黒字倒産を防ぐにはキャッシュフローを悪化させない経営が重要!

決算書上は利益が出ているのに倒産してしまう企業がありますが、その一方で赤字決算なのに倒産せず事業を続けることができている企業もいます。

これは、会計上の収益と費用が現金の入出金と一致していないことを理由としていますが、企業が生き残るにはキャッシュフローを悪化させずプラスを維持することが大切です。

そこで、黒字倒産が起きる理由やキャッシュフローを悪化させないために重要なことをご説明します。

 

黒字なのに倒産する理由

損益計算書上は黒字だから何も問題ないと安心している企業もあるようですが、会計上の売上(収益)は商品やサービスを販売・提供した時点での計上です。

この代金が回収されているかは別問題で、入金されるまで2か月ほどの期間があいてしまうことが一般的であることを認識しておきましょう。

その一方、材料や製品などを仕入れるための代金、従業員に対する給料などは売上による代金を回収する前に支払うことになります。

このような売掛金などの関係により、会社の売上高と手元の現金が一致しないことが、黒字でも倒産してしまう要因です。

 

そもそも倒産とはどのような状態か

倒産とは支払わなければならない債務を自己資金でまかなうことができず、さらに支払いに充てる資金も調達できず経営が行き詰まった状態を示します。

その後、銀行取引停止処分を受ける、または裁判所に破産手続きを申請するといったことで、事実上の倒産に至ります。

 

キャッシュフローで何を把握できるのか

企業が注視しておきたいキャッシュフローとは、売掛金の入金や経費などの支出といったお金の流れのことで、キャッシュフローがマイナスにならないための管理が重要になります。

売上が増えればいずれは入金が増えますし、コスト削減によって支出を抑えることもできます。売上増加や費用削減により利益は増加するので、一般的にはキャッシュフローも良化するでしょう。

ただ、売上が増えればその分、生産しなければならない商品の数も増加するので、仕入れ量も大きくなってきます。せっかく売上が伸び順調に事業が進んでいる中で、仕入れ代金や経費の支払いができなければ黒字のまま倒産してしまうのです。

 

キャッシュフローと損益計算書上の利益の違い

把握しておきたいのはキャッシュフローと利益との違いです。収益は入金、費用は支出と深い関係がありますが、それぞれ計上するタイミングの違いを理解しておくべきです。

売上は商品を出荷したタイミングで計上するので、この時点で利益は増えます。ただ、売上に対する代金が回収されるのは支払サイトを経過した数か月後です。

それぞれのタイミングの間に発生する支払いに不足が生じことになるので、キャッシュフローを悪化させない管理を行うことが重要といえるでしょう。

 

赤字なのに倒産しない企業がある理由

黒字なのに倒産してしまう企業がある一方、赤字なのにずっと倒産せず事業を継続できている企業もあります。

いくら損益計算書上は赤字でも、手元に支払いに充てるだけの資金があれば企業は倒産することはないため、現金資産や流動性の高い資産を多く保有しているのか、融資を受ける際に担保として差し入れるだけの価値の高い資産を保有していることなどが理由として考えられます。

ただ、事業を営む目的は利益を出すことなので、ずっと赤字状態のままではいずれ倒産してしまうかもしれません。

 

キャッシュフローを悪化させないために必要なこと

流出するお金と流入するお金の流れであるキャッシュフローを把握し、現金が不足しない管理を行うことが必要です。

キャッシュフローを良化させるには、仕入れ代金の支払いはできるだけ先延ばしにして、売上代金はなるべく早く回収することです。

取引先に交渉して快く応じてもらえれば何も問題ないでしょう。しかし、実際には取引先の都合もあるでしょうし、無理にお願いしてしまうとよほど経営や財務状況が悪化しているのだろうと勘繰られてしまうかもしれません。

もし未回収の売掛金を多く保有していて、代金が入金されるまでの間の支払いに充てる資金不足に悩んでいるのなら、その売掛金を早期に現金化できるファクタリングを検討してみてはいかがでしょう。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ