金融業界の代表といえるのは銀行!それ以外の種類とそれぞれの仕組みや特徴

2021/04/14
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

金融業界といえば、真っ先に銀行を思い浮かべるでしょうが、それ以外にもいろいろあります。

そもそも金融とは金銭が不足している相手に用立てることですが、個人以外にも企業なども対象となりますし、銀行のように預金機能を持たず貸付を行うケースもあります。

そこで、銀行の他、それ以外にどのような金融があるのかご説明します。

 

金融業界の代表といえる「銀行」

金融業界の代表といえるのが銀行ですが、銀行は顧客から預かったお金を、融資を受けたいとする個人や企業などに貸し出して預金金利と貸出金利の差を収益としています。

銀行にもいろいろな種類があるため、それぞれどのような特徴があるのか確認しておきましょう。

 

メガバンク

複数の都市銀行などが合併・統合を繰り返し、巨大な組織に変化した一大金融グループがメガバンクです。

現在、日本でメガバンクと呼ばれているのは、みずほフィナンシャルグループ・三菱UFJフィナンシャルグループ・三井住友フィナンシャルグループが挙げられます。

 

信託銀行

信託銀行は、一般的に銀行が行う預金・融資・為替という3つの銀行業務だけでなく、信託業務と併営業務を行うことが特徴です。

信託業務とは個人や企業などが保有する財産を信託設定により受託者に移転させ、その財産を管理・運用することです。

併営業務には、遺言の保管や執行業務などの相続関連業務、企業の株主名簿を管理する証券代行業務や不動産売買の仲介業務などがあります。

 

地方銀行

特定の地域をメインとした営業活動を行っているのが地方銀行で、地域の有望な企業に資金を貸出、企業の成長を金融面から支えるといった活動を行います。

また、地元の個人顧客にも住宅・教育などのローンサービスを提供するなど、地域経済でも大きな役割を果たすことが特徴です。

 

ネット銀行

インターネットなど通信端末を介して取り引きを行うことをメインとするのがネット銀行です。

 

信用金庫・信用組合

特定の地域・業種で営業を行い、出資者となる会員・組合員からの預金で個人や中小企業などに資金の貸し出しなどを行います。

信用金庫は地域の人々が会員となりますが、信用組合では中小企業や個人などが組合員になります。

どちらも非営利の協同組織であり、相互扶助の理念のもとで会員や地域社会の利益を優先した運営を行っていることが共通しています。

 

農林中央金庫

農林水産業者の共同組織が基盤となっているのが農林中央金庫で、JA(農協)・JF(漁協)・JForest(森組)などの協同組織です。

金融業務の他、農林水産業者への指導・経済・共済事業を行っています。

 

グローバル金融

外資系によるグローバル金融は、投資と貿易金融を目的とした世界的な枠組みです。法的協定・制度・公式または非公式の経済関係者から構成されています。

 

銀行以外の金融の1つ「証券会社」

証券会社とは株を発行する元の会社と投資家、投資家同士の間などに立ち、株式売買を取り次いだり引受けたりといった業務を行います。

顧客が株式や債券などの金融商品を購入するときに、仲介するブローカー業務による手数料で収入を得ています。また、証券会社自身が株式や債券の売買で運用し、利益を得るディーラー業務も収益の大きな柱になっていることが特徴です。

 

その他銀行以外の金融

他にも保険会社(生命保険・損害保険)も金融の1つです。

保険会社では、顧客から支払われた保険料を株式や債券で運用し、その利益を主な収益源にしています。

また、リース・クレジットカード・消費者金融なども金融の分野に含まれますが、急な資金ニーズに対応できるのがノンバンクと呼ばれる預金機能を持たない金融です。

 

ノンバンクとはどのような金融か

ノンバンクとは、預金機能を持たない金融のことで、消費者金融などの貸金業者が該当します。

消費者金融が個人に金銭を貸し出す場合、貸金業法という法律に従い金利を設定しなければなりません。

そのため、法外な金利での貸し付けや過酷な取り立てなどは行わず、最近では自動契約機を設置しカードローンに特化したサービスを提供していることが特徴です。

 

消費者金融系・銀行系・信販クレジット系の違い

個人がお金を借りるときにはカードローンを使うこともあるでしょうが、消費者金融系・銀行系・信販クレジット系という種類があり、それぞれ次のような違いがあります。

 

消費者金融系のカードローンの特徴

消費者金融が提供するカードローンで、お金を借りるまで大変スピーディに手続きできることが特徴ですが、銀行系や信販クレジット系よりも金利はやや高めに設定されます。

利用しても一定期間は無利息になるなど、利息ゼロのサービスを提供するケースもあるため、うまく活用すれば便利に使えるでしょう。

 

銀行系のカードローンの特徴

大手銀行や地方銀行などが提供するカードローンで、消費者金融系よりは金利が低めに設定されます。

ただ、消費者金融系であれば即日融資を受けることも可能なのに対し、銀行系は審査や借入れまでに一定の時間がかかることが多いといえるでしょう。

 

信販クレジット系のカードローンの特徴

信販クレジット系のカードローンも銀行系と特徴はほとんど同じです。消費者金融系よりも金利は低めに設定されることが多く、手元にカードが届く前に利用可能となる会社もあるなど、以前よりも利便性が向上しているといえます。

 

銀行以外でお金を借りるのは危険ではなくなった

以前まではノンバンクと呼ばれる消費者金融は、一度借りてしまうと返済が追い付かなくなり、複数の金融からお金を借りる自転車操業に陥りがちとされていました。

しかしグレーゾーン金利が撤廃されたことや、年収の3分の1までしか貸し付けができないという総量規制が設けられたことで、過剰な借入れで悩む方も少なくなったといえます。

貸金業法により、返済能力を超える貸し付けを行うことも、厳しい督促なども行われることはなくなりました。消費者金融の運営も透明化されており、以前よりも安心してお金を借りやすくなったといえるでしょう。

また、消費者金融でも大手と呼ばれるところは、大手銀行グループの傘下に入っています。銀行グループの傘下という点でイメージも向上し、利用者も安心してお金を借りやすくなっていると考えられます。

しかし銀行から融資を受けるときよりも、ノンバンクでお金を借りたときの金利は高めに設定されます。

即日お金を借りたいという場合には大変便利ですが、一時的な利用に留めておかなければ返済負担が重くなり、資金繰りが悪化してしまいますので注意してください。

 

金融以外で資金調達する方法

資金を調達する方法といえば、お金を借りることと考えてしまいがちです。

しかしお金を借りなくても、たとえば保有する売掛金を現金化して資金調達るファクタリングなどは金融ではありませんが、手元の資金を増やすことができます。

ファクタリングでは、売掛金の売買契約をファクタリング会社と結び、譲渡により発生した買取代金を資金として受け取ります。

将来受け取る予定の売掛金を前倒しで現金化させる方法であり、ファクタリング会社によっては即日買取可能となるため、ノンバンクと同様に急な資金ニーズにも対応可能です。

ただしファクタリングも手数料が発生するため、本来受け取るはずだった売掛金が減少することとなり、繰り返し利用し続けることはおすすめできません。

一時的な資金ニーズや、お金を借りずに資金調達したいとき、資金繰りを改善させたいときなどに利用するようにしましょう。

 

まとめ

金融業界は銀行以外にも様々な種類があり、それぞれ担う役割や行う業務など違いがあります。

資金を調達する方法といえばお金を借りることと考えてしまいがちですが、他にもいろいろな手段があるため、金融を頼るときにもそれを踏まえた上で検討するようにしてください。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter