経営者必見!ファクタリングのベストな見積方法とは?

「損をしていないか?」は、見積もりを取る時に最も気になる要素です。

「相場より高すぎる手数料を要求されていないか?」
「自社に不利な特約がついていないか?」
「他の会社の方が安い見積りを出すのではないか?」

資金調達は会社の財務状況を動かすために、上記の様な不安は常について回るもの。安心してベストな取引を実現するためには、「失敗の少ないステップ」を踏むことが大切です。

そこで今回は、ベストな見積りを取るために求められる「基本的な3ステップ」をご紹介。それぞれの特徴を整理して、理想的な資金調達を実現しましょう。

ステップ1:まずは必要な条件を整理する

希望通りのベストな見積を得るためには、業者に申し込む前に「自身の要求」を整理することが大切です。

「そんなこと改めて考える必要ないだろう!」とお考えの方もいるかと思いますが、実際に紙やデータにして書きだし情報を整理すると、「改めて気付く部分」も見えてきます。

必要な金額や期間を整理しつつ、ご自身の希望する条件を探りましょう。

ベストな金額とは?

資金調達におけるベスト金額とは、ご自身が調達すべき「具体的な」資金です。

資金調達を希望する方の中には、具体的な金額を定めず「大体〇〇万円くらい」とお考えの方が少なくありません。

しかし、資金調達は利息や手数料、株式など、「必ず何らかの対価」を支払うもの。

多く掴もうとすればそれだけの代償を求められることになるでしょう。

賢い経営者は数字にとても敏感です。アバウトな金額設定を行わず、「できるだけ具体的なベスト金額」を算出する心がけが大切だと言えます。

ベストな納期とは?

資金調達に納期設定は欠かせません。

資金を欲するということは、現在「手元にない資金を調達する」ことです。ご自身の事業計画を見通して、

〇 納期設定に甘さがないか?
〇 支払期日に間に合うのか?

などは必ずチェックすべきでしょう。

特に、経営者の方の中には「手数料や利息などのコスト」に惹かれるあまり、納期を疎かにしてしまう方が見られます。

コストを重視するあまり、お金の流れが「早く入金されないかな」と、タイトになってしまってはいけません。「時は金なり」を忘れずに。

コストと納期の振り合いを考え、落ち着いた経営ができる期日こそ、ベストな納期だと言えるでしょう。

譲れない条件とは?

必要な金額や期間以外にも、それぞれ「譲れない条件」はあるかと思います。

「取引先に知られるのを避けたい」といった事務的な条件や「信用情報の照会を避けたい」といった経営者的な判断など、経営者の思惑は実に様々です。

また、「借金は絶対にしたくない!」や「手形は切りたくない!」などの信条的なポリシーもここに含まれることになるでしょう。

幸い、現代社会の資金調達は実に様々です。金融機関に対する借り入れ以外にも、様々な調達ルートが存在します。

〇 借金や信用情報の影響を受けない「ファクタリング」
〇 可能性を売り込み資金を手にする「VCやエンジェル投資」
〇 幅広い層から資金を募る「クラウドファンディング」

ステップ2:見積もりを依頼する

次のステップは、いよいよ見積もりの依頼です。

資金調達には様々な種類がありますが…いずれの調達方法も見積もりを出さなくては話が進みません。

ここでは、実際に見積もりを請求する際に、「ご自身にとってベストな見積もり」を手にするテクニックを紹介します。

譲れない条件を伝える

取引で絶対に失敗したくない方は、まず業者に「譲れない条件」を伝えましょう。ステップ1で整理していれば、問題なく意向を伝えることができます。

そこで断ってくるか見積もりを出すかは業者次第となりますが、いずれにしても「譲れない条件」に沿わない見積もりが提出されることは稀です。

また、優れた担当者を擁している業者の場合、「譲れない条件」が不可能である場合も、何らかの「代替案」が提示されるでしょう。

相見積もりであることを伝える

相見積もりは「最安かつ最良のベストな見積もり」を手にするための方法です。

自社は取引業者に見積もりをお願いする時に、

「相見積もりを取ろうと思うので、よろしくお願いします」

と伝えるだけでOK。このひと言で取引業者は、「他社よりも良い条件を出さなければ、契約を取ることはできないな」と覚悟します。

業者間の手数料幅が非常に大きいファクタリング取引では、特に有効な手段と言えるでしょう。

ステップ3:見積もりから業者を比較する

単独見積もりにせよ、相見積もりにせよ、見積もりを手にした限り契約の是非を選択しなくてはなりません。

ところが、この契約判断が難しい。

素人の方が提出された見積りを見ても、「他社と比べて良い条件なのか?」を見極めるには困難が伴うからです。

条件で選ぶベストな判断

見積もりを判断するときは、基本的に主たる契約内容で選びます。

ファクタリングの場合は、大きく分けて以下の3点でしょうか。

1、手数料
2、支払期日
3、その他費用や掛目

手数料はコストに直結し、支払期日は資金需要日に間に合うかに注目します。仮に同じ手数料であって期日に差がある場合は、「期日が早い方」を選んだ方が経営的には安全です。

もちろん、その他諸経費や掛目も大切な判断基準。

ファクタリングは債権保全措置を講じるものですが、司法書士依頼料などが法外である場合は注意すべきでしょう。

また、掛目は目標金額に影響を及ぼすので、やはり慎重に判断すべきです。

特約で選ぶベストな判断

見積もりや交渉段階で、既に特約内容はチェックすべきです。

ファクタリングの場合は、特に以下の点に注意しましょう。

〇 償還請求権(リコース)の有無
〇 不動産など担保供出の有無

償還請求権はファクタリングにより取引した債権が焦げ付いた時に、企業が不渡りを起こした時に、「自社が不渡り債権の1部を保証する」というもの。

厳しい資金繰りの最中に、「焦げ付いたからどうにかしてくれ」と言われても、困ってしまいますよね。

また、担保の供出にも注意が必要です。

買取型ファクタリングは「債権の売却」を行う取引であり、通常担保を設定する必要はありません。

にもかかわらず、業者が担保の供出を求める場合、その取引の「契約内容」を確認することをオススメします。

専門機関で選定する

業者選定や見積もり比較にお悩みの方には、「資金調達の専門機関」の利用をオススメします。

専門機関では業界に詳しいプロの専門家が、相談内容に沿う形で自社にピッタリの「ベストな調達方法」を提案・紹介するからです。

もちろん、紹介された企業同士の「相見積もり」による比較もOK。ご自身が納得いくまで、徹底的にベストな条件を追求することができます。

最安見積もりを求めるならば、まず実行したい手段です。

資金調達の専門機関に相談して得られるメリット
〇 ヒアリングした希望条件から望ましい取引方法を提案してくれる
〇 厳選した業者の中から、信頼できる企業を紹介してくれる
〇 業者探しや見積もり依頼に要する手間や時間のムダをカットできる

ベストな見積もり条件を引き出すためには、希望する条件を整理し、業者に伝え見積もりに反映することが大切です。

もちろん、ただ「見積もりを出してくれ」と求めるよりも、交渉時にご自身の希望を具体的に伝える姿勢や、相見積もりを利用した比較検討う方が、より良い成果が期待できるでしょう。

「ベストな見積もり」とは言いますが、その具体的な内容は人によって異なります。専門機関はこうした「ベストな見積もり」に役立つ自社の心強い味方です。

見積相談をする

とにかくすぐに資金が必要!という方はこちら

見積りの相談をする

事業資金悩み
解決サイトへ

事業資金の悩み解決サイトはこちら

資金調達Labアイミツ