競合他社とここを比べろ!ファクタリングの見積もり

相見積もりは、複数の競合業者を比較して最適解を求めるもの。比較を通じて理想的な取引の機会を得られるなら、これほど素晴らしいことはありません。

ところが、ファクタリングの見積もりの比較ポイントは多岐にわたり、「実際にはどの部分を比較したものかわからない」というケースも。

あらゆる取引は価格だけでなく、サービスの質や業者の信頼性が問われるため、単純に決められない部分もありますよね。

そこで今回は、ファクタリングで競合他社を比較するときのポイントを解説。自社にとって望ましい最適解を得るための方法を解説しようと思います。

手数料を比較する

ファクタリングは支払料金の大部分を手数料が占めています。

よって、手数料は最も比較したい部分。交渉によって減額を狙うべき部分でもありますから、手数料はできるだけ早期に出してもらいましょう。

もっとも、ファクタリング手数料は様々な要素により決まります。

電話1本入れて、「500万円ほど調達したいんだけど、見積もり出してくれる?」で済む話ではありません。

そのため、相見積もりを検討する場合は、業者側が必要とする情報を全て提供して、精度の高い見積もりが得られるように工夫しましょう。

諸経費を比較する

手数料が安いから最終コストが安いとは限りません。

ファクタリングには着手金や契約金、事務手数料などの各種諸経費が求められます。

なかには手数料を安くしておいて、諸経費で利益をあげるというファクタリング業者もありますので、安易に手数料の安さだけにつられてはいけません。

更に言えば、ファクタリング業者の中には見積もりにて「諸経費等」とまとめて記載する業者も存在します。

この場合は必ず「一式」の内容を確認し、追加料金や別料金などの可能性をチェックしておきましょう。

競合他社との競争に打ち勝つために、書類上の見積もり額だけを安くしている業者かもしれません。

司法書士報酬を比較する

2社間ファクタリングは多くの場合、債権登記のために司法書士への依頼を行います。

ところが、司法書士に対して支払う報酬は、業者によってまちまち。中には相場を大きく逸脱した業者も存在します。

もちろん、あまりにも高額な手数料を課される場合、その業者は選定から外した方が無難です。地域によって若干の相場がありますが、

サービス面を比較する

サービスには色々なものがあります。特に下記のものが重要な比較点となり得るので、順番にチェックを進めましょう。

・対応はスムーズか?
・説明は丁寧で信頼できるものか?
・継続取引の魅力を感じるか?

対応はスムーズか?

ファクタリングは、資金調達の中でも特にスピード感が重要な取引です。

一度申し込みをすると、トントン拍子で取引が進むので、できるだけ素早いレスポンスが期待できる業者を選択すると良いでしょう。

例えば、1カ月先に200万円の調達を考えている状況で、見積もりが出るまでに2週間も3週間も待たされたと想像してください。

最終的に1カ月後に契約可能だとしても、こちらが見積もりを見て熟慮する期間は1週間~2週間しかありません。

資金調達は企業の命運を分ける重要な決断なのに、これでは十分な熟慮期間があるとは言えませんよね。

ファクタリング業者を選ぶ時は、なるだけスムーズで精度の高い見積もりを出してくれる業者を検討すべきです。

説明は丁寧で信頼できるものか?

見積もり書に対する説明の姿勢で、その業者の質が見えてきます。

これまで述べて来た通り、ファクタリングの見積もり書はただ金額を記したものではありません。

時に省略・時に特約など、様々な条件が課されているので、提示された見積もりに対する的確でわかりやすい説明は非常に重要です。

あらゆる契約において「思っていたのとは違う!」はよくある話。その原因の大部分は、業者の説明不足に起因しています。

「諸経費等とは、具体的にどこまでカバーされているのか?」
「何か追加料金がかかることはあるのか?」
「この見積もり書は、司法書士報酬が含まれているのか?」

どのようなことでも構いません。見積もりや面談の際には質問を行い、これに対してきちんと答えてくれるかとしっかりと観察しましょう。

継続取引の魅力を感じるか?

ファクタリング業者の中には、継続取引による割引を実施している企業も存在します。

特に毎月の債権を一定期間ファクタリングする場合など、長期ビジネスにはとても有効。

継続して取引を行い信頼関係を構築することで、手数料の減額や減免の他、審査をより柔軟に行ってもらえるなど、様々な恩恵が期待できます。

あらゆる取引において、信頼関係ほど重要なものはありません。

継続取引が与える恩恵は、わたしたちが考えている以上に重要です。

こんな業者はアウト!選定から外すべき3つのダメ業者

最後に、相見積もりから外すべき3つのダメ業者を解説しようと思います。いずれも取引の誠実さを欠きトラブルに見舞われる可能性があるので、要注意です。

競合から外すべき3つのダメ業者
・納期や期日を守らない
・不当な料金を請求する
・連絡先が不明瞭

納期や期日を守らない

見積もりの期限を守らない業者は、どれほど魅力的な条件でも取引を避けるべきです。

相見積もりは基本的に時間的な猶予を確保して行うものですが、肝心の入金期日に遅れるようでは困ります。

ビジネスにおいて、期限や期日は最低限守るべきルールです。

期日を守らない業者と取引を続けても、あまり良いことはないでしょう。

不当な料金を請求する

不当な料金を求める業者とも、当然取引を中止すべきです。

特にファクタリングに多いのは消費税でしょうか。悪徳業者の中には、本来非課税の取引に対してなぜか課税してきます。

もちろん、指摘すると訂正してはくれるでしょう。

しかしながら、こうした不誠実な見積もりを提出する業者は、やはり信用できるものではありません。

連絡先が不明瞭

昨今はネット完結のファクタリング業者も増えており、必ずしも面談を行うとは限りません。

しかし、ネット完結だからといって、連絡先を確認しないのは問題です。

ファクタリング業者の中には規制逃れを目的としたヤミ金業者も紛れ込んでいるので、必ず連絡先の確認は行いましょう。

特に携帯電話の番号しか記載していない業者は要注意。090金融と呼ばれるヤミ金業者かもしれません。

資金調達専門の一括見積サービスで質の良い競合企業を比較!

資金調達専門サイトの一括見積サービスは、上記の不安を一挙に解決するサービスです。

長年資金調達に携わった金融のプロが、独自選定した業者を紹介するため、悪徳業者や不当な業者を避けつつ、業者の見積もりが得られます。

更に、1回の相談で複数の業者とのコネクションを持つことができるところも魅力的。プロが選定した優良業者同士を比較できるので、質の良い競合比較が期待できます。

相見積もりと言っても、「悪徳業者or普通の業者」ではあまり高い効果は期待できません。

優良企業のみを紹介する資金調達専門サイトを活用することで、相見積もりを「優良業者or優良業者」という構図の、質の高い形に持っていくのがベストでです。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ