ビジネスローンの融資には限界あり!限度額を上げる方法は

2017/11/23
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

ビジネスローンは、融資を行ってくれるいい方法となりますが、融資でもそこまで多くの金額を提供してくれません。ビジネスローンには制限が加えられていて、より多くの金額を借りたいと思っている時には、他の方法もしっかり活用していくこととなります。
事業用に融資を行ってくれる会社もありますが、思っていたよりも金額が増えず、事業の展開が難しくなる可能性もあります。使いやすい方法をしっかりと理解して、できることなら理想的な融資を受けられるように考えましょう。

ビジネスローンを扱っている会社は多い

ビジネスローンを持っている会社は多く、提供するサービスはどんどん増えています。サービスが増えていることで、多くの人が利用しやすい形となっていますが、逆に言えば利用するビジネスローンによって、大きな違いが出てしまう問題もあります。かなり苦労する場合もありますので、ビジネスローンの比較は行っていくことです。
会社の中には、信販会社のようなところもあります。クレジットカードを発行しているタイプの会社で、ビジネスローンの金利がかなり高く設定されていることが多いです。返済に苦労すると、ビジネスローンも使いづらいように感じるので、もっと簡単に返済できるようにしたり、事業を安定させてくれるような方法が望ましいです。
消費者金融を使うことは、更に影響が出てしまいます。消費者金融自体は、非常に大きな金利が適応されるようになりますので、金利面での影響が非常に大きくなります。会社として借りることになりますから、そこまで問題ないと思われているかもしれませんが、実際には返済しづらい問題も生まれやすいです。

ビジネスローンと言っても、会社によって大きな違いを持っていることと、かなりの負担になることがあります。負担が大きくなってしまうような方法を使ってしまうと、より多くの支払いを行うことになるでしょう。

会社の負担を減らせることが重要に

ビジネスローンを活用したとしても、会社の負担が小さくならないと、ローンの返済だけで苦労します。放置していると、ローンの支払滞納によって、どんどん信頼が失われるようになります。借りられる会社が減ってしまうことは、非常に厄介な問題となります。
返済に関連している項目はしっかりとクリアして、正しい期限で返済を続けることになります。返済が遅れてしまうような状況を作ってしまうだけで、ビジネスローンの融資は受けられなくなる恐れもあります。

ビジネスローンよりも活用しやすいものは

ビジネスローンは、利用限度額が設定されていることもあり、たくさん借りたいと思っている時に苦労します。あまり多くの金額を借りられない状況になってしまい、場合によっては事業を展開できる金額としては不足気味で、借りることの意味がない状況になります。
既に何らかの事業を行って、売掛金を持っていたのであれば、ファクタリングに変更した方がいいです。ビジネスローンの場合は、金利による手数料が非常に大きくなりますが、ファクタリングは手数料を軽減するサービスも用意されているので、負担が大幅に減ることとなります。小さい負担で大きな金額を借りられる方法は有効です。
ビジネスローンは、審査も厳しい傾向にあります。審査があまり厳しくないような会社を利用する場合、金利の高さで悩まされることになり、いい会社から融資を受けたいと思っているなら相当苦しい状況になります。ただ、ファクタリングに切り替えることで、審査自体はそこまで複雑なものではなく、売掛金の返済がしっかりされるかどうかだけを見られるようになります。

審査も簡単で、融資も受けやすくなっていることが大きなポイントとなりますので、ファクタリングを活用したほうがビジネスローンよりも借りられる額は多くなります。

利用する金額を増やすテクニック

売掛金を買い取ってもらうことで、ファクタリングは融資を受けられる仕組みとしていますが、ファクタリングで多くの金額を得たいなら、売掛金を高めることが大事です。大きな売掛金が発生している場合は、すぐにでもファクタリングでお金に変えてもらえば、新しい事業展開が可能になります。
大きな金額を持っている売掛金が存在しないなら、小さいものを複数集めるようにしてください。小さいものがたくさん集まれば、希望している金額にたどり着く可能性もあります。ファクタリングは、複数の売掛金を提供しても構いませんので、目標に達するまで提供し、金額を増やす方法もあります。
ファクタリングを使えば、ビジネスローンでは無理とされる、1000万円以上の融資を受けられるようになります。売掛金を買い取ってもらうだけの契約となりますので、これまでよりも負担が小さくなっており、会社は本来受け取るはずの利益を先にもらっているだけなのです。より安心して融資を受けられる方法として、ファクタリングはとても重要になっていて、今後も多くの会社が利用することになります。

売掛金が出ていない場合は

売掛金がなければ、ファクタリングを利用することができません。ファクタリングの前に、まずは売掛金を作るための交渉を進めることになります。色々な会社と相談して、事業ができるようになっていくと、ファクタリングを活用できるチャンスが生まれます。
一方で、事業を開始したばかりで、どこの企業とも提携することができない場合は、ビジネスローンを活用した方がいいです。最初のうちは、ビジネスローンでも会社の経営が成り立つ可能性はありますので、1つの会社から融資を受けて、事業を展開できるように進めます。後は事業がうまくできるようになれば、ファクタリングに変えることも可能です。
売掛金を作るまでが結構大変かもしれませんが、しっかり作らないとファクタリングのサービスはできません。最初のうちだけビジネスローンを利用して融資を受けるようにして、後からファクタリングを調べた上で利用する方法もあります。

ファクタリングは他の企業にも確認を

ビジネスローンの場合は、借りる企業が相談して決めることであり、他の会社が何か関わることはありません。ファクタリングの場合は、ビジネスローンと異なり、売掛金の契約をしている会社が重要になってきます。いい会社と提携をしていない場合は、売掛金の問題に直面する可能性もあります。
他の企業にも、ファクタリングを利用したいことを告げておく必要があります。ファクタリングの会社は、情報を調べて問題がないことを確認し、売掛金を支払ってほしいという話を持っていくからです。知らないまま契約をしていると、相手企業に不信感を与えるようになりますので、信頼されるためにも先に連絡を入れたほうが良いでしょう。
双方がしっかりと相談することによって、ファクタリングを利用することを確認し、問題なく融資を受けられるようにしましょう。

ビジネスローンは最初だけに留める

融資の方法としては有効なのですが、返済の金額が高くなる恐れもありますし、多くの金額を得られない問題も抱えています。事業を展開していくようになると、より多くの融資が必要となっていくので、色々な方法を活用することも大事です。
ビジネスローンから切り替えるタイミングを図りつつ、ファクタリングも活用してください。売掛金として残されているだけの状況が続いているよりも、ファクタリングで早期に資金に変えてしまったほうが、事業展開は行いやすくなります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter