ファクタリング利用を検討すべきタイミングは?

資金調達はタイミングが重要と言いますが、実際に資金が必要とする事態に直面すると、「いつ見積もりを取るべきか?」と悩んでしまうケースは少なくありません。

また、アテにしていた資金の入金がなかったり、融資審査を断られてしまった場合、大きな焦りを感じるものです。

スピード感があり債権買取であるファクタリングは、まさに資金調達の緊急手段。今回は、そんなファクタリングのタイミングを、事例別にご紹介します。

資金調達すべきタイミング1:人件費などの運転資金をカバーしたい

運転資金は経営者が最も意識すべきコストの1つです。

銀行への返済金やリース機器の支払い費用、更には店舗敷地の維持コストなど色々なものが挙げられますが…中でも「人件費」は、全業界で大きなウェイトを持つコストです。

最近はAIの進捗が目覚ましいものの、現場はまだまだ「人」ありき。仮に人件費の支払いが滞ってしまうと…多くの場合は壊滅的な損害を被ります。

実際、従業員の人件費などの運転資金を滞納すると、

〇 賃金不払いによる従業員の離散 → 社内機能の致命的損壊
〇 労働基準局による処分 → 罰則・行政処分による信用失墜
〇 従業員による訴訟 → 先取特権による差し押さえ

上記のように社内機能や信用に致命的な損害を与えるケースも。基本的に人件費の滞納は非常に危険な事例の1つです。

ただし、人件費は運転資金の中でも支払いサイクルが固定化されている分だけ、支払予測が簡単です。

早めに資金調達を検討し、見積もり交渉に時間をかけることで、より有利な状況で資金を手にすることができるでしょう。

資金調達すべきタイミング2:新規出店などの事業拡大に伴う資金調達

資金調達の理由全体で見ると、店舗拡大はポジティブな理由の1つです。

新規出店や機器導入・人員拡大による事業拡大は、「儲かっている」のイメージが強く、概ね好意的な印象を与えます。

もちろん、新規出店はこれらの中でも特に投資規模が大きく、経営者にとって大きなチャレンジの1つです。

イニシャルコストの大きさが問題か

ただし、新規出店などの事業拡大は、コストが大きいというデメリットを持ちます。

特に「イニシャルコスト」が大きさは問題で、多くの場合では十分な資金を調達することができません。

ざっとみただけでもこのように、非常に大きな金額を必要とします。

店舗拡大の必要コスト
〇 店舗敷地の購入・借地
〇 テナントの建設・賃貸
〇 業務遂行に必要な機器の導入

どれも非常に膨大です。自社が持っているキャッシュでは当然カバーすることが出来ず、多くの場合は何らかの資金調達に迫られることになるでしょう。

反面、資金調達では目標額が大きくなればなるほど、(仮に金利や手数料割合が下がっても)最終的なコストは上昇します。

見積もり時はただ言われるがままに契約するのではなく、相見積もりを利用した調達先の選別が重要です。

資金調達すべきタイミング3:金融機関が貸してくれない

残念なことに、多くの金融機関は零細企業や中小企業に対して非常に厳しいのが現実です。

いくら資金が必要な事情を訴えようが、金融機関はあくまで書類を重視。経営状態が悪く見込みも薄いとなると、「融資を不可」をするケースは少なくありません。

実際、運転資金の調達や事業拡大に伴うコストで悩む経営者が、「頼りにしていた金融機関から見放された」と嘆くケースは枚挙に暇がないでしょう。

矛盾するようですが、こうした「金融機関の審査落ち」に対応する能力も、中小企業経営者には求められます。

緊急時に役立つファクタリング

ファクタリングは、銀行やノンバンクなどの既存の金融機関が「頼りにならない」と感じた時にこそ、活躍する存在です。

ファクタリング業者は銀行のように「お金を貸す」取引は行いません。資金を必要とする企業の「売掛金を買い取る」ことで、経営者が必要とする資金を提供しています。

そのため、審査基準が既存の金融機関とはまるで異なります。

通常の金融機関が「自社の経営状態」を重視するのに対して、ファクタリング業者は「売掛先の経営状態」を審査。

そのため、

〇 経営状態が悪く運転資金を調達できない
〇 社歴が若く金融機関に信用してもらえない
〇 直前になって融資を断られ経営危機に瀕した
〇 借金を増やして赤字を作りたくない
〇 他社に知られることなくお金を手にしたい

上記のようなケースでも、ファクタリングなら安心して資金調達に励むことが可能です。

更に取引スパンも全体的に短く、見積もり請求から取引成立まで「即日」というケースも見られます。

資金調達を上手に行うコツ:余裕あるタイミングで見積もり請求

資金調達を上手するには、できるだけ「余裕あるタイミング」で見積もり請求が大切です。

確かにノンバンクやファクタリングは、支払いまでの平均期間が短く便利な調達方法です。しかし、、そこに時間的な猶予が加わると、期待できる効果は更にアップ!

〇 相見積もりによる条件比較ができる
〇 入金期日に余裕が生じる

上記2点のメリットが生じます。

相見積もりによる条件比較ができる

相見積もりは、業者同士を比べて有利な条件を引き出すテクニックです。2社ないし3社の条件を比較することで、

〇 より安いコストでの資金調達を実現
〇 買取上限額や掛目も自社にとって有利なものを選択

などなど、自社にとって都合の良い契約が行えます。特に手数料幅の大きいファクタリングでは、「相見積もりは必須」と言っても良いでしょう。

ただし、相見積もりは取引業者が増えるぶんだけ手間が増えてしまい、結果として多くの時間を浪費します。

時間的余裕が無い場合、「気になる企業を比べることが難しい」というケースもあるので、「余裕あるタイミング」を意識する姿勢が大切です。

入金期日に余裕が生じる

資金調達では当然、支払期日に則した「目標期日」が存在します。余裕のあるタイミングで資金調達を模索している場合、当然目標期日にも猶予があるもの。

そのため、「手数料などの条件は良いが、目標期日に間に合わない見積もり」を泣く泣く諦めるリスクが減少。より多くの選択肢を手にすることが期待できます。

相見積もりのメリットに隠れてしまいがちですが、目標期日に関するメリットも見過ごすことはできません。

緊急時に資金調達を行うコツ:専門サイトの利用を検討する

急な資金需要などに伴い、「余裕はないが損もしたくない」とお悩みの方には、資金調達の専門サイトのご利用をオススメします。

資金調達の専門サイトは、「利用者とファクタリング業者のマッチング」を行うことで、下記の様な多くのメリットを提供しているからです。

専門サイトを利用することで期待できるメリット
〇 資金調達の専門家が相談内容を徹底精査
〇 独自基準で厳選した信頼できる企業を紹介
〇 相見積もりで最適な取引条件へとアプローチ

急な資金が必要になったからと、莫大な手間と労力をかけて貴重な時間を浪費するよりも、専門サイトを使った方が断然効率的で賢い選択です。

〇 他社や他行で融資を断られてしまった
〇 急に資金が必要になってしまった
〇 悪徳業者や割高業者と契約しないか不安を感じる

専門サイトへの相談は、悪徳業者や割高業者を避け、健全な取引を実現するための方策でもあります。

資金調達でお悩みの方は、是非一度ご相談されてみては如何でしょうか。相見積もりを通じて、思っても見なかった展開が開けるかもしれません。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ