ファクタリング審査に通りやすくなるポイントと業者比較の基準を解説!

2020/09/11
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

売掛金の回収まで期日が長いと感じるとき、ファクタリングで早期化させたいと考える経営者も少なくありません。

資金繰り改善や資金ショート回避など、様々な目的でファクタリングは活用されていますが、事前にポイントを押さえておくことで審査や業者選びに悩むことはなくなります。

特に今は新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、資金繰りに苦戦している中小企業など少なくないため、これらのポイントは必ず押さえておきたいところでしょう。

そこで、スムーズな資金調達につなげるためにもファクタリング審査のポイントや、業者選びのポイントについて解説していきます。

 

まずはファクタリングの仕組みをおさらい

ファクタリング(factoring)とは、信用取引により発生した売掛金(売掛債権)を売却(譲渡)し、現金化させて資金調達する仕組みのことです。

信用取引は掛けによる取引のことで、それにより売上代金は一定の猶予期間を置いて支払われます。

もし発生した売掛金が期日になっても売掛先企業から入金されなかった場合や、未回収期間が長期化している場合などは経営に悪影響を及ぼしてしまうでしょう。

このような場合にファクタリングの仕組みを活用すれば、期日に入金される予定の売上代金を、前倒しで受け取ることが可能となります。中小企業など法人だけでなく、個人事業主などでも対応してくれるファクタリング会社もあるのもメリットです。

手形割引にも似た仕組みですが、ファクタリングでは売掛金が売却対象となるのに対し、手形割引では手形が対象です。また、手形割引は融資とみなされる点も大きな違いがあります。

 

買取型と保証型の違いとは

中小企業などの間で活用が広がっているファクタリングですが、「保証型」と「買取型」とう2つの種類がありますので、それぞれの違いをポイントとして理解しておきましょう。

 

保証型のファクタリング

保証型のファクタリングでは、売掛先企業が倒産してしまい売掛金の回収が不能となったときなどに保証してもらうことを目的とします。

保険のような性質を持つサービスであり、決められた保証枠内の金額で売掛金が保証されます。

将来的に入金される予定の売掛金が貸し倒れになってしまうことを回避できるため、売掛先企業の信用力に不安があるときに有効です。

ただし保証型のファクタリングは、売掛先企業が倒産するなど売掛金の回収が不可能であると判断されなければ保証はされません。

支払いが遅れているだけでは認められないこともあるので、事前に保証金の支払い要件を確認しておくようにしてください。

 

建設業界が活用できる制度にも注目

国土交通省が行っている「下請債権保全支援事業」では、下請建設企業または資材業者が元請建設企業に対し有する債権を、ファクタリング会社が支払保証しています。

元請建設企業が経営事項審査を受けているなど条件はありますが、制度が適用されれば保証料が割安になる可能性があることがポイントです。

 

買取型のファクタリング

資金調達を目的とし、将来受け取る予定の売掛金を早期に現金化させたいときに意味があるのは買取型のファクタリングです。

売掛金はファクタリング会社(ファクター)が買取ることとなり、手数料分を差し引かれた金額を売却代金として受け取ることが可能になる点がポイントとなります。

 

資金調達を目的とするなら買取型

保証ファクタリングは資金調達を目的とせず、あくまでも保険のような役割をするサービスです。

資金調達を目的とする場合には買取型のファクタリングを活用することとなりますが、「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の2種類があるため、それぞれの内容や違いをポイントとして理解しておきましょう。

 

2社間ファクタリング

ファクタリングの利用会社とファクタリング会社のみで取引を完結させることができる点が大きなポイントです。売掛先企業にファクタリングを利用して資金調達することを知られることがありません。

仮に売掛先企業にファクタリングを利用することを知られると、財務や資金繰りに不安を抱えているのではないか?と取引に不安を抱かせることや不信感を与えることも否定できません。

ファクタリング利用後に、売掛先企業との関係が悪化してしまえば、その後の取引にも影響してしまうでしょう。このような場合、2社間ファクタリングであれば安心してファクタリングで資金調達できることがポイントです。

 

3社間ファクタリング

利用会社とファクタリング会社、そして売掛先企業も契約を結び取引を行うことがポイントです。

売掛先企業が期日に売掛金を支払う相手は、利用会社ではなくファクタリング会社に変更されるため、請求書の支払先をファクタリング会社に変得ることに対し同意を得る必要があります。

 

ファクタリング会社選びで重視したい項目は?

ファクタリングで資金調達する場合、問題になるのはファクタリング会社選びです。近年、中小企業などの間で利用は拡大されつつあるものの、まだ十分に周知されている手法とはいえません。

そもそもファクタリング業界は法整備も十分でないため、違法な行為を繰り返す悪徳業者が横行しやすい環境である点もポイントです。

信頼できるファクタリング会社を選ぶために、どのような項目を比較すればよいのかポイントを押さえておきましょう。

 

比較ポイント①会社概要や実績

ファクタリング会社の会社概要・資本金などの情報はもちろんのこと、これまでの実績なども確認しておきましょう。ファクタリング会社ごとにインターネット上で公式サイトを公開しているはずなので、詳細に記載されているかなど確認することもポイントとなります。

 

比較ポイント②2社間と3社間どちらに対応可能か

ファクタリング会社によって、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのどちらで契約可能か異なります。

どちらも対応可能という場合もあれば、3社間ファクタリングのみという場合もあるため、ニーズに合わせてファクタリング会社を選ぶことがポイントです。

 

比較ポイント③設定される手数料

手数料は3社間ファクタリングよりも2社間ファクタリングのほうが高く設定されます。

ただし2社間ファクタリングはそもそも手数料が高いものだから…と安易に契約してしまうと、悪徳業者に騙されて法外ともいえる手数料を請求されることになるでしょう。

2社間ファクタリングの場合、売掛金の10~20%が手数料相場なので、この割合よりも大きく上回る手数料が設定されるときは要注意です。

なお、売却する売掛金の買取相場を知るためにも、複数のファクタリング会社から相見積もりを取得し比較することがポイントとなります。

 

比較ポイント④売却代金が入金されるまでのスピード

ファクタリングで資金調達したいと希望する多くの経営者が、いそいでお金が必要という場合が多いといえます。

ファクタリング会社によっては、即日現金化を可能とする場合もあるので、より迅速に対応してくれる業者を選ぶことがポイントになります。

 

申し込み前に押さえておきたい審査基準

ファクタリングはお金を借りるのではなく、売掛金を売ってお金に換える資金調達の方法です。そのため銀行融資やノンバンクのビジネスローンのときのような審査とは違い、注目されるポイントや基準となる項目に特徴があります。

そこで、ファクタリングの審査ではどこを基準として重視されるのか、そのポイントを押さえておきましょう。

 

審査基準のポイント①売掛先の信頼度

ファクタリングの審査で重要になるのは、売掛先企業の信用力です。

銀行融資やビジネスローンなど、お金を借りるときには利用者の信用力が重視されます。

しかしファクタリングで重視されるのは、期日に間違いなく売掛先企業から売掛金が回収できるかという点です。

そのため利用会社の信用力が多少低い場合でも、信用力の高い売掛先企業を対象とする売掛金であれば、審査に通る確率は高くなります。

ただし2社間ファクタリングにおいては、売掛先企業から売掛金を利用会社が一旦回収することになります。

そのため税金や社会保険を滞納している場合など、入金口座が差し押さえられてしまう可能性も出てきますし、回収した代金を使い込まれてしまう可能性があることがファクタリング会社にとってデメリットです。

そのため赤字決算だからといって審査に通らなくなるわけではなくても、税金など滞納している場合には審査で不利になると留意しておいてください。仮に審査に通った場合でも、手数料が高めに設定される可能性が高くなります。

 

審査基準のポイント②売掛金の支払期日までの期間

売掛金の支払日までの期間が長ければ、その間に売掛先企業が倒産してしまうリスクは高くなります。

仮にファクタリングで売掛金が現金化された後、売掛先企業が倒産したとしても、その責任を利用会社が負う必要はありません。未回収・貸し倒れリスクはファクタリング会社が負うこととなるため、あまりに支払期日まで長い場合には審査で不利になると認識しておきましょう。

 

審査基準のポイント③利用会社の売上規模と利用金額のバランス

月商をはるかに超えるような売掛金をファクタリングに利用する場合、売掛先企業から入金がされるのか、倒産してしまうのではないかというリスクが大きいと判断されがちです。

売上とのバランスが合わないという場合の金額でファクタリング利用を希望しても、審査に通ることは難しくなる可能性があります。

 

乗り換えは審査で有利

すでにファクタリングで資金調達を活用している場合において、手数料が高く費用負担が重いと感じるのなら、他社に乗り換えることを検討してみてはいかがでしょう。

実はファクタリングで乗り換えを検討している利用会社は、ファクタリング会社によって優良な顧客として扱われます。

そのため現在契約しているファクタリング会社との間で設定されている手数料よりも、安く見直しが可能になるケースが多いといえます。

未回収リスクが低いと判断されるため手数料を低くしてでも獲得したい顧客として判断される点がポイントです。

特に2社間ファクタリングの場合には、売掛先企業から回収した売掛金を他の支払いなどに流用されてしまうことをファクタリング会社は最も恐れます。

ただ、すでに契約しているファクタリング会社との間でトラブルなく、取引が継続できているのならそれらの不安はなくなります。

他社での利用実績があれば、手数料を下げファクタリングで資金調達しやすくなることもポイントとして押さえておくとよいでしょう。

 

ファクタリングで資金調達するとよいケースとは?

 

中小企業や個人事業主などがファクタリングで資金調達したほうがよいケースをポイントとして押さえておきましょう。

主に利用したほうがよいタイミングとは、

  • ・銀行などに融資を申し込んだものの審査に通らず断られてしまった場合
  • ・銀行などに融資を申し込みたいけれど差し入れる担保を保有していない場合
  • ・銀行融資の審査を待つ余裕がなく、すぐにでも現金を手元に受け取りたい場合
  • ・銀行融資を申し込むほどではなく、小口資金が必要な場合

などです。

迅速性が高く、審査も柔軟で資金調達に活用しやすいことが大きなポイントです。

カードローンなども即日融資が可能であるなど、迅速性は高いですがカードを使ったお金の出し入れで継続利用してしまい、返済負担が資金繰りを圧迫する可能性もあります。

ファクタリングは融資を受けるわけではないため、返済負担に追われないこともメリットです。

うまく活かして資金繰りを改善させ、健全経営を目指していきましょう。

 

まとめ

ファクタリングで資金調達する上で、事前に把握しておきたい様々なポイントについてご説明しました。

特にファクタリング会社を比較するポイントと、審査で重視される項目についてはしっかり確認しておき、いざというときにスムーズな資金調達につなげられるようにしておくことをおすすめします。

ファクタリングは中小企業などにとって有効な資金調達の手法として注目が広がっているところですが、まだ十分に周知されていない点がデメリットのため利用に不安を感じる経営者もいることでしょう。

悪徳な業者を利用してしまえば、多額の手数料が発生し資金繰りはさらに悪化してしまう可能性もあります。

そのためファクタリングを資金調達に活用するときには、その仕組みをしっかり理解しご説明したポイントを抑え、ファクタリング会社の比較を行った上で契約するようにしてください。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter