中小企業向け資金調達手法とは?見積もり比較で低コスト調達

ビジネスローンに助成金、ファクタリング…資金調達には色々な手法が存在します。数ある調達方法のうち、見積もりを参考に最も賢いものを選ぶことが大切です。

ところが、社債発行などの豊富な選択肢がある大企業と比べて、中小企業や零細企業にとって打つべき選択肢は多くありません。

そこで今回は、中小企業の資金調達をテーマに、検討すべき代表的な手法をご紹介しようと思います。

急に事業資金が必要になった時、皆さんはどのような資金調達手法を思い浮かべますか?

〇 銀行系ビジネスローン
〇 消費者金融系ビジネスローン
〇 ファクタリング取引

資金調達には色々な手法がありますが、スピードと信用力を考慮するとこの辺りでしょうか。順番に特徴を解説しますので、一緒に見て行きましょう。

銀行系ビジネスローンのメリット

銀行系ビジネスローンは、文字通り銀行から事業者向けの金融商品を紹介してもらう手法です。平たく言うとお金を借りるとお考えいただければと思います。

さて、銀行系ビジネスローンのメリットをまとめると、以下の通り。

〇 借入限度額が非常に高い
〇 金利が安い
〇 多様な金融商品が存在する

銀行系ビジネスローン全般に言える話ですが、「借入金額は非常に高い」ところは最大のポイント。担保や保証人の供出が得られれば、数千万円以上の借入も決して不可能ではありません。

また、消費者金融系のビジネスローン比較して、見積もり時に提示される「金利が安い」ところも特徴です。ビジネスローンの金利は自社の信用力や担保の供出額により変動するものですが、銀行の場合はいずれのケースにおいても、消費者金融のローンより安値をつける傾向にあります。

最後に、銀行の金融商品は消費者金融やファクタリング業者と比べて、商品や各プランの種類が非常に多いです。そのため、利用者は担当者に相談することで、希望するサービスを見つけやすいという長所も有しています。

消費者金融系ビジネスローン

消費者金融系ビジネスローンは、基本的に銀行と対比する形にある商品です。銀行と比べて総じて審査スピードや審査の難易度も低く、信用力に不安の残る方でも承認を得られやすいと考えられています。

消費者金融系ビジネスローンのメリットは、

〇 審査スピードがとてもスピーディ
〇 信用力が低くても審査に通過しやすい
〇 担保や保証人が不要なケースも多い

と言ったところでしょうか。基本的には銀行系との比較になります。

消費者金融系ビジネスローンの最大の魅力は「融資に積極的」である点と、「最短即日のスピード」です。一般的消費者向けのノウハウが培われており、「すぐにでもお金が欲しい!」という状況では大活躍が期待できます。

また、銀行系と比べて審査が非常に柔軟です。必要書類も確定申告書及び決算書等の数枚の書類があれば契約可能である上に、厄介な担保や保証人不要といったケースも少なくありません。

自社の信用力に自信がある場合や、担保価値のある資産を有している場合は、銀行系ビジネスローンを使って資金調達するのが良いでしょう。逆に、そういったカテゴリーに当てはまらない場合は、消費者金融系ビジネスローンの検討をオススメします。

消費者金融系ビジネスローンのデメリット

便利で使いやすい消費者金融系のビジネスローンも、いくつかの欠点を抱えています。総じて、便利さと引き換えにコストのかかる調達方法です。

〇 借入限度額が低い
〇 金利が非常に高い

事業用の運転資金として見た場合、「借入限度額の低さ」はとても気になる部分です。

銀行や後述するファクタリングと異なり、ノンバンクの融資限度額はおおむね「10万円~500万円」程度。個人消費ならともかく、事業用資金としては心もとない部分あるかもしれません。

更に大きな欠点として「金利の高さ」が挙げられます。消費者金融は法律により上限利息に制限が加わっているものの、多くの企業では「上限利息ギリギリ」の見積もりを提示するはずです。(金額やその他条件にもよりますが…)

ファクタリングのメリット

ファクタリングは前2つの資金調達と異なり、借金ではありません。期日到来前の売掛債権をファクタリング業者に売却することで、期日到来前に資金を受領できるというサービスです。

資金調達という観点で見ると、得られるメリットが非常に大きく、「中小企業向けの資金調達方法」としては最良の選択とも考えられています。

〇 信用情報を傷つけない
〇 スピード調達が可能
〇 取引先企業に知られない

ファクタリングは全体的にフットワークの軽い事業者が多く、様々な売掛金のスピード審査を行い、素早い資金調達が期待できる取引です。また、「2社間ファクタリング」を行うことで、取引先企業(債務者)に知られる心配がない点もメリットだと言えるでしょう。

ファクタリングは融資商品ではないので、信用情報を傷つけない点が特長です。銀行や消費者金融は常に共通データベースとも言える「信用情報」で審査の可否を定めていますが、ファクタリングは融資取引ではないので、この信用情報に記録が残ってしまう心配はありません。

中小企業にとって「信用は何よりも大切な宝」です。信用情報が傷ついてしまうと、今後の資金調達に差し障りが出ることも考えられます。

ファクタリング業者の数は非常に多い

実はファクタリングを取り扱う企業は非常に多く、

〇 ファクタリング専門の専業業者
〇 銀行や消費者金融
〇 違法貸金業者(ヤミ金・ソフト闇金)

などなど、様々な事業者が商品展開をしています。

名前も聞いたことがないような業者も多く、「どの事業者がお得なのか…」と迷ってしまうかもしれません。

ファクタリングの見積もりなら「専業業者」がオススメ!

そんな方にオススメしたいのは、「専業タイプ」のファクタリング業者です。

と言うのも、専業業者は銀行や消費者金融と異なり「2社間ファクタリング」を得意としています。

そして、2社間ファクタリングは銀行や消費者金融が提供する3社間と異なり、「取引先に知られてしまう心配がない」というメリットを有しているからです。

現実に取引を行うにあたって、「取引先企業に迷惑をかけたくない、知られなくない」と言う事業者さんは非常に多く見られます。

2社間ファクタリングはやや手数料が高くなってしまいますが、そんな事業主さんたちのニーズにかなった商品と言うワケですね。

どうして銀行には2社間がないの?

最後に、「何故銀行や消費者金融は、2社間ファクタリングを導入しないのか?」疑問にお答えしようとおもいます。

理由は大きくわけて2点。どちらも興味深いポイントです。

〇 利息制限法に該当するか明確ではない
〇 回収リスクが大きすぎる

実はファクタリング取引の手数料が、利息制限法の制限利息に抵触するか否かについて、疑問符を投げかける意見もあります。

そのため、法解釈によっては今後制限利息の適用を受ける可能性も否定できず、過去起きた「過払金返還訴訟」の二の舞を避けているとの見方が有力です。

回収リスクのカバーするために手数料を引き上げてしまってから、「お金を返しなさい!」と判決が下った時のリスクを避けようとしているワケですね。

このような事情を顧みると、「2社間ファクタリング」を導入している「専業業者」をお探しになることをオススメします。

ところが、ファクタリング専門の業者はいずれも事業規模が小さく、1つ1つ当たっていては見積もりを取るだけでも多大な労力を要します。

緊急的に資金調達を必要としているのに、このような手法を取っていては、正に本末転倒です。

そこでご紹介したいサイトが「ファクタリング一括見積サイト」です。利用者は自社の情報と取引債権を入力するだけで、多くの企業から一括見積もりの査定が寄せられます。

利用者はそれらを相見積もりとして見比べるだけで良いので、資金調達の手間は大幅に軽減。更に自社では調べきれなかった業者の見積もりに目を通すことで、より「低額手数料」を実現できるかもしれません。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ