融資に必要なポイントは?達成できることで融資を受けやすく

2017/11/16
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

融資は、色々なポイントで審査を受けることになります。審査を行っている状況によって、落とされたり通過できたりと違いが出てきます。融資のポイントは、金融機関によっても異なっていますが、同じような部分を審査している可能性もありますので、判断材料をしっかり理解して融資を受けやすくしましょう。

融資は安定性と成長性を確認している

融資のために行っていることは、成長性が確保されていることです。これから会社が成長して、更に売上を増やしてくれるだろうと思えば、ほぼ返済されるものと判断しています。増資による判断でも同じように考えていますが、成長性がしっかりと残されていて、かなりの利益を出せるようにしているようなら、問題なく融資を受けられるようになります。

もう1つのポイントとして、安定性が確保されていることも重要になります。安定性は、会社を問題なく経営できる状況になり、返済が行われやすいと判断されているのです。安定していることは、金融機関によってかなり重要なポイントとされていますので、安定性を確保していると融資を受けやすくなります。

この2つがとにかく重要になっていて、1つでも失われていると審査に落とされてしまいます。融資を受けたいと思っている時に、しっかりと項目をチェックして考えていくことが重要だと思ってください。場合によっては、融資がしっかりと受けられないことで、資金繰りの問題だって起きてしまいます。

考え方によってポイントも変わる

ファクタリングや金融機関の融資、更には消費者金融に投資家の提供など、色々な方法によって融資を受けることが可能になっています。ただ、考え方は違っていますので、どのような考えを持っていて、要求されている項目を満たせているのかチェックしていくことになるでしょう。

変わっていくポイントを抑えられないと、審査を通過できなかったり融資を断られてしまいます。方法が制限されていくと、会社の存続は厳しい状況になってしまうので、出来る限りいいイメージを持ってもらい、融資を受けられるようにします。

ポイントを抑えられているかどうかは、かなり重要な部分と思ってください。求められていることをしっかり満たしつつ、会社の信頼性を全面に発揮できるようなら、融資を受けられます。その一方で、考え方を理解できないままお願いしていることで、大きな問題が出てしまう恐れもあります。しっかりと考えをまとめておきましょう。

金融機関を活用する際のポイント

金融機関を活用して融資を受けたい時のポイントはいくつかありますが、特に気をつけておきたいのが以下の2つです。

ポイント1:経営の安定感を示す

決算の書類などを活用することで、金融機関は情報の整理を行うことができます。最終的に経営が安定しているような状況で、売掛金が不良債権に陥っていないと判断できるようなら、融資を行ってくれます。不良債権や赤字が多くなっていること、更には債務を抱えて資金繰りも厳しいような状況と判断されるようなら、経営の安定感はないと考えられて、融資を受けられません。

ポイント2:用途の説明をしっかり行う

融資を行うためには、事業を説明していく形になり、用途についても明確に示すことになります。用途を説明できない場合は、本来受けられる可能性を持っていた融資を受けられなくなり、かなり苦労することとなります。用途は明確にしつつ、どの事業に利用されることになるか説明してください。内容次第では、融資を受けられる可能性がアップします。

ファクタリングを活用する際のポイント

一方でファクタリングを活用する際のポイントは、金融機関と少し異なる視点が採用されています。ファクタリング独自のポインをしっかり抑えて対応しましょう。

ポイント1:売掛金の回収が可能なのか

これは借りたいと思っている会社の状況ではなく、売掛金の契約をしている別の会社が対象となります。本来払ってくれる会社が健全に経営されていて、安定して売掛金を支払ってくれるようなら、ファクタリングの審査は通過できるのです。ただ、支払いが滞納しているなどの問題や、経営自体が悪化しているなどの理由で、明らかに怪しいような状況と見られれば審査に落とされてしまいます。

売掛金の回収が最優先の問題と考えても良いでしょう。安定している売掛金を提供できないことには、ファクタリングは利用できません。

ポイント2:売掛金の債権譲渡が可能なのか

売掛金については、ファクタリングの会社に債権譲渡を行っていく形になりますが、できない売掛金だと対処できません。譲っても問題がないことを示さないことには、ファクタリングでは融資を受けられないのです。

ファクタリングは、売掛金の債権を受け取る代わりに、その金額に相当するものを提供している会社です。債権譲渡ができないような契約を行っていた場合は、債権を受け取れないのでファクタリングに活用できず、審査を通過できません。

ポイント3:契約する会社の安定性

契約している会社、つまりお金を提供する会社の安定性も求められています。売掛金の支払いが滞納されている場合、契約した会社が代わりに支払う契約を採用していますが、契約を変更した時に支払いができないと、ファクタリングは大きな損失を計上してしまいます。

会社の安定性がなければ、ファクタリングは契約が厳しくなってしまいます。融資判断のために、安定性も求められていると思ってください。安定性のない状況は、赤字などの金額が多くなっていることを示しており、倒産しそうなイメージが付いてしまうと厳しくなってしまいます。

ファクタリングのほうが若干ポイントは多い

金融機関の場合は、ポイント自体は少ないですし、その1つ1つがかなり厳しい傾向にあります。厳しい審査を行って、最終的に信頼できると判断されない限り、融資を受けられない設定にしています。かなり厳しい審査を受けることになった場合は、辛いと感じるところも多くなってしまうでしょう。

一方で、ファクタリングはポイントが多くなっています。色々なポイントをチェックして、安定してサービスを展開して、ファクタリングの契約を完了できるのか考えています。ただ、審査の項目は厳しく見ていないところもありますので、全てが厳しく見られてしまい、審査を通過できないなどの問題は起こりづらいのです。

審査を通過したいなら、ファクタリングを使ったほうが良いでしょう。安定感を持っていて、売掛金が譲渡できる形になっているなら、審査を通過できる傾向があります。契約している会社の動向にも左右されますが、安定していることがわかっていれば問題はありません。

融資のポイントを知らないことは大失敗になる

どのような方法を使っても、融資のポイントを知らないまま契約していると大きな失敗となります。とにかく成長性を持っていること、安定性を持っていることの2つは重要で、その上で融資を受ける方法によって違いが出てくると思ってください。若干ですが、ファクタリングは契約しやすい傾向もあります。

大失敗を起こしてしまうと、資金繰りの悪化が避けられません。会社のイメージダウンにもつながってしまうことですので、安定して融資を受けられるように考えましょう。書類でしっかり説明することも大事ですが、口頭によって説明する機会が用意されます。話をしている時に、担当者に安心できるイメージを持たせておけば、融資は近いです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter