即日で借りるのはかなり困難?使えるまでの日数をチェック

2017/10/31
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

お金を借りる時に、即日で借りられるかどうかはかなり重要になっています。事業を行っている会社としては、事前に準備してから借り入れを行っていく傾向もありますが、すぐにでも借りなければならない状況も訪れます。
借りるまでに必要な時間を知っていると、借入の計画を作りやすくなります。即日でも借りられるサービスもありますから、色々なサービスを理解して融資を受けましょう。

融資には結構時間がかかるもの

融資を受けるためには、時間が必要になってしまいます。かなり時間が必要となる場合もありますから、時間を作って計画を出し、最終的に認めてもらうように考えます。そして契約ができるようになって、ようやく融資を提供してもらえるのですが、ここまでに相当な時間がかかってしまいます。
時間がかかってでも、信頼できる会社から借りていることが何よりも大事だと思っているなら、それも良いことです。信頼できる会社から借りるのは、とても重要な部分ですし、これから安心して事業を展開しつつ、何度も利用する会社と契約を結んで、融資を受け続けるような状況は望ましいことです。
ただ、早く融資をしてもらえないなら、事前に準備を行っていくことになるでしょう。大きな問題が生じる可能性もありますから、すぐにでも借りられる方法を理解してください。もしもの時を想定して、行動できる範囲を広げたり、方法を増やすことも会社に求められています。

融資にかかる時間をチェック

サービスごとに異なっている部分をしっかり理解して、どれくらいの時間が必要なのかチェックしてください。即日で借りたいと思っている方には、借りられるサービスを理解する必要もあるでしょう。ここでは必要な時間と理由についてまとめました。

金融機関の借入:1週間程度(カードローンなら即日も)

金融機関の借入は、かなり遅くなる傾向があります。審査にかかる時間が影響しているためで、1週間程度の余裕を持っていなければなりません。書類などの準備を考えると、相当な時間が必由になってしまうのは間違いありません。
1週間前から準備して、審査を受けて融資を受けられる状況にしなければなりません。即日融資を受けることはほぼ無理だと思ってください。審査の過程で様々な部分をチェックしていることと、事業用に提供する融資の場合は、あらゆる部分で確認を取り、信頼性を見ているからです。
ただ、カードローンを検討している場合は、即日融資を可能にしている会社もあります。提供しているカードローンによって異なりますが、その日のうちに借りられる方法も十分にあるのです。その代わりに、借りられる限度額が小さくなってしまうこと、要求している金額に満たない融資しか受けられないなどの問題があり、金額面の問題が生まれてしまいます。

公的融資を受ける:1週間程度

金融機関とほぼ同じように提供していますが、公的融資のほうが若干ですが遅い傾向にあります。公的融資の場合、国の処理が遅くなっていることが要因に挙げられているので、金融機関よりも更に遅い審査を受けることとなります。即日融資はまず受けられません。
審査に影響が出てしまうのは、国の体質という部分が影響しているでしょう。金融機関は企業として行っているサービスですので、会社によっては夜間帯でも審査を行っている傾向があります。これなら審査を受けやすくなり、サービスを使いやすいかなと思えるのですが、国のサービスは公務員が担当しています。仕事をしている時間が制限されているので、審査も遅くなってしまいます。
1週間程度は目安という数字ですから、それ以上にかかってしまう可能性もあります。2週間程度待たされて、ようやく審査を通過したことが連絡されることもあるくらいで、融資までには2週間以上は必要と思ってください。

なお公的融資でも、緊急で融資を受けられる方法も用意されています。緊急小口資金なら即日融資が可能となる場合もありますが、借りられる金額が非常に小さいために、ほぼ企業が使うことはできないでしょう。

消費者金融:即日可能(遅くても2日程度)

 

 

消費者金融は、事業用ローンを提供していることもあるので、企業や個人事業主で利用している会社もあります。金利が高くなってしまうので、あまり多く利用するわけにもいきませんが、どうしても必要になっているなら活用することになります。
とにかく早く融資をしてくれる代わりに金利が高いと考えてください。消費者金融の場合は、即日融資はほぼ可能にしていますし、午前中に申し込みをしていれば、ほぼ借りられる状況を作ってくれます。金融機関等より、審査の基準が難しくないことで、ある程度信頼できる会社なら貸してくれるでしょう。
借りられる金額は多くありませんので、金融機関よりも多く出してくれないと思ってください。また金利面の問題もあるので、早期に返済しないと利息が多くなってしまい、かなり苦労することもあります。

ベンチャーキャピタル:状況により変化する

ベンチャーキャピタルから投資を行ってもらう方法も、融資として活用できます。ベンチャーキャピタルの場合は、企業に投資してくれる方法としては良いのですが、多くの場合はかなり時間が必要となります。即日でお金を受け取るというのは、よほどの状況じゃなければ起こりません。
遅くなってしまうのは、交渉を進めていかないとサービスを使えないからです。ベンチャーキャピタルとしては、本当に成長性を持っていて、将来的に利益が出ることを期待しています。つまり成長の能力を持っていることの把握をしたいので、審査に時間をかけています。
本当に信頼できると判断できれば、1週間以内にお金を出してくれる可能性もありますが、結構時間がかかり、1ヶ月以上経過してもまだ考えているような状況も生まれ続けているのです。ベンチャーキャピタルを活用する場合は、遅くなることを前提として考えましょう。

ファクタリング:即日可能(遅い場合もある)

ファクタリングは、即日でも貸してくれる方法で、しかも金融機関クラスの融資まで可能にしています。貸金業者ではなく、債権を購入してお金を出してくれる方法ですので、ファクタリングはある程度の審査を受ければ活用できます。倒産するような状況じゃなければ、ファクタリングは利用可能にしてくれるでしょう。
必要な書類の準備を行っていないと、審査を受けられないので気をつけてください。もっと審査を早く進めたいと思っていたのに、書類が足りないので行えないと思われてしまえば、ファクタリングを受けるまでに時間がかかってしまいます。
活用する場合は、先に準備を進めていくことが大事であることと、ファクタリングに関連している企業を調べておくことです。即日でも融資をしてくれるような会社を前提に交渉して、少しでも早く審査を完了させて契約する方法を採用してください。

ファクタリングが即日融資には適している

 

ファクタリングは、軍を抜いて他よりもサービスが早いとされているので、どんどん活用していきたいものです。特に即日で借りたい人には、すぐに手続きを行ってくれて、大金を融資してくれるでしょう。それくらいファクタリングは安定していることと、早く対応できる方法なのです。
即日融資には、ファクタリングが一番適していると考えていいでしょう。他の方法よりもかなり早くしてくれることに加えて、融資額も高いです。消費者金融より手数料も小さくなる傾向があるので、返済できる能力さえ会社が持っていれば問題なく使えるサービスです。

即日でお金を借りるなら気をつける点も

 

早く融資の受けられる方法が分かったとしても、借りるために気をつけるポイントがいくつかあります。ファクタリングを利用する前提で考えるなら、特に気をつけて対応しておきましょう。

本当に信頼できる企業なのか

 

最初に考えていくポイントは、企業の信頼性です。借りたいと思っている会社の信頼性は本当に重要なポイントですが、借りたいと思っている会社の信頼性だって大事です。悪質なファクタリングを提供している会社、即日融資をしてくれるような消費者金融なのに、実際には闇金などの問題も出ています。
貸金を活用する場合は、貸金業者として登録しているはずですから、登録されている番号が本当に正しいものか確認しておきましょう。大手の企業を利用しているようなら、問題なく登録されているはずですから、安心して審査を受けることができます。
ファクタリングの場合は、貸金業者ではありませんので、番号を利用して調べることができません。信頼性を調べるための方法は、企業の名前や実績で確認します。知っている企業の名前が入っていたり、これまでにファクタリングを何度も行って、安心できる実績を確保していると判断できるなら、利用できる会社となります。

即日融資を受けられる金額

 

次に重要になるのは、求めている金額を融資してもらえるかです。希望している融資の額が高くなっていると、ファクタリングしか選択肢はありません。カードローンで活用できる額は1000万円くらいが限界で、しかも企業の信頼性が高くない限り、1000万という利用限度額に設定することがありません。つまりファクタリングを活用したほうが、即日融資で得られる金額は多いことになります。
小さい借入なら選択肢は多くなりますが、大きな借入なら選択肢はファクタリングだと思って行動しましょう。他の会社を当たっても、利用限度額の問題で借入が厳しくなってしまいます。ファクタリングなら、債権の数によって融資の額を調整できるので、大掛かりな借入も即日で提供できるのです。
金額が多ければ多いほど、ファクタリングの選択肢がかなり有効だと思って、利用する手続きも考えておきたいところです。事業を展開できるほどの金額を1回で借りられることが何よりも重要になっていますので、求めている金額を即日で出してくれる会社なのかもチェックが必要です。ファクタリングの場合は、企業が提供できる限界なども一応調べましょう。

いつまでに手続きを行えば即日で借りられるか

 

最後に確認するのは、手続きをするタイミングです。一定の時間までに行っているなら、即日で借りられるように設定されている傾向があります。一定の時間を超えてしまうと、翌日に処理されるようになったり、銀行の振込が翌日扱いにされてしまうなどの理由で、当日中に借りられなくなります。
消費者金融を活用したことのある方は、審査は完了して融資を行ったと連絡が入っているものの、指定されている銀行に振り込まれていない状況を経験しているかもしれません。ファクタリングも同様の状況が起きてしまうので、早く行動を起こしたほうが良いでしょう。
ファクタリングの会社は、提供している時間が決まっているので、窓口で相談して契約し、融資をすぐに受けられるように対応してもらったほうが良いです。郵送の場合は、時間がかかってしまう傾向にあります。窓口での契約で、対面ですぐに対応してくれることを確約してもらってから、対応してもらう必要があります。

多くの場合、午前中までに手続きが完了しているようなら振込が実施されます。消費者金融は14時までと定めている場合もありますが、あまりにも遅いと対応されません。午前中にすべての対応が終わるように調整していくのが望ましいです。

振込が行われたらすぐに活用へ

 

振込されていることを確認している場合は、速やかに活用する方法を決めます。展開したいと思っていた事業だったり、支払いを行うなどして危機を乗り越えましょう。振込対応がされていることを、ネットバンクなどで確認しておけば、すぐに対応できる場合もあります。
ファクタリングの場合、振込対応が終わっているなら連絡が入ったり、その場で説明を受けられるようになるので、個人で確認する必要がなく、意外と簡単に理解できます。

即日融資は企業の選択肢が重要に

 

企業の選択肢やサービスを選ぶことによって、大きな違いが生じてくるのは間違いないことです。しかも即日融資の場合は、提供している企業が限定されているなどの問題もあり、意外と行いづらい面があります。
企業の選択肢をしっかりと考慮しながら、高額な融資にも対応できる会社を選んだほうが良いです。ファクタリングは、金額もスピードも早い方法ですから、活用するメリットはとても大きくなっています。
困っている時は相談したり、事前に連絡を入れるなどして確認をとるようにすれば、即日で借りられることを説明してくれるでしょう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter