融資と貸付に違いはあるの?ちょっとした違いに注意

2017/11/18
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Whatsapp

融資と貸付は、同じような言葉として使われています。借りるためにサービスを調べていると、融資と貸付を同じように使っていて、同じような言葉として考えている方が多いのです。しかし、融資と貸付は、少しだけ違いを持っています。言葉の違いに気をつけておくと、色々なトラブルを避けることができるでしょう。

融資の意味とは

融資は、資金を融通することを指している言葉です。資金を提供して、返してもらうことを示していると考えてください。提供するという形になりますので、融資の場合は無利息で提供しても問題はありません。ただ、無利息で提供している会社はありませんので、大半の場合は融資について利息を払って貰う形になります。
この言葉を多く利用しているのが銀行などの金融機関です。融資を行いますがどうしますかという話を持ちかけて、実際のサービスについて考えやすくしています。融資という言葉を全面に出して、資金を融通させることをアピールしているのです。貸付という言葉は、あまり金融機関では利用されないと思ってください。
資金以外の融通では、融資を使ってはいけません。間違って混同させてしまった場合は、とても迷惑になりますので、融資の場合は物品の提供では使わないでください。

貸付の意味とは

一方で貸付は、資金や物品を提供する権利を貸すことです。この時には、借用書などを定めて、金利や期限などを設定しても問題はありません。つまり貸付を使っている場合は、絶対に金利や期限が設定されるようになり、更に権利を提供することで、お金を貸し与えていると考えてください。
もちろん借入に代わりはありませんし、融資と同じように金銭に関連している項目であれば、同じように処理されていきます。あまり明確な違いはないように思われますが、物品については貸付を活用しています。貸付を使っていない場合は、物品を提供する権利がなくなってしまうので、間違った使い方をしていることとなります。
貸付を利用している主な会社は、消費者金融となります。融資という言葉を使うよりも、貸付を行う会社ですというイメージで展開しています。消費者金融は、利息によって利益を得ている会社ですので、金利や期限などを設定して得られる金額を作らなければなりません。これらの項目がしっかり作られていないことには、貸付デメリットを得られなくなってしまうので、消費者金融としては絶対に設定が必要となっている項目です。

融資と貸付にあまり違いはない

融資と貸付の2つには、あまり違いはありません。提供できるのが融資だと資金のみ、貸付だと物品の権利も提供できますが、言葉の意味合いが少し違っている程度です。つまり、どちらの言葉を利用しても厳密には問題はなく、提供できるものが金銭なら両方を使っても構いません。
明確に違いが出てしまうのは、物を貸している会社です。物資を提供して、その見返りにお金を払ってもらう場合は、物品の貸付によって権利を提供している形になりますので、貸付を使わなければなりません。物に対して融資という言葉はまず使いませんので、金銭なら融資を、それ以外のものなら貸付を使ったほうが良いでしょう。
あまり違いがあるわけでもないので、金融機関を利用するならどちらでも構いません。間違って使っても恥をかくことはありません。

ファクタリングはどちらに該当する?

ファクタリングを活用する時、融資と貸付のどちらを利用するのが一般的なのか、ちょっと気になるかもしれません。ファクタリングの場合は、貸付のほうが多くなる傾向にあります。融資の場合は、金利などの設定をしなくてもよく、更に金銭をベースとしている言葉です。貸付の場合は、物品を提供できる権利となりますので、債権を購入してお金を与えるという使い方は貸付のほうが該当しやすいのです。
ただ、ファクタリングの会社でも、融資という言葉を使っている場合があります。融資も貸付も、使っても問題のない言葉ではありますし、融資と書いている場合でも間違いではありません。ただ、行っている方法からすれば、ファクタリングは貸付のほうが正しい傾向にあります。手数料や期限を設定していることに加えて、売掛金を債権としてお金を与えてもらっていることを考えると、項目としては貸付に近いのです。
言葉の意味合いが少しだけ異なっていると考えれば良いのですが、ファクタリングの場合は貸付として考えておくことが望ましいでしょう。

貸付より融資のほうがイメージは良い

イメージの問題を考えると、若干ですが融資のほうがイメージ的には良くなります。貸付の場合は、消費者金融のように提供している方法が利益優先という形になってしまい、あまりイメージとしては良いものにならないのです。
ファクタリングも、こうしたイメージを考えて融資を使う場合があります。貸付のほうが意味としては正しい傾向にあるものの、融資のほうがイメージアップは図りやすくなっているのです。
融資を行っていますという説明をされている時、ファクタリングは貸付のほうが正しいように思うけどと感じても、あまり口出しをしないほうが良いでしょう。どちらの意味でも正しいですし、イメージとして大金を提供しているなら、融資のほうがイメージは良いものになるのです。

小さいお金なら貸付でも良い

消費者金融が貸付を利用している背景には、あまり多くの金額を融資していないところがあります。融資している金額が小さくなっていると、そもそも融資といえるのか微妙に感じられる部分もあります。そこで消費者金融は、小さい金額だと思っていることを踏まえて、貸付を使っている傾向があります。
数万円程度の貸付と考えると、イメージとしては安い金額を提供しているのかなと思えるようになります。小さいお金の場合は、貸付でも意味は通じる傾向にありますし、あまり金銭的には多くないものと判断されているので、負担は大きくなっていないのです。
貸付を使った場合に、小さい金額を借りることなんだなと思われている部分もありますが、しっかりと金額について考えてください。使う場面なども考えて、融資と貸付の2つを使い分けることも大事です。

両方の言葉を使われても同じものと考える

説明を受けている時、融資と貸付の療法を使っている会社もありますが、同じ言葉として対応してください。2つとも意味としては似ているものになりますので、間違っているのではと思わないようにして、問題なく処理しておきましょう。
どちらが利用されても対処できるように、2つの言葉は同じような意味であり、しかも金融機関であっても利用される可能性があると思ってください。使われないというイメージで考えることは避けましょう。

言葉のちょっとした違いに気をつけて

金融機関が利用している融資と、物品を提供している会社が利用している貸付は、ほぼ違いがないものの、物品に関連する項目が貸付にはあります。更に、貸付の場合は期限が設定されますので、期限を守って返却しない状況を作ってしまうと大問題になります。
ファクタリングの場合は、期限を設定していることが多く、かなり短い期限でお金を貸しているようなものです。つまり貸付のほうが意味としては通じるのですが、大金を借りるケースが多いので、融資を使うこともあります。どちらにしても、お金を借りるために必要な依頼を出しているわけですから、どちらの言葉を使われても対処できるように考えましょう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Whatsapp