのファクタリング会社は首都圏に本社を構えていることに気がつくことでしょう。

特に東京には多くのファクタリング会社が集まっていますが、企業数が多いことで様々な取引実績があることが特徴です。

いろいろなケースに対応した経験があるということなので、もし赤字や債務超過、税金滞納などで悩みを抱えている事業者でも相談しやすいといえます。

そこで、ファクタリングを利用するなら東京のファクタリング会社がよい理由や、なぜ首都圏にファクタリング会社が多く存在しているのかなどをご説明します。

 

豊富な取引実績はファクタリング会社選びで重視するべき項目

これまで様々な事業者からファクタリングの申し込みを受け、審査を行い、契約・取引を行ってきたという取引実績が豊富であるということは、過去に銀行やノンバンクなどからは借り入れができなかった企業などとも取引を行った実績があるということをしめします。

実績数が多いということは、それだけ審査が柔軟で、通過する可能性が高いからです。また、評判を聞き付け相談に訪れる事業者の数が多いからこそ、実績の数に繋がっているといえるでしょう。

 

東京のファクタリング会社は現金化されるまでとにかく早い

急な資金が必要でのんびり融資が実行されるのを待っていられない!という場合、東京のファクタリング会社なら迅速に審査が進み、現金化までがスムーズです。中には即日現金化を可能としているファクタリング会社もあり、すぐに支払いが必要!という場面にも対応できます。

 

債権譲渡登記が必要な場合もすぐに対応可

ファクタリングで登記が必要となる場合がありますが、この債権譲渡登記は登記所として指定されている東京法務局(東京都中野区)で行います。

注目したいのは、債権譲渡登記は東京法務局のみが取り扱いを行っているという点です。もちろん、窓口に出向かなくても郵送でも受け付けは可能ですが、発送から到着まで時間がかかるので、急いで資金が必要という場面には対応できなくなるでしょう。

東京のファクタリング会社なら、この東京法務局まで直接足を運んで登記を申請することができるので、ファクタリング会社の9割以上が東京近郊に集まっているのはこのことが理由ともいえます。

 

手数料も低めに設定されることが多い

ファクタリングを利用する場合、気になるのはどのくらい手数料がかかるかでしょう。

2社間と3社間、どちらを選ぶのかということや、売却する売掛債権の金額、売掛先の診療力など、手数料を左右する項目は他にも色々あります。

東京のファクタリング会社は取引数が多いことも関係し、比較的手数料が低めに設定されている傾向が高いといえます。

 

債権譲渡登記は不要というファクタリング会社も

特に、初回利用という方の場合、手数料面で不安を抱えることが多いようですが、中には債権譲渡登記などは行わずに2社間ファクタリングを行ってくれる優良なファクタリング会社もあります。

登記が必要ないということは、登記申請にかかる様々な諸費用や司法書士に対する報酬が必要ないということです。

その分、ファクタリング会社が抱えるリスクは大きくなるので、手数料として提案される割合は登記を行う場合より高くなるかもしれません。ただ、仮に高めだとしても、登記にかかる費用が削減できれば、結果として手数料の引き下げに繋がるなど、メリットは大きいでしょう。

 

プライバシーマークを取得しているファクタリング会社も存在する

さらに東京にあるファクタリング会社の中には、徹底した社員教育の他、コンプライアンス遵守を心掛けているところが多くあります。

中にはプライバシーマークを取得しているなど、かなり優良なファクタリング会社もあるので、安心して相談しやすいことが大きな特徴です。

ファクタリングは利用者とファクタリング会社の信用取引となるため、安心して頼ることができるファクタリング会社を選ぶことが資金調達を成功させる上で最も重要と理解しておくとよいでしょう。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ