相見積時に気を付けたいビジネスマナー!円満契約の秘訣3選

「複数の業者を比較する」相見積は、相手から有利な条件を引き出すためのビジネスです。ファクタリングと言ってもその条件は業者次第。同じ債権を取引するにせよ、自社に有利な方が嬉しいですよね。

今回は、そんな相見積のテクニックとマナーをご紹介。当サイトイチオシの「一括見積り」のメリットを交えつつ徹底解説しようと思います。

相見積もりは、自身の希望する条件を相手に求める厳しいビジネス交渉。

そこには相手への配慮を慮りつつ、自身が発注側であることを見失わない、適切な交渉テクニックが求められます。

浅慮が軽挙が原因でせっかくの交渉を壊してしまっては、元も子もありません。

「発注側」とは言え、ファクタリングの場合は依頼者が弱い立場です。交渉をまとめるための、適切な表現や作法を身につけましょう。

最初に譲れない条件を伝える

最初に「絶対に譲れない条件」を伝えることは、交渉に係る時間や労力を短縮するための、必須テクニックです。

多くの方はビジネス交渉時に「できるだけ安く」や「できるだけ素早く入金」などのお願いするかと思いますが、本心では

〇 手数料30パーセント以下で契約したい
〇 2週間以上は待つことができない
〇 3社間ファクタリングでは契約できない

など、絶対に譲れない条件があるはずです。これを相手に正しく伝えないまま見積をお願いしたところで、相手が希望する見積りを出してくれるとは限りません。

ビジネスシーンでは往々にして、こうしたムダは嫌われます。一見厳しい要求のように見えますが、実はこれが円満交渉に繋がるテクニックです。

「こんな要求をしたら嫌われるかな…」などと考えず、「手数料は30パーセント以下でお願いします」といった具合に思い切って要求を突きつけましょう。

もちろん、単独見積の場合は、「じゃあ29パーセントで…」と足元を見られるかもしれません。

しかし、相見積の場合は心配無用。他社との比較検討で勝利するためにも、「価格面の努力」は期待できます。

相見積であることを伝える

相見積であることを伏せたまま請求する行為は、全くメリットがありません。自社の利益を損なう行為であると同時に、ビジネスマナー違反であることを自覚しましょう。

順番に見て行きます。

まず顧客から「相見積もり」であることを伝えられたファクタリング業者は、「顧客に選ばれる見積条件」が求められます。

その為には、

〇 割高な手数料
〇 長い審査期間や支払い納期
〇 その他必要以上の悪条件

は絶対に避けなければならず、普段提示している条件よりも有利なものが期待できます。

業者側の担当者も契約数に追われているので、なんとか選ばれようと

「自社の契約基準を超えて有利な条件を引き出すように、自社の代わりに会社に交渉」

してくれるかもしれません。ビジネスシーンにおいて、これほど有利な状況はありませんよね。

また、請求する見積もりが「相見積もり」を伝えることは、発注側に求められるビジネスマナーでもあります。

見積もりの作成作業には、債権の審査や評価、提出書類のチェック等を行わなければならず、発注側にとってかなりの手間です。

比較を嫌う業者さんの場合は、「他社と比べられるなんて思っていなかった!」と怒り出してしまうケースも見られます。

「商業なんだから、比べられて当たり前だろう…」と言い返したくなる気持ちは理解できますが、慣習は慣習。こんな当たり前のことを守らず、怒らせてしまうの行為は、「自社にとって時間と手間のムダ」です。

ただ「相見積もりである」ことを告げるだけで避けられるので、特段の事情が無い限りは告げることをオススメします。

他社の情報公開は極力避ける

先ほど相見積もりであることを告げよと解説しましたが、告げる内容は「相見積もり」であることのみに留めましょう。

他社の見積もりや担当者名を出したところで、交渉相手のメリットになっても自社のメリットはありません。取引先としては、他社の条件を提示したところで、「ムリなものはムリ」となってしまうのがオチでしょう。

また、こうした情報漏洩を行っていることが明らかになると、「あの会社は他社見積もりを提示する企業だ」と認識されてしまい、次回以降の交渉がやりにくくなるかもしれません。

このような点を考慮すると、円満交渉を結ぶためには無闇な情報公開はいけません。選定漏れになった企業に「お前の企業は〇〇社に劣っている!」と伝えているようなものです。これでは2回目以降の取引に対しても、積極的な条件の引き出しは期待できません。

逆に考えましょう。仮に選定漏れになった企業の立場で考えても、企業名を伝えなければ「今回は無理だったか…」と感じるだけ。依頼者である顧客に対しても悪感情は無く、2回目以降の円満交渉に繋がります。

とにかく疲れるビジネス交渉!資金調達で体力を使いきる?

ここまで、相見積もりを請求する際のマナーやテクニックを解説してきました。いずれも大切なことですが、皆さん「ちょっと面倒だな…」と感じたのではないでしょうか。

実際、マナーに厳しい日本社会で円満交渉を進めつつ有利な条件を引き出そうとすると、どうしても相手方への配慮やマナーに気を使ってしまい、「気疲れ」を覚えます。

また、通常相見積もりはフットワークを使って複数の業者を巡らなければならず、体力と気力も必要とする作業です。

資金調達で体力的にも精神的にもすり減らしてしまい、肝心の生産性が落ちては本末転倒と言えるのではないでしょうか。

ビジネス交渉の気疲れをカット!一括サービスの「相見積もり」

そこでオススメしたいサービスがサイトによる「ファクタリングの一括見積もり」です。サイト見積もりならユーザーは希望の条件や債権の性質を伝えるだけで良いので、

〇 電話番号やメールアドレス
〇 取引債権の金額
〇 希望する取引態様

などを記載するだけで、あとはサイト側が「相見積もり」を出してくれます。

もちろん、面倒な気遣いやフットワークによる消耗もなし! 条件掲示後は自社側はただ相手の連絡を待つだけなので、簡単に相見積もりを作成することが可能です。

その上、条件の選別も完璧です。サイト側がここまでご説明した「最低限の条件の提示」や「相見積もり」を伝えているので、見積もり企業もそのことは百も承知。

ただ1回サイトに情報を伝えるだけで、「自身の希望する条件の相見積もり」が期待できます。

更にサイト見積もりなら登録企業も膨大です。フットワークを使った相見積もりはせいぜい2社~3社が限界ですが、一括見積サービスなら数十社あるいは数百社の見積もりサポートが可能!

「これまでのフットワークを返してほしい!」と叫びたくなるのほどの、快適さを有しています。

一括見積もりサイトで期待できるメリット
〇 マナーや作法による気疲れナシ!
〇 自身は座っているだけでOK!
〇 把握していない業者の見積も入手可能!

ファクタリングに限らず、「相見積もり」には日本社会全体でのマナーが存在します。有利な条件を引き出しつつ、次回以降の交渉に繋げるためには、マナーに則った交渉テクニックが不可欠です。

ただし、相見積もりは膨大なフットワークと、多くの気疲れを招く行為に他ならず、嫌気してしまう方が少なくありません。

資金調達は本業あってこそのもの。無駄な労力と時間を省くためにも、サイトを使った「一括見積もりサービス」による相見積もりを試してみては如何でしょうか。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ