ベンチャー企業が資金を調達するために有効な方法とは?

どのような企業でも資金調達の悩みはつきませんが、特にベンチャー企業の場合、安定して資金を調達することが難しいケースが多くみられます。

本来、ベンチャー企業といえば革新的なアイデアや技術などで成長過程にある企業のため、今後成長が期待できる部分は強みでありながら、財務基盤が弱いことで銀行融資なども利用しにくいことがほとんどです。

そこで、ベンチャー企業が資金を調達するにはどのような方法があるのかご説明します。

 

ベンチャー企業の資金調達の状況

資金を調達するときには、会社の成長段階においてどの手法を用いるか切り替えていくことになります。

ベンチャー企業も同様ですが、まだ成熟していない会社の場合にはビジネスを推進するための資金を補いたいタイミングも出てくるでしょう。

しかし、実績の乏しさ社会的な信頼度の低さが邪魔をして、思うような資金調達に結びつかないことも多々あるようです。

 

ベンチャー企業が利用できる資金の調達方法

一般的な金融機関の融資は申し込んでも断られてしまう可能性が高くなるため、最初は国などの助成金やエンジェル投資家からの出資による資金調達を行い、ある程度会社が成長していけばベンチャーキャピタルや金融機関からの融資による資金調達が多くなっています。

日本政策金融公庫の新創業融資

政府系の金融機関である日本政策金融公庫がベンチャー企業向けに行う新創業融資であれば、無担保・無保証で資金を融資してもらえます。

銀行融資よりも審査のハードルも低めではありますが、一定要件を満たす必要があります。

国や自治体の助成金や補助金

国や自治体、商工会議所などが提供する助成金や補助金などであれば、返済負担を抱えることなく資金を調達できます。

最近ではベンチャー企業など、特定分野に特化した助成金や補助金もありますので、従来よりも利用しやすくなっていることも特徴です。

ただ、申請するまでに準備しなければならない書類も多く、申請可能とする時期も限られている点には注意しましょう。

エンジェル投資家

エンジェル投資家と呼ばれる投資家から投資を受けることもベンチャー企業にとって有益な資金調達方法だといえます。

エンジェル投資家とは、創業して間もない企業を資金援助などで応援してくれる個人投資家のことです。

元々は起業家や実業家などで事業を成功させた方がエンジェル投資家になるケースが多いため、助言や有力者の紹介なども協力してくれることがあります。

クラウドファンディング

一般の方からインターネット経由で資金を募る方法です。特定のプロジェクトやベンチャーの資金調達の方法として、多くの方たちから少額寄付を通し出資を集めます。

エンジェル投資家との出会いにも繋がる上に、自社を知ってもらう上でもよいきっかけとなることから、ただの資金調達におさまらない点もメリットといえます。

ベンチャーキャピタル

主に高い成長率が見込める未上場の企業に対して出資しする投資会社がベンチャーキャピタルです。

最近ではコンサルティング会社がベンチャーキャピタル事業を行っていることもあります。

 

資金調達を成功させるためにもっとも大切なこと

資金調達を成功させるために、どれだけ綿密に事業計画を立てることができるかです。

事業計画を作成するときには、経営者の経験や実績、事業内容、市場の分析、競合他社との比較・分析、抱える課題の正確な分析など踏まえながら作ることでより現実味の増したものに仕上がります。

妥協しない事業計画を作成するようにしましょう。最近では事業計画の作成や資金調達を支援してくれるコンサルティング会社も多くありますので、迷ったときや悩んだときには相談してみることもおすすめします。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ