コツを紹介!ファクタリング上手に相見積もりを取る秘訣

ファクタリングに満足度の高い取引を求める場合、「コツをおさえた相見積もり」が欠かせません。

ところが、多くの方はただ見積もりを求めるだけで、単に提示された条件を比較しているに過ぎません。これでは、本当に良い条件での取引を実現することは不可能です。

今回は、ファクタリングで相見積もりを上手に取るためのコツに触れ、資金調達のポイントに深く踏み込もうと思います。

相見積もりを上手に取るためのコツとは?

相見積もりを上手に取るコツは、以下の3点です。

・足元を見られないように注意する
・困った業者に注意する
・時間的な余裕こそ上手な取引のコツ
・最初に小口の資金を取引する
・交渉のポイントを抑えておく

順番に確認しようと思いますので、まずは見て行きましょう。

相見積もりを上手に取るコツその1:足元を見られないように注意する

ファクタリング利用者の多くは、「急な資金調達」に迫られて取引を開始します。

もちろん、数ある資金調達の中でファクタリングを選ぶからには、それなりの急ぎの理由や事情があるものと推察します。

しかし、交渉事において「焦り・急ぎ」を知られることは、自身にとって大きな不利益。

交渉相手に「期限までに間に合わないと困ってしまう」という心理を見抜かれると、足元を見られかねません。手数料や諸経費における減額交渉には、なかなか応じてくれないでしょう。

また、焦りや急ぎの心理がマイナスに働き、ご自身が焦りから誤った決断を下してしまうかもしれません。

実際、「相見積もりや交渉を通じていれば、もっと安い金額での取引ができたのでは…」と後悔している経営者の方は、数多く見受けられます。

相見積もりを上手に取るコツその2:困った業者に注意する

相見積もりに対する各社の反応はそれぞれで、こちらの指定した期限通りに見積もりを出してくる業者ばかりとは限りません。

・ 相見積もりと言った瞬間、見積もりを断ってくる業者
・ 期限を過ぎても連絡せず、忘れた頃に出してくる業者
・ 正確性の低い見積もりを出し、内容変更・追加料金を迫る業者

など実に様々な「困った」業者が存在します。

これらの業者に直面した時に、交渉を続けるのは時間の無駄です。特に期限や期日を守らない業者とは、取引を続けてもなんら得るものは無いと言って良いでしょう。

見積もりの期日を守らない業者が、入金日や期日を守ってくれると言い切れるでしょうか。資金調達は失敗の許されない取引です。

対策:余裕のある期日を指定する

悪徳業者の中には、割安設定の見積もり書で引き込み、他社を断った頃になって追加料金を請求する業者も存在します。

こうした被害が生じた時に時間的な余裕がなければ、再度他の業者を探すことも難しく、泣く泣く契約という憂き目に逢うかもしれません。

もちろん、ファクタリングの見積もりには「入金日」の伝達が必要です。

ただし、業者に伝える入金日は、本当にお金が必要な日よりも余裕のある日付を設定すべきであり、決してギリギリを指定すべきではありません。

ファクタリングの上手なコツとは、実はこのように「損しかねない状況での取引を避けること」です。

相見積もりを上手に取るコツその3:時間的な余裕こそ上手な取引の秘訣

ファクタリングの相見積もりは、単独取引と比べて多くの労力・時間を要します。

そのため、ファクタリングで相見積もりを取る時は、コツ1でご紹介した「足元を見られる問題」とは別に、時間的なゆとりを持つべきです。

ファクタリングの相見積もりに費やすことになる労力・手間

・ 業者の検索 … 2社間ファクタリングを引き受ける業者の大半は中小企業です。そのため、自社の所在地近くの業者を探すだけでも大変な時間がかかり、探すだけでも大変な時間を費やします。

・ 業者の選別 … ウェブサイトなどで比較する場合、各社の手数料やサービスを見比べなければなりません。また悪徳業者が紛れ込んでいる場合もあるため、連絡先の確認やオフィス訪問など、調査も大変です。

・ 見積もりの請求 … 見積もりを出すための時間は、各業者一定とは限りません。大抵の優良業者は1日~1週間で提出しますが、中には1カ月程度の時間を要する業者も。

・ 交渉・条件確認 … 交渉や条件確認に対する時間も必要です。自社に不利な条件や特約が無いかなどを確認するためには、実際にオフィスに訪問して直接話を聞くなど、フットワークを活かしたアクションが求められます。

このように、いざファクタリングで資金調達をするとなると、多くの労力や時間が必要です。

相見積もりを取るということは、これらの「手間・労力」が倍加することにほかならず、十分な時間の確保が、そのまま「上手に相見積もりを取るコツ」に繋がります。

相見積もりを上手に取るコツその4:最初に小口の資金を取引する

最も安全にファクタリングするための方法です。

将来的に大きな資金需要が見込まれる場合、最初に小口の資金でテスト的に取引を入れてみましょう。

ファクタリングは債権の買取に過ぎず、各社は債権の手数料や諸経費が異なるだけと思われがちです。

しかし、実際には各社サービスの質や企業としての信頼性に差があります。

特に大きな取引や継続的な取引においては、「会社同士の信頼関係」が重要で、この部分は実際に取引をしてみなければわかりません。

そのため、最初に小口の資金をファクタリングに出し、各社に見積もりを求めてみるのも1つのコツです。

相見積もりを上手に取るコツその5:交渉のポイントを抑えておく

ファクタリングの相見積もりは、出揃った見積もりを見比べて終わりではありません。

出揃った見積もりの中から自社の理想に近いものを選び出し、それが自社にとってより好ましいを思える条件になるよう交渉すべきです。

ただし、この交渉は「ただ安くしてほしい」などと伝えるだけではなかなかまとまりません。

・どのサービスを変更するのか具体的に指摘する
・改善する必要のある理由や根拠を示す
・「即決」などの交渉テクニックを駆使する

上記のように、自社が変更を求めたい部分や理由が、交渉相手の理解を得られるように伝えるべきです。

相見積もりの場合、他社から提供された見積もり書も有力な武器となり得ます。本命となる企業を説得するためにも、有効活用を心がけましょう。

時間や手間などの負担を減らすには?

相見積もりで避けられない「時間や労力」の消耗を避けるには、ファクタリングの専門サイトによる一括見積もりサービスがオススメです。

専門サイトでは経験豊富な資金調達のスペシャリストが事前に業者を厳選、選別しているため、優良・良質なファクタリング業者とだけコネクションを持つことができます。

また、利用側は一度の情報入力で作業が済むので、業者ごとに見積もり情報を伝える必要も無し。

ファクタリング業者の検索・選別に係る手間や労力を、大幅に省力化することが可能です。

ファクタリングの専門サイトによる一括見積もりサービスを利用するメリット
・ 選別された優良サイトとのコンタクト → 選別の労力を省力化
・ 一度の入力で複数の業者とのコネクションを持てる → 検索の労力を省力化
・ 相見積もりによる利便性 → 想定期日内に出した業者とだけ比較可能

もちろん、サイトを通じてコンタクトを取ることになった業者を、他のファクタリング業者と比較する行為も問題ありません。

ファクタリングの専門サイトによる一括見積もりサービスは、自社にとって最も望ましい条件を最小限の手間と労力で実現する、最良のコツと言えるでしょう。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ