ファクタリングは建設業にとって有効な資金調達方法!その理由とは?

家を建てたり道路を作るインフラ整備を行ったり、公共施設の施工をしたりと、私たちの生活の基盤となる建物の建築を行う建設業者は、日本が発展していく上で欠かせない事業です。

その建設業者が行う資金調達の方法といえば、一般的に銀行からの融資を検討することが多いでしょう。しかし、これまでの銀行からの借り入れからファクタリングに移行する建設業者も少なくないのは、ファクタリングが資金を調達する上での有効性が認められた証拠といえます。

今後はさらにファクタリングを利用する建設業者は増えていくと考えられますが、なぜ建設業者の資金調達にファクタリングが有効なのか、注目される理由を解説します。

 

銀行融資だけに頼ると資金ショートする可能性もある?

建設業者が行う資金繰りは、支払いや前受けが先行する取引があるなど、他業種と比べると複雑になりやすい特徴があります。

書面上は利益が出ていても資金繰りが楽であるとも限らないので、資金がショートしないように3か月から半年先までのお金の流れを把握しておかなければなりません。

高額になる売掛金に、支払いサイトが長めになりやすいことなどが、運転資金を不足させる大きな要因です。

運転資金が不足しないためにも、資金調達の方法は銀行融資だけでないことを知っておくべきといえるでしょう。

 

下請業者に依頼するときにもまとまった資金は必要に

建設業で行う取引は、依頼を受けた工事を行い、完成した後に建物の引き渡しが行われて完了する「請負契約」が基本です。工事代金は完成した建物が引き渡されると同時に受け取ることになりますので、それまでにかかる数千万円や数億円規模の費用を立て替えることは容易ではありません。

そのため、代金の一部は前金として支払われることになることが一般的ですが、これは請け負った工事を下請業者に依頼するときも同様です。

工事が完成すれば代金を受け取ることができるけれど、今、運転資金として動かすことができる資金が欲しいという場合や、一時的に資金を調達したいという場合など、建設業者に起こりがちな資金不足をまかなう方法としてファクタリングは有効といえます。

 

銀行融資にはない魅力がファクタリングにはある!

銀行融資での資金調達でもよいと考えられる場合もあるでしょう。しかし、申し込みから融資実行まである程度時間がかかることや、税金滞納や赤字経営などの場合は審査に通らず借入れができないこともあります。

また、利益率や事業成長率などが融資金利を上回っていなければなりませんし、支払いサイトが長期の契約が増えることで負債も増加し、状況によっては新しく借入れできなくなる可能性も出てくるでしょう。

借入れが増えることは、財務諸表の見た目にも影響しますが、ファクタリングはその心配もありません。保有している売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらい、将来の入金を早期で受け取る資金調達方法がファクタリングです。

会計処理の方法も、ファクタリング業者に支払った手数料を費用として計上し、資産が減少するだけです。貸借対照表の印象が悪くなることがないため、取引先や銀行の目を気にする心配はありません。

 

ファクタリングが建設業にぴったりの資金調達方法である理由

建設業の支払いサイトは2~3か月後になることは当たり前なので、その間、入金がなされない状態においての運転資金が必要です。

建設業者がファクタリングを資金調達の手段として使うことのメリットは、売掛金に問題がなければ迅速な審査で現金化できること、利用する企業の経営状況は重視されないこと、ファクタリングで負債は増えないことなどが挙げられます。

経営が苦しいと感じている建設業者でも、確定した売掛金を上手く活用して早期に運転資金を手に入れることが可能です。

新規で開業したばかりのときや、仕事が減少した時期など、支払いサイトを調整することを目的として活用することもできますので、資金調達方法として検討してみるとよいでしょう。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ