見積を徹底精査せよ!理想のファクタリング業者は?

急な資金調達だからこそ見積の精査は欠かせません。特に複数の見積を比較することで、

〇 手数料を安く抑えることができるか?
〇 希望日時に調達できるか?
〇 目標金額に達しているか?

など信金調達に欠かせない要素を洗い出すことが可能です。

今回は上記3点のポイントを中心に、見積を精査方法をご紹介しようと思います。

実は数多くある資金調達において、ファクタリングほど見積が重要な取引はありません。誰もが知る大企業から聞いたことがない零細企業まで、多くの企業が様々なサービスを提供しているからです。

〇 手数料
〇 納期
〇 目標金額

資金調達で精査すべき項目は多岐にわたります。こうした状況において、ただ1社の見積を眺めているだけでは、「本当に良い取引条件なのか?」と言う根本的な部分は見えてこないでしょう。

最良の取引条件を実現するためには、基本的に複数業者を比較する「相見積もり」を取ることが重要です。手数料や納期・目標金額をシンプルに整理。比べてみて下さい。

自然と「この業者が一番いい!」と感じることができるはずです。

手数料を徹底比較

ファクタリング取引は、他の資金調達方法と比べて便利でスムーズである一方、手数料の幅が広く業者ごとにサービスの落差が激しいところが特長です。

特に2社間取引は「10%~35%」が相場の振れ幅が大きく、中には40%、50%といった事例も見られます。100万円の債権取引に使用した場合、手数料だけでも受け取れる金額は「65万円~90万円」と大きく変動します。

更に、実際にはここから登記の必要経費や着手金などが差し引かれ、最終的に受け取れる金額は半額以下というケースも。

1社見積に任せて丸投げするのはあまりにもリスキーです。ファクタリングにとって、相見積による精査を行わないことは、ある意味致命的とも言えるでしょう。

手数料を軽視してはいけません

ファクタリング取引と比べると、他の資金調達の金利幅なんて、かわいいもの。例えば銀行融資なら、どこで取引しても利幅は「小数点~数%」レベルです。

ファクタリングの手数料相場である「10%~35%」と比較すると、その差に唖然とする方も多いのではないでしょうか。

こうした背景もあり、銀行や消費者金融で融資を希望する場合、まず前段階である「融資にパスできるか否か」が重要な判断基準となります。銀行や消費者金融は貸し倒れを恐れるあまり審査が非常に厳しく、中々お金を貸してはくれません。

皆さんも、銀行や消費者金融による資金調達を検討する際に、まず「審査の厳しさ」が頭についてしまうのではないでしょうか。

相見積もりで徹底精査!

ファクタリングの手数料は、取引債権のリスクや満期日・額面などの様々な評価項目により決定されるため、見積を出るまで一概に相場観を知ることはできません。

〇 債権はきちんと回収できるのか?
〇 金額はどの程度なのか?
〇 満期日はいつなのか?

ファクタリング業者は持ち込まれた債権に対して、上記の様な審査項目を中心に手数料を決定します。

ただし、顧客であるわたしたちが提示された見積を見ても、その見積が適切なものか否かは判別することができません。

そのため、見積の精査を希望する場合は、同時に「複数社」の相見積を請求することをオススメします。候補となった業者の見積を比較して、

〇 どうしてこのような評価額に至ったのか?
〇 評価にあたってどの要素を重視しているのか?
〇 他のプランであればどのような条件になるのか?

など詳しい質問を展開して、最良の取引条件を引き出しましょう。

手数料はファクタリング取引における最重要ポイントなので、安易に妥協するのは考えもの。納得のいく条件を引き出すために、交渉を持ちかけるのも1つの手です。

納期は守られているのか?

意外に見落としてしまいがちなのが、納期に関する問題です。

ファクタリング業者は他の資金調達と比べて「スムーズな現金化」がメリットなので、あまり納期が遅い契約は条件が良いとは言えません。

〇 「希望する期日までに現金が振り込まれるのか?」

とくに、この部分は必ず精査することをオススメします。手数料を重視するあまり納期を満たせなければ、本末転倒もいいところ。

また、「スピード調達がウリのファクタリング取引なのに、どうして納期を心配するのか?」とお考えの方もいるかもしれません。

実際、ファクタリング業者の多くはスピード感のある広告を展開しており、「即日は無理にしても2日~3日程度で手に入るだろう」と思わせるには十分。

「明日までお金が必要!」と言った極端な例を除いて、まず大丈夫そうな印象です。

意外に時間がかかる業者も

ところが、実際には「入金まで1週間以上の時間を要するファクタリング業者」も少なくありません。

実際にファクタリングを行うためには、

〇 債権が本当に存在するかを確認
〇 取引先企業の経営状態を確認
〇 債権の登記に関する手続
〇 具体的な見積金額の査定
〇 契約書の作成・捺印

ざっと思いつくだけでも、これだけの処理は必要です。誰が考えても、これだけの確認を即日完了させるのは、難しいと言わざるを得ません。

結論として、広告通り1日~2日の入金スピードを達成するためには、それだけの体制が整った企業でなければ不可能だと言えるでしょう。

見積で透けるホントの部分

納期に関しては、見積書に記載されている部分が全てです。

見積書で提示された納期と実際の納期が大幅にズレ込む事は珍しく、複数社の見積を取得して希望にかなったものを選択しましょう。

また、取引フローを分担化・効率化することで、本当の「スピード審査」を実現している業者も少なくありません。

無闇に短いからと疑わず、相見積で精査することが大切です。

目標金額に達しているか?

ファクタリングは手数料以外にも、「諸経費」と「掛目」の2つの要素により最終金額が決定します。ファクタリングにおける掛目は、取引債権の種別ではなく個別的要素により変動することもあり、無視できない要素です。

特に掛目を利用している業者に対しては、見積に掛目の記載を希望することで、「最終的に受け取れる金額」を明示してもらうように心がけましょう。

手数料等の条件が良くても、掛目を低く設定されてしまっては目標金額に届きません。

また、掛目は債権の品質によって変動するため、相見積もりで精査することも忘れずに。基本的には掛目を高く評価してくれる見積ほど有利です。

(掛目を低く設定する場合、その債権そのものの評価値が低く、手数料が割高になる可能性もあります)

諸経費の内訳も要チェック

特に取引債権の額が小さい場合、諸経費が思わぬ負担に作用します。債権保全のために必要なコストが大部分を占めますが、中には着手金などを請求する業者も存在します。

また、手数料に諸経費を含めて表示する業者も少なくないので、諸経費ゼロで取引できるファクタリング業者も少なくありません。別途請求されないか不安な場合は、業者に対して質問を行うと良いでしょう。

なお、ファクタリング取引の手数料は、消費税非課税です。万が一課税する業者がいる場合、100%悪徳業者と言い切れます。こうした業者との取引はトラブルの原因となりますから、慎重に精査する必要があるでしょう。

ファクタリング業者は諸経費についても、金額幅が広い取引です。あまり大きな金額差にはなりませんが、相見積で比べてみるのも良いでしょう。

ファクタリング業者を精査する場合、相見積による比較検討が最良の選択です。同じ商品(債権)を基準に複数社を比べて選ぶことができるため、手軽で簡単に優良業者と出会うことが可能です。

また、企業によっては複数の取引プランを用意しているケースも存在します。自社の希望に沿わないからと諦めず、自身が重視したいポイントを出してみるのも1つの手です。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ