スタートアップの資金調達で投資してもらうことのリスクとは?

もし、スタートアップのタイミングで資金をどのように調達すればよいか迷っているときに、目の前に投資をしてくれるという会社があらわれたら、すぐにでも飛びつきたくなってしまうものです。

たとえばベンチャーキャピタルなどから資金調達を検討するケースとは、大型の資金がどうしても必要という場合や、資金以外の面でも経営のアドバイスをして欲しいという場合に希望することが多いでしょう。

しかし、その反面で抱えるリスクについても理解しておかなければなりません。資金を投資してもらうかわりに、株式というその会社の一部を引き渡すことになると考えられるからです。

 

資金を投資で調達する場合に認識しておきたいリスク

ベンチャーキャピタルは、育てた企業が上場した後に株式を売却して収益を得ることを目的としています。そのため、上場やM&Aという出口のタイミングでは、会社の一部である株式を持っていなくなる存在であることを認識しておくことが必要です。

 

互いの希望が叶うことが成功の条件

ベンチャーキャピタルから出資してもらうということは、その背後にいる投資家に期待されているリターンを意識的、戦略的に行うべきです。起業家と投資家がお互いにそれぞれの状況などを理解できていなければ、いざ出口のタイミングで揉めるリスクが高くなるといえます。

ベンチャーキャピタルの立場からすると、勝手に起業家に投資をできるのではなく、起業家に選んでもらって初めて投資ができるようになります。選んでもらったからには会社が成長できるように必死で貢献してくれるでしょうし、投資を受ける企業もその気持ちにこたえることができるよう、結果を出すことに尽力しなければなりません。

 

付き合うことになるのは個人同士

ベンチャーキャピタルは会社という立場から、起業家のスタートアップに投資を行います。出口のタイミングまでは短くて数年、長ければ5~7年という期間、起業家と共に同じ船に乗ることになります。

会社という立場で支援を行うわけですが、結局のところ一緒に行うのは担当するベンチャーキャピタリストである個人です。そのため、キャピタリストとの信頼関係が何よりも大切になってきます。

どのように信頼関係を築いていくか

資金調達が必要な段階では、つい自分をよく見せようとしてしまうかもしれません。しかし、着飾った状態で信頼関係を築くことは難しくなることが予測されます。そもそもよいことばかり並べて投資をしてもらっても、話が違うとトラブルになる可能性がありますし、余計なリスクを増やすだけです。

キャピタリストと信頼関係を築くためには、本来であれば、資金調達という利害が絡むその前から接点を持って相性などを確認し、友達付き合いをした上で投資をしてもらうことが望ましいといえるでしょう。

そのような状況は難しい場合でも、事業戦略や組織、資本政策などの相談やディスカッションを行う中で、キャピタリストとスキルの信頼関係を築いていくことはできるはずです。

何度か話を重ねながら、実際に投資してもらった後でどのような支援を行ってもらえるのか、アドバイザーから補ってもらいたいと思うことなどを伝えていくことで、その後の経営のイメージをつかむこともできるでしょう。

 

投資は楽な資金調達の方法ではない

スタートアップに投資した企業が大きく成長し、ベンチャーキャピタルのリターンを生みだし、そのリターンが投資家に対するリターンを生み出します。

さらに投資がそのリターンをもとにして、ベンチャーキャピタルに大きな資金を供給することとなり、またベンチャーキャピタルは新たな起業家に資金を投下するといった流れができます。

返済不要な資金を投資してもらうということは、返済負担が増えて資金繰りが悪化するリスクなどは回避できるにしても、違う意味で抱える負担が増えることになると理解しておく必要があるでしょう。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ