銀行融資で資金調達を成功させるなら事業計画書の内容がポイントに!

資金調達を成功させるためには、適切な事業計画書の作成が求められます。しかし、実際には思うような事業計画書が作成できておらず、どのように作成すればよいかわからないという方も少なくないようです。

事業計画書を作成する目的は、社内で事業計画を共有すること、企業の魅力を社外に発信して優秀な人材を獲得すること、そして金融機関や出資者に資金を提供してもらうことが挙げられます。

作成する目的や開示する相手によって書式や記載する内容は異なってきますが、資金調達を目的とする場合には、その資金が補助金なのか、それとも借り入れや出資という形を希望しているのかなどでも違ってきます。

 

銀行融資では事業計画書の提出は欠かせない

新たに事業を始めるときや設備投資などが必要となる場面において、銀行融資などの申し込みを行えば事業計画書の提出を求められます。

確かに、現在計画している事業について口頭で説明するだけでは、具体的な数字の予測などが伝わりにくいですし、信憑性に欠けると判断されてしまいます。

そこで、本当に融資や出資をしてもよいと認めてもらうためにも、相手を納得させることができる情報が盛り込まれた事業計画書を提出することが必要といえるでしょう。

事業計画書からその事業に将来性や収益性が見込めると判断されると、たとえば融資においては審査する上での時間を短縮できたり、担当者が上司に提出する稟議書の作成もスムーズに進みます。

 

事業計画書には何を記載すればよいのか

事業計画書は単に今後の計画だけを記載すればよいわけではありません。相手がその内容を理解しやすいように、数字以外の情報も盛り込んでいくことが求められます。具体的には次のような項目を記載することになります。

これらの項目が記載されていることによって、企業の概要を把握しやすくなり、これから実施していく施策や数値計画なども理解しやすくなるはずです。項目が多いので、できるだけ簡潔に、しかし明瞭に記載していくことが必要といえるでしょう。

あらわす数値には根拠が必要

事業計画書上に記載する数値は、単に今後5年くらいの見込みを表にしただけでは説得力がありません。本当にその数値を実現させることができるのか、1年間の収支の見込みに根拠があるかが重要となるでしょう。

具体的な裏付けを可能とする内容を記載し、口頭でもその説明を求められるものと想定しておくことが必要です。

色づけされた内容では意味がない

事業計画書を作成するときには、銀行融資などでは特に審査にプラスに働くような内容を意識して記載してしまいがちです。

しかし、過度な色付けで客観的な比較データは存在しないという場合、市場の分析力が甘いと判断されてしまいます。

仮に銀行融資における審査で有利に働き、借り入れができたとしても決算書上で結果が伴っていなければ、企業の信用力は低下してしまいます。

継続して融資を受けることを望むなら、銀行と長期的に良好な取引関係を築くことが大切ですので、手堅い事業計画書を作成するように心がけて行きましょう。

 

資金繰りを改善させながら適切な事業計画書の作成を

資金を調達させる方法はいろいろありますが、一時的な運転資金を確保する方法には、ビジネスローンやファクタリングなどが有効です。

しかし、新規事業や設備投資などで多額の資金を必要とする場合には、銀行融資に頼ることがほとんどとなるため、資金繰りを悪化させないようにすることに加え、適切な事業計画書の作成を行うようにしましょう。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ