急にまとまったお金が必要なときに即日融資が可能な借入方法とは?

事業を営んでいれば、月末などに急にお金が不足する事態に陥ることもあり、その場合、緊急的な資金繰りを必要とします。

真っ先に、即日融資を行ってもらえる金融機関はないかと考えた場合、ノンバンクなどのビジネスローンを検討することになるでしょう。

 

銀行の事業資金貸付は融資実行まで長い

事業者に対する貸し付けは銀行でも行っていますが、銀行が事業資金として貸し付けを行うケースとは、融資した資金が企業に本当に必要である場合です。そのため、経営状況だけでなく、何を目的に借り入れを行うのかなども明らかにした上で審査が行われるため、融資が実行されるまで時間がかかります。

ただし、ビジネスローンであれば、審査で返済能力が認められれば、資金の使途に関係なく貸し付けが行われる上に、融資までの時間も比較的短めです。

 

ビジネスローンなら即日融資が可能に

ビジネスローンは銀行とノンバンク、どちらでも商品として提供されている融資です。ただし、銀行のビジネスローンには保証会社が必ずつくことになります。

ノンバンクであれば保証会社は存在しないので、金融業者がリスクを負担する形で融資が行われるということです。

そのため、銀行のビジネスローンは10~14%前後の金利なのに対し、ノンバンクのビジネスローンは15~18%の金利が設定されています。ノンバンクのほうが金融業者が抱えるリスクは高くなる分、金利も高いと理解しておきましょう。

 

ノンバンクのビジネスローンは審査も緩め

審査基準は銀行もノンバンクも簡易的なスコアリング審査によるものですが、ノンバンクよりも低金利で、金利として得た半分程は保証会社の収入になる銀行のほうが、審査は厳しくなるようです。

資金の使途やその後の会社の成長性などは考慮されず、具体的には設定した借入期間内にしっかり返済ができるかということです。

銀行の場合、キャッシュフローで返済できると判断されれば、審査に通過できる可能性が高いといえるでしょう。

ノンバンクは、キャッシュフローがない場合でも、不動産や売掛金など万一の返済資金に充てることが可能な資産保証人がいれば、融資が実行されることもあります。

 

銀行のビジネスローンのほうが融資限度額は高い

同じビジネスローンでも、銀行は1,000万円から3,000万円の契約枠が設けられるなど、高額融資に対応してもらえますが、ノンバンクは数百万円から多くても1,000万円までと比較的少額融資の対応です。

また、銀行でビジネスローンを申し込んでも、審査の返事がくるまで1週間程かかるケースもあります。

ノンバンクのビジネスローンであれば、申し込みをインターネットから行ってから、即日融資という場合もあります。手続きが簡素化されている分、融資までの時間も短いといえるでしょう。

 

即日融資ならノンバンクのビジネスローンが便利

融資が実行されるまで時間がかかってしまうと、せっかくのビジネスチャンスを逃す可能性もありますし、支払いができず資金がショートして倒産に追い込まれる可能性もあります。

すぐにお金を準備しなければならず、日融資を希望する場合であればノンバンクのビジネスローンがよいでしょう。

 

即日融資ではなく即日現金化も視野に入れてみては?

手元にどのくらいのお金があり、不足が生じないように資金繰りの管理は徹底して行うことが大切ですが、想定していなかった支払いなどで緊急的に即日資金が必要になることもあるでしょう。

このようなときには、即日融資ではなく、即日、資産を現金化することも視野に入れてみましょう。

売掛金などの流動資産を現金化するファクタリングという方法なら、借り入れを行わなくても即日キャッシュを手にすることができます。

短期的にビジネスローンで資金を調達するのも悪くはありませんが、借り入れを増やすことは返済負担を増やすことにも繋がります。その後の資金繰りに悪影響が及ばないためには、返済の必要性がない方法を検討したほうがよいかもしれません。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ