中小企業が抱える資金繰りの問題の解決方法は?コロナ禍を乗り切るために

企業経営は現金に始まり現金に終わるともいえるほど、資金繰りに頭を悩ませ日々問題を抱えている経営者が増えています。

その背景には新型コロナウイルス感染拡大が関係しており、コロナ禍で資金繰りが悪化してしまったものの、資金問題をどのように解決すればよいのかわからない中小企業も少なくありません。

そこで、コロナ禍を乗り切るため・事態が収束した後もスムーズな資金繰りを目指すため、資金調達の問題をどのように解決すればよいのか解説していきます。

 

多くの中小企業が苦しんでいる資金繰りの問題

中小企業に限らず、経営においては資金調達や資金繰りの問題が常に付きまとうこととなります。

まず会社を設立する際に必要となる開業準備金を、経営者の自己資金で賄うことができなければ金融機関から融資を受けることが必要となるでしょう。

しかし金融機関の融資審査に通るには、まずは担当者を説得できる事業計画が必要です。

開業資金だけでなく、開業後に売上が上がり実績を積むまでの運転資金も必要なため、具体的な数字を提示し筋が通った説明ができれば審査に通る可能性は高くなるでしょう。

融資を受けることができ、開業直後の資金を計画通りに進めていけば、資金繰りはまわるはずです。しかし思い描いた事業とならず、資金繰りに苦しみ問題を抱えてしまうケースは少なくありません。

 

会社の資金繰りを悪化させる背景とは?

会社の資金繰りが悪化してしまうのは、想定していたとおりに商品が売れず赤字を抱えてしまうケースもあれば、競合他社に顧客を奪われたり価格競争激化に勝てなかったりなどいろいろな理由が存在します。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、売上が激減してしまった中小企業なども少なくありませんが、誰も想定していなかった事態にどのように問題解決すればよいか悩んでしまうのも無理はありません。

売上が上がらなくても、仕入れ代金や人件費などの固定費の支払いは発生し、手元のお金はどんどん減ってしまいます。

なぜこうなってしまったのか、何を改善すれば良いのか、そのような問題を抱えたまま解決できず会社が潰れてしまうといったケースもあるようです。

問題解決させたくても原因がわからずできない場合も

もし資金繰りを悪化させている原因がわかっているのなら、その問題を改善させる努力ができます。しかし何が問題なのか、原因がわからなければ改善しようがありません。

商品の売れ行きは悪くないのに、固定費を支払う段階で手元に現金がない状態が続いているときや、利益は出ているのに会社のお金は増えていないというケースがその状態です。

原因もわからず、何を改善させればよいかわからないまま、会社を潰さないように何とかお金のやりくりを続けることとなるでしょう。

しかし仕入れ代金や給与の支払い、銀行の返済資金の準備ばかりに追われることとなり、事業発展のビジョンを描くところまでたどり着けないのは経営者として辛い状態といえます。

 

資金繰り問題を解決させる方法とは?

辛い状態が続いていても、手元の資金が枯渇しなければ会社は倒産しません。コロナ禍で事業が傾き、このままでは倒産してしまう…と不安を抱えている企業は、まず資金繰りを改善させるために手元のお金を増やしましょう。

中小企業などは政府系金融機関から以外にも、民間金融機関からも実質無利子・無担保で融資を受けることができます。

新型コロナ対策の企業向けの資金繰り支援策はほぼ出そろったようにも感じられますが、政府系金融機関と民間金融機関による実質無利子・無担保融資、その他持続化給付金や雇用調整助成金などがその例です。

そしてファクタリングであれば、資金繰り対策としてお金を借りずに手元のお金を増やすことができます。

ファクタリングで資金繰り問題がなぜ解決できる?

ファクタリングは中小企業などが保有する売掛金を、ファクタリング会社に買取ってもらい資金化させる手法のことです。

融資を受けて資金調達すれば、借りたお金は返さなければならず返済負担が増えます。審査に通らなければ資金調達にもつながりませんし、融資が実行されるまで一定の時間もかかります。

給付金や助成金なら返済負担はありませんが、資金調達まで時間がかかるなどほしいときにすぐお金が手に入りません。

ファクタリングはお金を借りるのではなく、売掛金を譲渡して資金を手にする手法のため、審査もスピーディで即日入金される場合もあるほどのはやさです。

負債を増やさず決算書を汚すこともないため、資金繰りを改善させていく手法として適しているといえるでしょう。

 

まとめ

中小企業などが抱える資金繰りの問題は、コロナ禍の今だからこそ1日でもはやく資金が届くスピード感が極めて重要です。

もしも資金調達が間に合わなければ、手元の資金が枯渇することとなり会社は倒産してしまいます。そうならないためにもスムーズな資金調達を実現できる方法を選ぶようにしましょう。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ