サイト一括見積もりのココがスゴイ!メリットを徹底分析!

サイト一括見積もりを分析すると、他の見積もり方法と比べ、多くのメリットを有していることがわかります。

手数料コストを低く抑え、スピード感のある資金調達を実現するには、サイト一括見積もりほど優れた手段はありません。

顧客側は業者が競い合って提出した相見積もりを、「どれが自社に有利かな…」と分析するだけでOK! とても魅力的な調達方法です。

今回は、そんなサイト一括見積もりのメリットを徹底分析。自社で見積もり請求する場合と比べつつ、全てお伝えしようと思います。

メリットその1:競争意識がコストを下げる

見積もり請求時に「提示されるコストを下げたい!」とお考えの方は、間違いなくサイト一括見積もりの利用をオススメします。

サイト一括見積もりは、顧客側が提示した条件を業者が一斉に見積提示する方式です。

当然、顧客は提示された見積もりの中から、「この条件が良い」と感じたものを選ぶので、はじめから魅力的な条件を提示しなくてはなりません。

業者視点に立って分析すると、他社と競わなくてはいけないことが分かっているので、

利益を重視した割高見積もりでは、顧客の心を掴めない

とハッキリ自覚しています。契約書を作成するまでに交渉を行うとしても、「最初から選定漏れしてしまうような手数料」は決して提示できません。

もちろん、顧客側にとってこれは大きなメリットです。

顧客側がこれといったアクションを起こさなくても、手数料や諸経費は業者同士が争って「適正価格」を導きます。

メリットその2:日本中から最安を追求!

皆さんはある1つの商品に対して、すべての販売業者を挙げることができるでしょうか?

クッキーやチョコレートなどのお菓子なら、まず頭に浮かぶのが「明治」や「森永」でしょうか。誰もが知っている企業ですよね。

ところが現実には、これらの企業以外にも様々な中小企業がお菓子を作り販売しています。正直なところ、とても全社把握することは困難です。

ファクタリングについても、実はこれと同じことが言えます。

中小企業に人気の2社間ファクタリングは、大きな会社が手を出しておらず、無数に乱立しています。

しかも、その内実はまさに玉石混交といった有様。同じ債権1つ取っても、手数料を10%とする企業があれば、30%以上の見積もりを出す業者もいるでしょう。

「ファクタリング」と検索して、トップページに来た業者が安いとは限りません。
ランキングサイトで1位の企業が安いとも言えません。

仮に検索で見つかった数社を比較しても、それが最安ではありません。ファクタリング業者は全国各地に無数に存在し、多くの企業が取引を勤しんでいるからです。

最も大切なことは、「これらの業者をできるだけ多く比較する」こと。

数十あるいは数百の企業が登録する、「サイト一括見積もり」は、最安手数料を実現するためのファストパスと言える存在です。

メリットその3:業者を競わせる!

ファクタリング業者の多くはウェブサイトを有しているので、自社で選定した業者に見積もり請求する方法もあります。

「わざわざサイトを通す必要があるの?」

とお考えの方もいるでしょう。当然の疑問かと思います。

ところが、この方法では見積もりを取ることはできても、提示されたファクタリング手数料が「適切なものか?」を判断するのは困難です。

ファクタリング業者も会社である以上利益を出さなければならず、基本的には「儲かる手数料」を見積もり額として提示します。

少しいやらしい表現になりますが、

「会社にとってある程度割高な手数料」

を提示してくると言って良いでしょう。ここには当然、交渉の流れによってはある程度の減額を織り込んでいます。

ですが、皆さんは自社が有する売掛債権について、「いくらが相場か?」を判断することができるでしょうか?

ファクタリング取引の手数料は、下記のような複数の要素を分析し、総合的に判断します。決して一律の価額が存在するワケではありません。

手数料決定するための判断材料の代表例
〇 債権の額面
〇 債権の支払い期日
〇 支払い業者の信頼性
〇 取引形態
〇 特約条件

当然ですが、素人の方がこれらの要素を分析して判断を下すことは困難です。

このような事情を考慮すると、やはり自社で見積もりを分析するより、業者同士を競わせるサイト一括見積もりがお得です。

メリットその4:素早く資金を手にできる!

相見積もりは、業者同士を競わせ手数料を低くする一方で、

「複数の業者と交渉を進めなくてはならず、時間がかかる」

というデメリットを有しています。面談や交渉はもちろん、見積もりの数も交渉業者の数だけ増えるため、分析に要する時間も膨大です。

早く現金を手にしたくてファクタリングを検討しているのに、見積もり分析に想定以上の時間を要してしまっては、「スピード調達」のメリットを損ないます。

手数料と調達時間。二律背反する2つの要素を両取りするには、どのような方法が望ましいのでしょうか?

ここで登場するのが、「サイト一括見積もり」です。

サイト一括見積もりは、1回の情報入力で複数の業者に見積もりを提示するため、

〇 同時申込による、業者を検索・選別する時間の節約
〇 業者間で働く競争意識が、スピード提示を実現

このように、検索段階と交渉段階の双方で、よりスムーズな取引を促します。割安業者を探すための情報収集や、フットワークを使った会社回りは一切必要ありません。

顧客側は、業者が持ってきた見積もりをデスクに座って「比べる」だけ。

サイト一括見積もりは「格安手数料」と「スピード見積もり」を両立した、相見積もりのデメリットをカバーする方法です。

メリットその5:信頼できる業者とだけ交渉できる

詐欺まがいの取引や闇金まがいの取引を行う業者は、実は意外と多いんです。

そのため、サイト一括見積業者の中には、問題のある取引業者の「排除」を行うサイトも少なくありません。利用者が「トラブルに巻き込まれた!」と感じるようなサイトでは困るので、これは当然の話です。

顧客側の視点に立つと、こうしたサイト側の配慮は、

「信頼できる取引業者とだけ交渉できる」

という大きなメリットをもたらします。無論100%安心とは言い切れませんが、かなり落ち着いて取引できる環境です。

ところが自社で交渉した場合、取引相手が適正なものかを自身で判断しなくてはいけません。これはつまり、常に取引相手に対して「悪徳業者ではないのか…?」と疑念を持ち続けることを意味しています。

むやみに相手を疑い、不審を持ち続ける姿勢は、交渉において決して良いとは言えません。

安心して冷静な状態で取引することを考えると、やはりサイト一括見積もりの方が断然優れていると言えそうです。

相見積もりは価格面で有利に働きかける効果を持ちますが、交渉や比較分析に要する時間が長くなり、スピード感が損なわれてしまう点がデメリットです。

ところが、サイト一括見積もりなら、1回の情報入力で複数の業者が同時比較するため、通常の相見積もり以上の割安手数料と、スピード交渉が期待できる方法です。

更に、自社検索で知りえない隠れた優良業者との接触や、悪徳業者との遭遇率の低減など、表面には見えてこないメリットも満載。

これからファクタリング取引を始めようという方には、強くオススメできる取引方法です。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ