融資とファクタリングの違いは審査で重視される項目だけではない!

これまで、中小企業が資金を調達する方法として主流だったのは、銀行からの融資ではないかと考えられます。主流だったというよりは、他に資金を調達する方法が準備されていなかったことが、銀行融資に頼るしかなかった原因ともいえるでしょう。

しかし、近年では、融資ではない資金調達の方法としてファクタリングなどが注目されるようになりました。ファクタリングは売掛債権を売却し、期日より前に資金化するといった活気的ともいえる資金調達の方法です。

ファクタリングでも利用する際には審査が行われますが、融資とは異なる項目を重視する傾向があるため、比較的、融資よりも審査のハードルは低めです。

なお、融資とファクタリングでは、審査で重視される項目以外にも、様々な部分に違いがありますのでご説明します。

 

融資の審査で重視する項目

融資とファクタリング、それぞれの審査で注目される項目は異なります。この重視される項目が違うことが、審査のハードルに大きく影響を与えているといえるでしょう。

まず、融資の中でも特に銀行融資の場合は、赤字債務超過ではまず審査を通過できませんし、準備する書類や審査対応も煩雑です。

 

ファクタリングの場合は売掛先の信用力を重視

一方のファクタリングの場合、赤字や債務超過であっても、売掛債権を保有していれば比較的、資金の調達は容易にできます。

ファクタリングでは、売掛債権を売却しようとしている会社の経営状況や、損益、財務内容などはそれほど重視されません。重視されるのは、売却の対象となる売掛債権に関する取引先の信用力です。

 

銀行融資の財務内容に対する影響

銀行からの融資なら、金利も低く長期に渡り借入期間を設定できますし、実績作りにも繋がるので安心だと思うかもしれません。しかし、決算書に記載される借入金の金額が大きくなってしまえば、銀行の審査における評価は悪くなり、次の融資は実行されにくくなるでしょう。

銀行からの融資だとしても、借金であることにはかわりありませんので、返済負担が大きくなり資金繰りが悪化する可能性も否定できません。

 

ファクタリングなら財務内容と資金繰りを改善させることが可能に

しかし、ファクタリングは売掛金を現金に変化させることで資金を調達する仕組みですので、決算書の借入金が増えることはありません。むしろ、調達した現金で借入金を返済すれば、借入金を減少させることにも繋げることができます。

つまり、ファクタリングを活用することによって、財務内容を悪化させるどころか、改善させることに繋げることができ、銀行の評価も向上させることができる可能性が広がるということです。

 

重要なのはファクタリング専門業者の見極め

融資とファクタリングでの違いは審査で重視される項目だけでなく、資金調達の手法として用いることによる、その後の影響も異なるということです。

財務内容も改善されるのなら、ファクタリングを利用したほうがよいと思うかもしれませんが、安易な業者選びは資金繰りを悪化させるだけでなく、事業継続の危機に陥ることになってしまいます。

ファクタリングはファクタリング専門の業者に売掛債権を売って資金化するわけですが、このとき、悪質なファクタリング専門業者を選んでしまうと、大損する可能性があるのです。

 

優良なファクタリング専門業者を選ぶには

ファクタリング専門業者は厳しく選別することが必要となりますが、効果的な方法として相見積もりを取得する方法を検討してください。2~3社候補を選び、それぞれのファクタリング専門業者に見積もりを依頼します。

一括で相見積もりを取得できるサイトを利用すればさらに手間はかかりませんので、その中から良心的な価格設定で信頼できると感じられるファクタリング専門業者を選ぶようにしましょう。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ