理想的な資金調達の進め方は?見積もりや流れを徹底解説

自社にとって理想的な資金調達を模索するには、正しい進め方で業者を選別し、見積もりでの比較が欠かせません。

資金調達の進め方は人それぞれですが、代表的なものは以下に記載します。

資金調達や見積もり請求の進め方

1、自社の状況を把握する … 目標金額は?期限は?
2、資金調達の方法を選別する … どんな調達方法が良いか?
3、候補企業を選別する … どの企業に見積もり請求するか?

例えば、当サイトではファクタリングをオススメしていますが、どんな企業にもファクタリングが最適と言い切れるものでもありません。

まずは見積もりを取るまでの流れを、ステップ別にご紹介。一般的な資金調達の進め方とその概要を把握しましょう。

進め方1:自社の状況を把握する

あらゆる取引において、自社の目標を見失ったまま進める話はあり得ません。

資金調達においてもこれは同様です。まずは自社の置かれた状況を整理し、資金調達の目標設定を行いましょう。

「そんなの誰だってやるよ!」とお考えの方もいるかと思いますが…いざ苦境に追い込まれると、現実を直視できないケースは多いもの。

辛い現状を打開するためにも、気力を振り絞り情報を整理する姿勢は大切です。自社の置かれた状況を把握しましょう。

整理すべきポイント

〇 目標となる金額 … 経営再建・事業拡大を行うためにいくら必要なのか?
〇 調達すべき期限 … 何日後までに調達すべきなのか?
〇 自社の置かれた状況 … 赤字経営や負債状況など不利になる材料は?

特に目標となる金額や期限については、正確に洗い出すことが大切です。曖昧な調達基準を排除して、無駄のない進め方を講じましょう。

進め方2:資金調達の方法を選別する

資金調達の「方法」には、色々な種類が存在します。

誰もが知る銀行の担保融資やノンバンクのビジネスローン、更には中小企業にピッタリのファクタリングなど、資金調達の手段は多種多様。

当サイトではファクタリング取引をオススメしてはいるものの、全ての企業にとってファクタリングが最適とは言い切れません。

自社にとって理想的な資金調達の進め方を模索するには、自社が取ることのできる調達方法のうち、最適となる答えを見つけるべきです。

資金調達方法の代表例

〇 銀行借り入れ … 金利が安く多くの金額を調達できる。反面、調達期日が長くなりがちである上に、与信審査が厳しく提出書類も複雑。

〇 ノンバンク借り入れ … 与信審査が柔軟である上に、銀行と比べて調達期日がスムーズな傾向。しかし、銀行と比べると金利は明らかに高い。

〇 政府系融資 … 金利は非常に低金利。純粋な助成金や補助金制度も存在するため、調達コストが少ない点がメリット。ただし、調達期間は非常に長く、提出書類も厳格。

〇 ファクタリング … 急速な拡大を見せる取引方法。債権を売却することで多額の資金を調達できるだけでなく、調達スピードがスムーズ。更に信用情報の影響を受けず、調達リスクが小さい。

〇 その他借り入れ … 友人・知人から借り入れる。クラウドファンディングで調達するなど、資金調達の方法は多種多様です。

金融機関の借り入れを検討すべきケース

金融機関の借り入れを検討すべきケースは、概ね以下の通りです。

〇 金利を低く抑えたい
〇 経営状態に自信がある
〇 提供すべき担保が存在する

金融機関の中でも、特に銀行系のローンは低金利。政府系融資と比べて扱いやすく、ファクタリングの手数料と比較して割安感が高い取引です。

そのため、金銭的な損失を低く抑えつつ、多額の資金調達を実現したい方にはピッタリの取引だと言えるでしょう。

ただし、金融機関は以下の理由から、審査が厳しいというデメリットも存在します。取引実績も信用も無く、赤字経営状態の企業にとっては、狭き門と言えるでしょう。

金融機関の審査が厳しい理由

〇 財務状況をチェックされる … 赤字経営の中小企業には厳しい
〇 事業内容や展望もチェックされる … 将来的な回収リスクを不安視する
〇 経営者の信用情報をチェックする場合も … 金融ブラックだと審査が不利に

ファクタリングを検討すべきケース

ファクタリングは数ある資金調達の中でも、以下のニーズをお持ちの方にオススメしたい調達手段です。

ファクタリングを推奨したいケース
〇 調達に長い時間をかけられない
〇 金融機関にバレたくない
〇 与信審査に不安がある

銀行やノンバンクの融資審査の進め方は、「自社を調べる」ことからはじまります。

当然審査対象となった企業は、財務状況や経営状態を徹底的に調べられ、問題があると直ちに不利になってしまいます。(苦しいから借りたいんだ!という経営者の立場にとって無情と感じることも)

ところが、ファクタリングは融資ではなく債権買取です。そのため、審査の進め方において、金融機関からの借り入れのように「自社の状態」を重視しません。

当然これは、経営状態や与信情報に不安を持つ企業にとって大きなメリット。ファクタリングを行えば、これらの情報の影響受けず・与えず、資金調達が実現します。

つまり、自社の経営状態が多少悪くとも、「審査落ち」を過度に不安がる必要はありません。

また、ファクタリング業者は債権買取であるが故に、融資のように「お金をきちんと返してくれるか?」を気にする必要もありません。

資金は売掛先から回収するため、自社の経営状態よりも売掛先を重視して判断を行います。また、資金調達後の自社の経営状態をあまり気にしません。

だからこそ、赤字であってもあまり大きな問題が無いのです。

上記の点から、ファクタリングは資金調達において、不利な立場の中小企業に最もオススメしたい手段です。

進め方3:候補企業を選別する

目標となる調達手段を絞り込んだら、いよいよ取引企業の選択をはじめます。

もちろん、既に付き合っている金融機関がある場合は問題ありません。基本的には継続取引を行った方が条件的にもお得です。

しかし、そうした金融機関が「頼れないor付き合っている企業が無い」場合は、新たに調達する金融機関を探す必要に迫られます。

自社が求める条件に沿った企業を洗い出し、見積もり請求からはじめましょう。自社での選別に自信が持てない場合は、「資金調達の専門サイト」の利用をオススメします。

「資金調達の専門サイト」では、資金調達のプロが寄せられた相談内容をあらゆる角度から徹底検討。相談企業にとっても最も良いと思われる調達手段を説明・提案します。

また、取引において不安を残す割高業者や悪徳業者を排除し、厳選した企業を紹介するため、見積もり請求時も安心です。

相見積もりでより理想的な条件を追求!

候補となった企業を選ぶには、見積もりによる比較が最もオススメ。

同じ案件に対して複数企業に見積もりを求める行為を「相見積もり」と言いますが、相見積もりは自社の利益を追求するために欠かせない手段です。

例えば、1社の見積もりだけでは、提示された条件を確認しても、

〇 高いのか安いのか?
〇 もっと早く調達できないのか?
〇 不利な条件がついていないか?

上記のような「取引の良否を判別する重要な情報」を知ることができません。これらの情報は基本的に、他社と比較して初めて見えてくるものだからです。

このような視点に立つと、資金調達の進め方において「他の条件との比較」は欠かせないことは明白。

結論として、見積もりを取るときは基本的に相見積もりであることを伝え、金融機関を他社と競わせるスタンスが、賢い進め方だと言えるでしょう。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ