カードローンの審査に通るためのコツとは?100万円借りるためのポイント

2019/09/17
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Whatsapp

資金調達が必要になったとき、カードローンを利用することを考えるのなら、銀行系や消費者金融系、信販会社系などどれを利用するべきか選ぶことから始まります。

いずれにしても銀行融資よりも審査結果がわかるまでの時間は早く、資金が枯渇してしまいそうなタイミングでも対応できることがカードローンの特徴です。

そこで、もしカードローンを利用して資金調達しようとする場合、審査を通すには何に注意すればよいのか、もし100万円借りようとする場合に実行しておきたいポイントをご説明します。

 

なぜカードローンは多く利用されている資金調達の方法なのか

資金調達できる方法はいろいろです。国や自治体から給付される補助金や助成金などであれば、返済負担に追われることなく資金を得ることができるでしょう。

しかし、申し込みまでに揃えなければならない書類は多岐に渡り、準備するためにも時間や手間がかかります。さらに原則、後払い方式になっているので、すぐに資金が必要という場面では対応できません。

このような場合、迅速な審査で即日融資されることもあるカードローンのほうが、急いで資金調達することが必要というニーズに適しているといえます。

 

カードローンの限度額はいくらまでなら設定可能?

カードローンで利用可能となる限度額は審査によって決まります。利用する金融業者によって最高いくらまでの融資が可能であるといった上限も定められていますが、その範囲で設定される利用枠はそれぞれの信用力により差が出てきます。

たとえば大手消費者金融系のカードローンを利用する場合、一般的には少額融資を主としているため、500万円から800万円までを限度としていますが、銀行系のカードローンの場合は500万円から1,000万円まで対応可能となっています。

その限度額の範囲で、申し込みのあった方の信用力を判断し、いくらまでなら利用可能とするのかという枠が決まる形です。

 

カードローンには無担保型と有担保型がある

カードローンは担保の差し入れや保証人を必要としない無担保型と、不動産などを担保として借り入れを行う有担保型があります。

どちらも原則、使途は自由ですが、個人向けカードローンの場合、事業資金に充てることはできない点に注意が必要です。

事業資金として利用できるように、個人向けでも個人事業主を対象としたカードローンを別途提供している金融業者もあります。

無担保型の場合は担保や保証人が要らないというメリットはあるものの、融資限度額は低く設定されています。有担保型は主に不動産を担保として借り入れを行うことになるため、融資限度額も高めに設定されていることが特徴です。

 

さらにカードローンの種類は5つ

カードローンには次のような種類がありますが、使用使途などによって限度額や貸し付け条件などが異なってきますので、それぞれのカードローンの特徴を把握しておくとよいでしょう。

 

・フリーキャッシング(自由な目的に利用可能)

基本、使い道は自由ですが、ギャンブルを目的としていたり、事業資金に充てることはできません。使途自由と言っても、申し込みの際に資金目的の確認は行われます。

 

・目的ローン(資金の使途が事前に決まっている場合)

旅行やレジャー、ブライダル、教育資金、自動車や住宅購入など、調達した資金の利用目的が決まっているときに利用できます。

フリーキャッシングよりも限度額は少なめの設定となりますが、使用使途が明確である分、低い金利で利用できたり、月々の返済負担を軽減した状態で借り入れが可能です。

 

・ビジネスローン(事業資金)

通常、ビジネスローンは生計費と併用はできません。ただ、融資実行までのスピードははやいので、急いで資金が必要という場合に適しています。
事業目的としての使い道に限定されますが、総量規制の対象にならないことはメリットといえるでしょう。

 

・おまとめローン(貸金業法に基づくおまとめローン)

複数社からの借り入れがある場合など、一つの大きな借金にまとめることを目的としています。

多重債務者が借金を一括返済する資金の貸し付けを行うためのローンですが、総量規制の対象にも含まれないこともメリットです。

ただし、利息制限法による債務減額や過払金返還請求ができないか、他に適切な債務整理方法はないかを検討した上で利用することが望ましいといえるでしょう。

 

・借り換えローン(金利を下げることが目的)

高い金利で利用しているローンから、低金利で利用できるカードローンに借り換えを行い、総返済額を削減することを目的としています。ただし金利が低い分、審査はやや厳しくなってしまう点は理解が必要です。

 

審査が不安という場合でもカードローンなら借りやすい

カードローンで資金調達したいけれど、審査に通るか不安という場合もあるでしょう。そのような場合、どのように審査が行われ、何を重視して融資の可否を判断するのか把握しておくことをおすすめします。

 

カードローンの審査方法

現在、カードローンの申し込みはインターネットを利用することが主流となっていますが、電話やFAX、直接店頭窓口に行って手続きを行うなど、どの場合でも審査に通らなければ借り入れはできません

カードローンは金融業者の指定している保証会社が保証を請け負うことになるため、保証人は必要ないという場合でも、利用する金融業者と保証会社、2つの審査に通らなければならない仕組みです。

 

審査に通りやすいのは消費者金融系

どの金融業者を利用するかによって、審査の通過率や難易度は違いがありますが、一般的には銀行系が最もハードルが高く、信販会社は中程度、消費者金融系がもっともハードルが低く借りやすいといえるでしょう。

銀行系のカードローンは銀行法が適用となることから、貸金業法が改定されたことによる総量規制など影響は受けません。ただその分、貸金業法に匹敵する審査基準で対応するところもあるようですし、スコアリング以外に警察庁のデータベースにも照会することが義務付けられています。

これは反社会勢力に対する資金供与を防ぐことを目的としていますが、この手続きにより審査結果がわかるまで一定の時間が必要となっているようです。

 

少額融資のほうが通過率は上がる

融資希望額が30万円から50万円という少額融資を希望したほうが、審査に通過する率は高くなります

借り入れの希望金額が100万円以上の場合は審査も慎重に行うことになるため、その分、審査にかかる時間も長くなり、難易度も高くなってしまいます。

もしカードローンで高額融資を希望するなら、まずは少額融資で借り入れを行い、借入や返済実績を作った後に、増枠してもらうといったことが望ましいでしょう。

 

カードローン審査に通るために必要なポイント

カードローン審査に通るためには、次に挙げる項目を重視しておくようにしてください。実践することで、申し込み後の審査を通過する確率を上げることができるかもしれません。

 

年収に見合う金額での申し込みを

年収が低いのに高めの限度額で申し込みを行っても審査に通る確率は低いといえます。そこで、年収に見合う金額での申し込みを意識して行いましょう。

信販会社や消費者金融など貸金業者から個人が借り入れを行う場合、年収の3分の1までという総量規制による縛りもあります。

すでに他の貸金業者から融資を受けている場合など、年収の3分の1の範囲でおさまらなければカードローンからの借り入れはできないと判断されますので注意しましょう。

 

申し込みはインターネットから

カードローンの申し込み方法はいろいろありますが、インターネットを使ったほうが手続きはスムーズです。

カードローンの場合、審査にスコアリングシステムを採用していることが多いですが、このスコアリングシステムは統計に基づき信用度を点数化するというものです。

申し込みした方の年齢や年収、勤務先、勤務年数、居住形態といった属性や、過去の借り入れや返済状況などの信用情報から、貸し付けを行ってよいかまず判断されます。

手書きの申し込みでは、記載した内容にミスがあったり、読み取れないといったトラブルが起きる可能性もありますが、インターネットであれば必要項目に入力していくだけなのでミスがおきにくく、スムーズに審査まで繋がります。

 

所得を証明する書類は準備しておく

カードローンの審査には、どのくらいの収入があるのか所得証明書の提出を求められることがあります。一般的には50万円までの借り入れであれば不要とされているようですが、高額融資を希望する際には必ず提出しなければなりません。

慌てなくてもよいように、給与明細なら最新のものを2~3か月分、賞与証明書は最新1年分、他には最新の源泉徴収票や確定申告書の写し、市区町村で発行される課税証明書なども所得証明書として使うことができます。

所得証明についても、インターネットによる申し込みなら事前にオンラインで送信することができるので便利です。

 

在籍確認などには早めに対応する

金融業者が在籍確認や本人確認のために連絡をしてきた場合、早めに対応することで審査を先に進めることが可能です。

手短に終わることなので、申し込みを行った後は電話に出れるようにしておくことも大切といえるでしょう。

 

カードローンで資金調達した後は遅れず返済すること

カードローンで資金を調達したら、後は遅れずに期日までに返済を続けることが重要です。よい実績を残すことで、金融業者からの信頼度も高まり、利用枠が増える可能性も出てきますし、最低でも3か月以上は実績を作ることで、状況次第で100万円の増枠も出やすくなると考えられます。

クレジットヒストリーはカードローンやキャッシングなどの利用や返済履歴のことですが、個人の信用情報を管理している機関に蓄積されるデータであり、与信判断の基準として用いられます。

銀行やクレジット会社、消費者金融会社などが与信業務の際に利用しますので、よい内容を残しておくことがとても重要です。

 

ニーズに合った借り入れが可能か確認を

カードローンの中には即日融資を可能としたり、一定期間は利息がつかないといったサービスを提供しているところもあるので、無利息となる期間を上手く活用することにより、一時的なつなぎ資金として利用することもできるでしょう。

即日融資を可能とするカードローンの場合、最短30分で審査結果が確認できるなど、迅速性の高さが魅力となっています。

ただし、混雑の程度や書類が揃うまで時間がかかった場合には、翌営業日に審査が持ち越しになることもありますので注意しましょう。

 

審査のないカードローンも存在する?

カードローンを利用する上で設定される金利は、たとえば消費者金融なら15~18%となります。

ただ、

  • 低金利○%で即日融資可能
  • 審査なしで即日借り入れ可

といったうたい文句で誘う広告を打ち出している金融業者もあるようですが、審査なしで貸し付けを行うことはありません

金融業者も営利目的で事業を営んでいる以上、貸し倒れリスクを回避することは避けられません。そのため、あまりに信用力の低い相手に対して貸し付けを行うことはないのです。

それなのに審査なしで借り入れが可能という金融業者が存在するのなら、それはヤミ金業者である可能性が高いといえるでしょう。

ヤミ金業者は一度利用してしまうと法外な利息を請求されることになり、完済したくてもできない状況に追い込まれることになってしまいます。甘いうたい文句に乗ってしまわないように、十分注意するようにしてください。

 

まとめ

カードローンで資金調達する場合、銀行系や信販系、消費者金融系などどこに申し込めばよいか迷うこともあるでしょう。

ただ、利用する金融業者によって融資限度額は異なりますし、利用できるローンの形も異なります。さらに審査基準なども変わってくるため、もっとも自分に適していると判断できるカードローンを選ぶことをおすすめします。

審査の段階で希望する利用額には関係なく、所得証明書の提出を求めてくる厳しい金融業者もあれば、一定額までなら所得証明なしで本人確認書類だけでよいという場合もあります。

どこの金融業者のカードローンを利用する場合でも必ず審査は存在します。審査を行わず貸し付けを行おうとするのはヤミ金業者と判断できますので、絶対に利用しないようにしてください。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Whatsapp