ファクタリングで支払いができなくなったら分割払いも対応可能?

近年では中小企業や個人事業主などが有効な資金調達の方法としてファクタリングを利用することも増えてきました。

ファクタリングにより、数か月先の売掛金を前倒しで受け取ることができれば、資金繰りも改善されやすいからです。

ただ、ファクタリングで先に売掛金を現金化したものの、売掛先から受け取った代金をファクタリング会社に渡すことができなかったり、一括で手数料を支払うのは苦しいという場合、分割払いに対応してもらえないかと考えることもあるようですが、これは可能なのでしょうか。

支払いができなくなるケースは2社間ファクタリングで発生する

売掛先から売掛金を回収し、ファクタリング会社にその代金をスライドさせて支払う必要があるのは2社間ファクタリングによる取引です。

3社間では売掛先からファクタリング会社に直接、売掛金の支払いが行われることになるのでこのような流れは生じません。ただ、保有する売掛金をファクタリングに利用することを売掛先には知られたくないという場合には、2社間ファクタリングを選ぶことになるでしょう。

ただ問題となるのは、2社間ファクタリングで回収した売掛金を使い込んでしまう利用者もいるということです。

ファクタリングで売掛金を現金化したときはよかったものの、売掛先から売掛金が入金される段階になってまた資金繰りが悪化したり、借入金の返済や仕入れ代金の支払いを行うための資金が不足したことを理由として、その支払いに充ててしまうのでしょう。

売掛先からの売掛金は分割払いできるのか

もしファクタリング会社に渡さなければならないお金を使ってしまったとき、分割払いという対応は可能になるのでしょうか。

ファクタリングを利用するときには、契約書にいつ支払いを行う必要があるのかその期日が明記されます。

仮に売掛先からの入金がなく、支払いが遅れることも稀に出てくるでしょうが、この場合にはファクタリング会社に連絡して入金を伸ばしてもらえないか交渉してみることが必要です。

しかしすでに入金されているのにもかかわらず、使い込んだことを理由に先延ばしにしてもらうよう交渉しても、まず応じてもらえないでしょう。

利用者はファクタリング会社に代わり売掛先から代金を回収したにすぎず、その代金はファクタリング会社のものですので、使い込んでしまう行為横領に該当します。

回収した代金を支払わないままでいると…

ファクタリング会社に支払いができないまま放置していれば、売掛先に債権譲渡通知という、契約時にサインした売掛金の支払いを利用者からファクタリング会社に変更してもらう法的文書が送られることになるでしょう。

それによって、売掛先には売掛金をファクタリングに利用したことを知られることになるだけでなく、その代金を支払っていないことまで知られてしまい信頼関係を崩すことになるでしょう。

継続した取引を断られることになり、事業を継続することが難しくなる可能性もありますので、回収した代金は使い込まずファクタリング会社に渡すようにしてください。

また、ファクタリングを利用する際に発生する手数料についても、現金化する際に手数料分が差し引かれることになりますので、後で手数料だけを分割で支払うという取り扱いはできないと理解しておきましょう。

ファクタリング会社を装う悪徳業者に注意を

ファクタリング会社を装う悪徳な業者になると、分割で利息だけ支払ってくれれば元金は据え置くといったことも行うようですが、そもそもファクタリングは融資ではないので利息は発生しません。

悪徳業者が行っているのはファクタリングではなく、ファクタリングに見せかけた法外な利息を設定した金銭の貸し付けです。

このような取引に騙されないように、ファクタリングにおいて分割払いはできないので、売掛先から回収した代金は正しくファクタリング会社にスライドさせて支払うことを行うようにしてください。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ