ノンバンクVS銀行|ノンバンクから融資を受けるメリット・デメリット

2017/12/04
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

事業資金融資を受ける時に経営者として、最初に頭に浮かぶのが銀行でしょう。金利が低く高額融資も受けられる可能性があります。

一方で銀行融資にはデメリットもあります。融資までに時間がかかったり、担保などを求められてしまったりする可能性もあるわけです。

その対極にあるのがノンバンクです。銀行とは異なり、融資までスピードがあり無担保での融資も実行しています。

こちらではノンバンクから事業資金融資を受けるメリットとデメリットを銀行と比較してお伝えします。事業資金に困っている方は要チェックです。

ノンバンクとは?


・預金機能を持っていない金融機関

銀行はローンなども実施していますが、預金することが可能です。ローンは利息を支払うことになりますが、預金に関してはお金を預けて利息を受け取れます。
一方でノンバンクに関しては、基本的に預金機能はありません。簡単に言ってしまえば「銀行以外の金融機関」のことを指しているわけです。

消費者金融や信販会社、リース会社などがノンバンクに該当します。銀行からの借入れは融資が実行されるまで審査や手続きなどある程度時間がかかりますが、ノンバンクの場合は即日融資などすぐにまとまった資金が必要という方にも大変便利です。

上手に活用することで「つなぎ資金」に利用したり、資金がショートしないための資金繰り改善に使うこともできるでしょう。

ノンバンクに該当する事業者

ノンバンクは、消費者向け、または事業者向けに事業を行う会社に分けることができますが、それぞれの種類と特徴は次のとおりです。

消費者向けノンバンク

・消費者金融
個人向けにカードローンなどを通じ、無担保で少額融資を行います。

・クレジットカード会社・信販会社
決済やキャッシング機能のあるカードなどを発行し融資を行う会社で、クレジットカード会社はクレジットカードの与信業務、信販会社は販売信用を事業として行います。

事業者向けノンバンク

・リース会社
設備投資などの場合、購入資金を調達しなくてもリース会社が必要な設備などを購入し、長期に渡り貸し出す形で取引を行います。

・事業者金融会社
個人事業主や中小企業などを対象に、事業者向け融資を専門に扱います。

・不動産金融会社
金融上、不動産とみなされる財産を抵当として貸付を行います。

ノンバンクと銀行との違い


ノンバンクを利用する場合には融資後の返済計画をしっかり立てておくことが必要ですが、預金という仕組みがない以外にも銀行と異なる点はいろいろあります

そこで、資金調達にノンバンクを利用することを検討する場合、銀行とどのような部分が違うのか理解しておくようにしましょう。

ノンバンクと銀行との違い①審査の傾向

銀行から融資を受けたくても、厳しい審査を通過できず諦めてしまう経営者も少なくありません。その一方で、ノンバンクは銀行よりも積極的に融資を行う傾向が高く、銀行の審査で否決された場合でも利用できる可能性があります。

ノンバンクにも種類がいろいろありますし、会社ごとに審査基準は異なってきますが、全体的に銀行の審査よりは緩めです。

・豊富な金融商品
ノンバンクは数多くあります。業者ごとに様々なローン商品を取り扱っている、といった事実もあるわけです。自分にマッチングしたローンを見つけやすい、といったメリットがノンバンクにはあります。

・審査スピード重視なら・・・消費者金融系ローンがおすすめ
・高額の融資を希望しているなら・・・不動産担保系ローンがおすすめ
・売掛金があるなら・・・売掛債権担保融資・ファクタリングなどがおすすめ

ノンバンクは画一的なローンだけを取り扱っているわけではありません。多くの種類があり、たとえば実質年率にも大きな違いがありますし利用限度額にも違いがあります。さらに担保についても土地や建物といった不動産であったり売掛金であったりということもあるのです。

不動産担保ローンですが、高額の融資が期待できるだけではありません。実質年率も通常のビジネス系のローンと比較して低めに設定されています。支払利息を少しでもカットしたい、という方は不動産担保系のローンを検討しましょう。

ちなみにファクタリングであれば、実質的に返済は必要ありません。売掛金を現金化するものであり、2社間取引であれば売掛金が回収できたらその金額をファクタリング業者へ振り込みます。3社間取引であれば、売掛先から直接ファクタリング業者に振込をして終了です。

売掛金が豊富にあるような状態で資金難に困っている場合には、ファクタリングの利用を前向きに検討してみませんか。

ノンバンクと銀行との違い②融資実行までにかかる時間

・ノンバンク系の融資までのスピード・・・早ければ2日から3日程度
・銀行の融資スピード・・・2週間から1ヶ月以上かかってしまうことも

事業性の資金を融資する場合には、銀行は審査に時間をかけてきます。様々な書類をチェックし、その上で融資しても大丈夫かを判断してくるのです。早い銀行であれば、2週間程度で融資を実行してくれる例もありますが、審査が難航したり融資の金額が高額であったりした場合には1ヶ月以上かかってしまう事例も少なくありません。

ノンバンクに関しては、短時間審査となっています。審査から融資可決までのスピードが極めて早くなっているのです。最短即日審査を実施している業者もあるほど。

余裕があれば銀行で事業性資金の融資を受けるのも良いでしょう。しかしすでにビジネスに資金がないことが影響を与え始めている場合には、ノンバンクで当座の資金を早急に確保すべきです。

ノンバンクでさらに早く融資を受けるコツ

事前に必要な書類を準備しておきましょう。決算書などは必須なので、いつでも提出できるように用意しておくべきです。
事業内容や今後の経営の見通しなどを説明できるようにしておくことも大事です。審査では返済能力が特に重要です。融資したことにより、経営がどうなるのかをうまく説明できるようにしておきましょう。

・前年度の経営状態だけで判断されない

・ノンバンク系は将来的な返済能力を重視する
・銀行系は過去の実績を重視する

事業性融資を受けるために審査を受けようとすると、決算書の提出を求められます。前年度の経営状態を確認されるわけです。この点においては、ノンバンクも銀行も違いはありません。
問題となってくるのが、「銀行は決算書の内容を最重要視してくる」という部分です。

仮に決算書で赤字が判明すると、多くの銀行は貸し渋ります。お金を貸したとしても返済されないのではないか、と決算書だけで判断してくるケースもあるのです。

ノンバンク系に関しても、決算書を参考にすることは間違いありません。しかし過去が赤字であったとしても、融資したことによって経営が改善し返済能力が高まると判断できた場合には融資を実行してくれるのです。
頭でっかちに「前年度が赤字だから融資したら危険」と決めつけてくることはありません。

要は「銀行は過去」「ノンバンクは将来」を見て審査するわけです。

もしもあなたの会社が前年度に赤字であった場合には、銀行の審査を受けても突破できる可能性はかなり低いです。ノンバンク系の事業性融資を検討しましょう。

ノンバンクと銀行との違い③金利


審査が緩く、迅速な融資の実行などメリットが多い分、借入れに対する金利はノンバンクの方が銀行よりも高めです。

金利が高いということは、毎月の返済額が高くなってしまうこともあります。返済総額が銀行に比べて高額化してしまうわけです。

仮に中小企業が銀行から融資を受けるとすると、実質年率は1.0%から4.0%程度に設定されることが多くなっています。もちろん銀行によっても異なりますし、ローンによっても変わってきます。変動金利や固定金利化によっても分かってくるのですが、金利的に有利なことは間違いありません。
一方でノンバンクからの融資となると実質年率が10.0%を超えてしまうことも珍しくありません。金利的にはどうしてもノンバンクは銀行にかなわないのです。

ノンバンクでも低金利で借りる方法はある

担保系ローンを利用することです。
不動産を担保に入れたり売掛債権を担保に入れたりすることで、実質年率がかなり低くなるケースもあります。

ファクタリングを利用する場合には、3社間取引を利用するのも一つの方法です。2社間取引に比べて掛け目や手数料が有利な設定になっているからです。

金利は利用金額によって変化してきます。高額の利用をすると金利が低くなる傾向があるので、1,000万円以上など高額の申し込みをするのも金利を引き下げる一つの手段です。

・ノンバンクは資金力が弱い
ノンバンクといっても様々なところがあるので、必ずしも資金力が弱いとはいえません。しかし銀行と比べると資金力は低い傾向にあります。

資金力が低いということは、「高額の融資には消極的」ということでもあります。資金力がないのに高額の融資を実施して貸し倒れ、といったことになってしまえば倒産の可能性もあるわけです。大きなリスクを背負えないため、貸し出し金額はある程度抑えてくるのがノンバンクの特徴です。

ノンバンク系のローンですが、上限として1,000万円程度が設定されていることが多くなっています。2,000万円や3,000万円の融資を受けたい場合には、銀行の利用も考えておきましょう。

ノンバンクであったとしても高額の融資を受けられる可能性はあります。前述した「実質年率が不利!返済総額が高くなりがち」にも重なる部分ですが、担保系ローンであれば数千万円や億単位の融資が可能になることもあるのです。担保の評価が高ければ、その分高額の融資にも対応してもらえます。
さらにファクタリングについても高額の現金化が出来る可能性があるので、ノンバンク系で高額の融資を受けたいという場合には検討しましょう。

ノンバンクと銀行との違い④総量規制による融資額の制限

総量規制とは借入総額を年収の3分の1までで制限することですが、銀行は総量規制の対象に含まれないのに対し、ノンバンクの多くは対象になっています。

そのため、銀行からの借入れなら融資額に制限がないのに対し、ノンバンクから借入れを行う場合には、例えば年収300万円の方なら3分の1である100万円までに制限されます。

起業したばかりで収入がほとんどない経営者の方や、まだ利益がほとんど出ていないという場合、ノンバンクから融資を受けることができない可能性もあるということです。

ノンバンクと銀行との違い⑤営業時間の長さ

ノンバンクは銀行よりも準備する必要書類も少なく、融資が実行されるまで時間もかからないので、急いで資金調達しなければならない事態には対応しやすいでしょう。

それに加え、銀行は15時までの営業ですが、ノンバンクは営業時間が銀行よりも長めです。借入れを行いたいタイミングや場面によっては、遅くまで対応してもらえることに大きなメリットに繋がるかもしれません。

ノンバンクを資金調達に利用するなら


資金として借りた元金に対する利息とは別に、事務手数料や繰上手数料など、余計な費用がかかるノンバンクもあります。他のノンバンクよりも金利が低めだからという理由で選んでも、手数料が多くかかって結局支払いが増えれば意味がありません。単に金利だけを比べてどこから資金調達を行うか決めないほうがよいということです。

以上のことを理解した上でノンバンクを利用する場合でも、次に挙げる部分にも注意しておくことが大切になります。利用は計画的に、契約は慎重に結ぶことを忘れないようにしましょう。

注意しておきたいこと①恒常的に利用するべきではない

ノンバンクは銀行融資よりも金利が高めですので、常に資金調達として使っていると、いずれ経営を大きく圧迫することに繋がります。

確かに審査難易度が銀行に比べて低く、さらに最短即日審査・即日融資に対応している業者まであるわけです。融資間隔も短いので、圧倒的な利用しやすさがあります。
しかし利用しやすさはメリットになる反面、デメリットになることもある、ということは覚えておかなければなりません。ビジネスローンを継続して利用してしまうかもしれないのです。要はローンを頼った経営に陥ってしまいます。自転車操業のようなことになってしまうかもしれません。

ローンはあくまで難しい局面を突破するときだけ利用するものです。普段から利用するものではない、といった認識を持つことが大事です。

注意しておきたいこと②銀行からの評価は下がる可能性がある

・借り入れ情報が信用情報に記載されてしまう

ノンバンクからのビジネスローンの借り入れに関しては、信用情報に履歴が残ります。今後借り入れを行うとしても、その履歴が邪魔をしてさらなる借り入れに支障をきたしてしまう可能性もあるわけです。

将来的に銀行や保証協会、さらには公庫などでの高額の融資も検討している場合には、そちらの審査落ちの原因となってしまうかもしれません。

もちろん返済が済んでいれば過去の借入情報については大きな問題にはなりません。しかし融資を受けながらさらなる融資を受ける、ということは難しいのです。

・信用情報に記録を残さない資金調達方法はあるのか?

売掛債権の現金化、というものがあります。
ファクタリングというものですが、会社に売掛金はあるでしょうか。売掛金は入金されるまでに1ヶ月以上かかってしまう事例も少なくありません。中には半年後というケースもあるでしょう。

その売掛金を早く現金化するシステムのことをファクタリングと呼んでおり、要はファクタリングを業者に譲渡して一定額を受け取るものになっているのです。ファクタリングに関しては融資ではないので、信用情報に傷をつけることもありません。今後大きな融資を受けようと検討している時には非常に有効な対策方法ともなるわけです。

ただし日常的にファクタリングを利用する自体は避けましょう。短期的な利用であれば全く問題ありません。手数料が高い、といったマイナス面もありますが、つなぎ資金の確保の方法としては非常におすすめなのです。

注意しておきたいこと③悪徳業者が潜んでいる可能性がある

・闇金が存在していることも
銀行の場合はまっとうな経営をしています。闇金を利用してしまうリスクはないわけです。しかしノンバンクについては、いちおうは貸金業の登録をしなければなりませんが、中には登録しないで経営しているところも少なくありません。いわゆる闇金という存在もあるのです。

貸金業を行っている業者に関しては、利息制限法と呼ばれる金利に係る法律を守らなければなりません。

利息制限法の中身

・元本が100万円以上の借り入れ・・・上限金利は年15%
・元本が10万円以上100万円未満の借り入れ・・・上限金利は年18%
・元本が10万円未満の借り入れ・・・上限金利は年20%

利息制限法は金利の上限を定めたものです。しかし闇金はもちろん法律を守りません。法外な金利を設定して貸し付けてくるのです。気づいたら年に1,000%以上で借り入れを行っていた、という方もいるほどです。

闇金を利用してしまえば、もはや完済は不可能です。さんざんむしり取られた挙句に倒産といった状態になってしまうでしょう。もちろん闇金を利用した場合は弁護士に相談して対応すれば返済の必要はなくなります。しかし時間も労力も無駄にしてしまうわけです。弁護士の依頼費用も考えると得られるものは何もありません。

・安全性の高い業者であるかを確かめる方法

ネームバリューのあるノンバンクであれば問題ありません。そもそも闇金であれば夢位になるはずがありません。

金融庁から正式に許可を受けている事業者かどうか、「登録貸金業者情報サービス」で安全性や信用性を確認しておくと安心です。

注意しておきたいこと④ブラックリストに載っていると利用はできない

ブラックリストとは、カードローンなどの返済が滞った場合、または任意整理や自己破産など、延滞情報や事故情報が金融機関の個人信用情報に登録されることです。個人信用情報にこのようなネガティブな情報が登録された状態が、ブラックリストに載ることといわれています。

銀行よりもノンバンクのほうが審査は緩めなので、ブラックリストに載っていても利用できると思うかもしれません。しかし、ノンバンクも貸し倒れリスクはできる限り避けたいと考えるため、基本的にブラックリストに載っていれば返済能力がないとみなされ、利用できない可能性が高くなります。

過去の借入れで滞納したことがある場合など、滞納の履歴が信用情報機関に残っているかどうか確認しておくようにしましょう。

日本には、JICC(日本信用情報機構)CIC(シーアイシー)全国銀行個人信用情報センターという3つの信用情報機関がありますので、それぞれ信用情報の開示請求の方法を確認しておくと安心です。

注意しておきたいこと⑤借入れはなるべく一本化を

複数のノンバンクから融資を受けて経営を続ける方もいるかもしれませんが、利用するノンバンクが多くなれば、その分支払っている利息負担も大きくなります。また、借入元が多くなれば返済サイクルを管理することも複雑となるため、一本化させることを検討するべきです。

長期に渡り、複数のノンバンクから借入れを続けていると、いずれ自転車操業を行う多重債務者になる可能性があります。多重債務は経営状況を悪化させ、倒産に繋がる一歩ともいえますので、早い段階で債務の一本化を検討しましょう。

ノンバンクを利用することのデメリットをできるだけ回避したいなら


しかし、ノンバンクを利用した場合、利用すると決算書にその事実が記載されることは理解しておく必要があります。ノンバンクからの借入れで資金状況が改善できたとしても、取引履歴があることで銀行からよい印象を持たれず、その後の融資に影響が及ばないとも限らないのです。

なお、ファクタリングを利用した場合であれば、決算書には借入れとして記載されることなく資金調達が可能になります。

借入れではない資金調達方法

ファクタリングとは、ファクタリング会社に手数料を支払った上で売掛債権を買い取ってもらい、売掛債権を資金化する資金調達方法ですので、借入れを行うわけではありません。

すでに商品や製品、サービスなどは提供し終わっているのに、その代金の支払いまで数か月の期間が開いてしまうと、運転資金が確保できずビジネスの低迷に繋がります。

そこで、数か月先に入金される予定の売掛金などの売掛債権を、支払期日が到来する前に現金化できる方法として提供されているのがファクタリングです。手形割引のように、売上分が入金されるまで時間がかかる状態を解消するための方法といえるでしょう。

信用情報機関に影響を及ぼさない

さらに、メインの銀行や他の借入先にファクタリングを行った事実が知られることもありませんし、信用情報機関に影響することもありません。

最短で即日の資金調達が可能

事業の一時的なつなぎ資金が必要という場合や、急ぎで資金を調達しなければならないという場合、ファクタリングも最短即日で資金調達できる場合があるので適しているといえます。

帳簿上は黒字なのに手元のキャッシュが不足していることで、借入れの返済や仕入れや経費の支払いができないという場合でも、新しく借入れを行うことなく資金調達が可能です。

まとめ

資金調達を検討している場合において、ノンバンクからの融資を考えているのなら、利用する上でのメリットだけでなく、利用した後のデメリットまで十分理解しておくことが必要です。

安易に利用してしまうと、結果として経営を無駄に圧迫することに繋がる可能性もありますので、返済計画や事業計画をしっかりと立てた上で検討するようにしましょう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter