総まとめ!方法からメリットまで資金調達を徹底解説!

これまで、資金調達の「見積もり」について、多くの方法を解説してきました。そこで今回は、資金調達の見積もりを取るときに、

「どのような方法が最も優れているのか?」

をテーマに、ここまでご紹介してきたポイントを総まとめ!

〇 どうしてファクタリングが優れているのか?
〇 なぜ、相見積もりを行うべきなのか?
〇 具体的にはどのように見分けるべきなのか?

資金調達で重要な、上記の3大ポイントを徹底解説しようと思います。

ポイント1:「どうしてファクタリングが優れているのか?」

資金調達はいろいろな手段がありますが、ファクタリングは他の調達手段と比べて、

〇 スピード感のある取引
〇 柔軟な審査姿勢と簡素な手続き
〇 信用情報に影響しない調達

という3点のメリットを有しています。資金をスムーズに調達したい方や、信用情報を傷つけずに取引をしたい方にオススメの調達方法です。

では、順番に詳しく見ていきましょう。

上記3点のうち、まず見るべきは融資までの、「スピード感」です。

銀行や政府系金融など通常の調達方法は、資金提供の前に審査に審査を重ねるため、申込から約1か月は待つことを覚悟しなくてはなりません。

これはお金を貸す以上、常に「取引企業の経営状態」を気にしなくてはならず、判断を下すための時間を要するからです。

ところが、ファクタリングは「債権買取」に過ぎません。継続的な取引を前提とした「融資」と比べ、業者側の判断が下りやすく、

多くの場合は見積もりから1週間前後。中には即日調達も可能!

と、非常に優れた融資スピードを有しています。言うまでもなく、資金調達の方法としてはトップクラスです。

また、ファクタリングの場合は、融資審査の必須である「事業計画書やパンフレットを用いた企業アピール」が必要ありません。

お金を借りるワケではないので、業者側が調達資金の使途や将来の展望性などをあまり気にしません。よって、事業計画書のアピール方法で頭を悩ませる必要もナシ。

〇 債権の金額や支払い期限
〇 売掛先に関する情報や取引履歴
〇 債権に対する信頼性

が明らかであれば、それで審査を受けることができます。資金調達では多くの書類提出が必要ですが、それらを簡略化できるのは、お急ぎの方にとって嬉しいポイントです。

最後になりますが、ファクタリングは信用情報機関と関わりのない取引です。そのため、融資情報や履歴を傷つけずに利用できるメリットを有しています。

資金調達に悩む企業の多くは、

〇 審査時に過去の滞納が悪材料に判断されるのではないか?
〇 債務整理を行っていても大丈夫なのか?
〇 将来的に審査を受けるときに不利にならないか?

など、「審査」に対する不安を抱えているもの。実際、金融機関は信用情報機関を通じて情報共有を行っているので、過去の滞納や現在の借入が、将来的に「悪材料」と判断されてしまうかもしれません。

ところが、ファクタリングは債権の買取行為に過ぎないので、「信用情報」に全く影響しない取引です。

そもそも信用情報機関への情報提供を行わないので、何度取引しても履歴に残る心配ナシ! ご自身の調達履歴が他社で共有されることは、原則的にありません。

ポイント2:「なぜ、相見積もりを行うべきなのか?」

ファクタリング業者の選定を検討するときは、「相見積もり」による比較方法が最もオススメです。

ファクタリングは期限や金額など複数の要素を総合的に評価するため、業者ごとの手数料幅が広く、1社の見積もりで正しい相場を判断するのは難しい取引。

そのため、相見積もりを用いて企業を比較することで、自社の債権を最も高く評価する業者を見つけることが大切です。

また、「相見積もり」を求めることで、各業者から「より安い手数料」を引き出す効果も期待できます。見積もりは顧客に対する業者の「声」となる部分です。

相見積もりを取るということは、言うまでもなく「他社と比較して決めます」という顧客側の意思表示。

皆さんも、自社に来たお客さんが「〇社の製品と比べてどうお得なの?」と問われると、しきりに自社製品のアピールを行いますよね。

「顧客獲得!」をベースにした競争意識が働き、ライバル社を意識した条件が見積もりに反映されやすくなります。

これはファクタリングにおいても同様です。見積もり提示時に「他社との相見積もりを取りますよ」と伝えることで、その反応を伺いましょう。

提出された見積もりを比べて見ると、取引に対する「業者の声」が聞こえてきます。

見積もりから聞こえる!?取引すべきファクタリング業者の声
「価格面で優れています」 → 手数料・諸経費に優れる
「スムーズな納期を心がけています」 → スピード納期によるCS重視姿勢
「多くの取引形態に対応しています」 → 多様な取引によるサービス拡充

もちろん、1社の見積もりで素人が「業者の声」を判断するのは困難です。

しかしながら、複数社の業者に相見積もりを取るだけで、だれでも簡単に判断できるようになるのが、相見積もりのスゴイところ。

提示条件を比較することで、「取引に前向きな業者」と「ネガティブな業者」がハッキリと見えてきます。

こんな業者は要注意!見積もりから聞こえる業者のネガティブ感
「お安くすることはできません」 → 手数料が高い
「うちはこういうやり方なので…」 → 納期や審査に積極性がない
「特にメリットはございません」 → サービスの幅が狭い

普通の取引であれば、このような業者は当然候補から外すべきです。

ファクタリングの場合は取引材料が「現金」なので、(悪徳業者でない限り)業者側の経営規模はあまり関係ありません。

これは書面上の比較に向いた取引であることを意味しており、相見積もりが威力を発揮する理由です。

ポイント3:「一括見積サイトを利用する」

ファクタリングは誰が扱っても同じ価値を有する「現金」が取引材料であるため、書面上のスペック比較である「相見積もり」と非常に良い相性を示します。

ところが、いざ相見積もりを取るとなると、

〇 見積もりが出揃うまでに時間がかかってしまう
〇 悪徳業者や信用できない業者が紛れ込んでしまう
〇 そもそも業者をリストアップするのが大変

などなど、業者の検索から選別・手続きなど、多方面で労力と時間を要します。資金調達を急ぐ経営者にとって、大きなマイナスです。

実際、相見積もりが持つメリットとデメリットに悩む方は多く、多くの取引で妥協を強いられてきました。

ところが、「一括見積サイト」の登場により、この情勢は激変します。一括見積サイトは、顧客側が入力した情報をベースに、各登録業者が一斉に見積もりを提示する方法です。

サイト側が選別した信頼できる業者たちが、相見積もりを前提に見積もり提示するため、

〇 割安手数料を更にプラッシュアップ!より安い手数料へ
〇 悪徳業者や不審なヤミ金をシャットアウト!信頼できる取引の実現
〇 業者検索にかかる時間や労力を省力化!スピード取引の確立

手数料や納期はもちろん、業者のリストアップから選別まで、サイト側に一任して取引することができるんです。

言うまでもなく、個別の業者選別を行う際に最もオススメできる方法です。

今回は他の取引と比べた場合のファクタリングが持つメリットをまとめ、相見積もりを活用した業者の選別方法までをご紹介しました。

緊急的な資金調達に便利なファクタリングですが、手数料が割高であるため、見積もりを駆使した選別方法は欠かせません。

利用検討の際は一括見積サイトを視野に入れ、最安手数料を実現することをオススメします。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ