即日融資って大丈夫なの?計画を作って安定感を

2017/10/30
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

即日融資は、その日のうちに借りられる便利な方法です。消費者金融や銀行のカードローンによって提供されているもので、企業が利用しているファクタリングも該当しています。当日中に借りられることがわかっていると、より早く計画を進められることになります。

ただ、即日融資には問題点が幾つかあり、しかも無計画で活用するケースまで出ています。企業が利用する即日融資の場合は、計画を立てないで借りるという方法は使えませんので、しっかりと計画を作ることになるでしょう。

即日融資は何も考えずに行うケースまで

 

 

即日融資を行っていく場合、個人だと何も考えずに行っている状況もあります。考えて行動しているならいいですが、何も考えずに借りた上で、本来使いたいと思っていた方法とは違うものに活用しているなんてことも多数あります。即日融資を行いたい場合は、何に使うかしっかりと考えていく必要があるでしょう。

更に、即日融資はお金が簡単に手に入るようなイメージがあるので、次々と他の会社にも依頼を出してしまい、多重債務の状況も起こりやすくなります。個人で借りている人は、返済しないで他の会社にも借りようと思ってしまうケースまであり、どんどん追い込まれてしまいます。会社で借りている場合は、さすがに即日融資による多重債務は考えていかないという傾向もあります。

何かを考えて行動しなければならないと思ってほしいですし、本当に必要な即日融資の手法を検討していく必要があるでしょう。即日で行いたいと思っている場合は、何かを考えて行動していくことで、将来的に安定感を生み出してくれる可能性もあるのです。

即日融資に関連する問題点

 

 

山のように問題があるとされていますが、いくつか本当に気にした方がいいものもあります。即日融資を考えている場合、特にファクタリングについて検討している方は、しっかりと問題点を理解しておきましょう。

問題点1:即日融資が確定しているわけじゃない

即日でも融資できますと書かれても、それが確定している情報ではなく、融資には時間がかかるかもしれません。その日のうちに対応しようと考えて、お金を借りないと何もできないような状況を作ってしまうと、大きな問題に陥ってしまいます。

確定しているわけじゃない情報を鵜呑みにして、間違って計画を作ってしまうと大きな問題を引き起こしてしまいます。即日融資を行うためには、早く行動していくことも重要になりますが、確定していないことを前提にして、その日のうちに借りられればいいと思う程度にしましょう。

翌日以降にずれてしまう場合も多数ありますが、その理由は下記のものが挙げられます。

・手続きが遅れている。または手続きに入る時間が遅すぎた。

・書類の不備があるので審査ができない

・要求している内容が厳しく、即日融資を行いづらい

・確認作業に応じていないので審査が完了しない

いろいろな理由があるものの、大体のケースでは依頼を出している会社側に問題があります。ファクタリングでも、書類の不備で審査が行えない、依頼を出している時間が遅すぎて何もできないような状況となっているなどの理由で、即日融資を受けられない可能性があります。

問題点2:計画を作らないと何も考えずに使ってしまう

個人で融資を受けている場合に起こりやすいのですが、計画を作らないで適当に利用していると、どんどん融資のお金を変なところに使ってしまい、本来とは異なる利用方法を考えてしまいます。計画を作って対応することが何よりも重要になってきます。もし計画を立てないでファクタリングなどを使おうとしているなら、立ち止まってしっかりと計画を作りましょう。

問題となっている状況は、ファクタリングの審査にも影響してくることです。計画がないので、本当に売掛金を回収できるのか不安に思われてしまい、審査を通過できないこともあります。ファクタリングは、審査を何とかしてクリアしなければなりませんが、審査に影響のある部分をしっかりと考えられないので、落とされることもあります。

計画をしっかり作らないと、本当に融資を受けたとしても不用意な使い方を続けてしまい、どんどん会社の経営を悪化させてしまいます。即日融資の場合は、特にその傾向が強くなってしまうので、影響が強まらないようにしっかりと考えて行動しなければなりません。

問題点3:即日融資はその日から手数料の影響が出る

ファクタリングの場合は、手数料が固定されているのであまり考える必要はありません。問題はカードローンや消費者金融を活用している場合に起こることで、早い段階から利息を生み出してしまいます。

利息が多くなっていくと、どんどん支払いが多くなってしまうので、かなり辛いものとなるでしょう。返済できないような金額まで高くなってしまう可能性もありますから、しっかりと手数料の概念を考えて行動してください。影響が強まっているような状況であれば、まず利息を減らすための返済計画を作るようにして、安全に返済が完了する状況を作りましょう。

即日融資で計画を作る

 

 

即日融資を受けた後の計画をしっかり作ることで、安定して融資を受けられるようになり、しっかりと活用できる形になります。即日で借りたいと思っている人の場合は、計画を確実に作ってから、提示できる内容なども考えつつ、融資に向け動き出すようにしてください。

計画1:借りるまでに必要な書類を集める

即日融資と言っても、準備をしていないと審査を通過できないままとなりますので、何も準備していない場合は影響が出てしまいます。カードローンや消費者金融の場合は、ただホームページで作っておけば良いのですが、ファクタリングはそのようにいかないのです。先に必要な書類の準備を行って、この日に借りると明確に日程を設定します。

必要な書類が集まってから、依頼を出しやすい日程を決めるようにします。それまでは書類集めと作成に力を入れてください。書類が足りない状況で審査を受けてしまうと、即日融資は叶いませんし、場合によっては審査に落とされてしまう可能性も高まります。

どの書類を提供するのが望ましいのか、そして個人で作成しなければならないものはあるのか考えて、必要書類を集めてください。ファクタリングの場合は、借入よりも必要な書類が多い傾向にありますから、足りない場合は影響が強まってしまいます。

計画2:借りる日程を予約で設定

ファクタリングは、依頼を出す時に予約を入れられる形が多く、対面による契約の場合は連絡を入れれば対応してくれます。借りる日程を確定させるためにも、予約を入れるようにしてください。即日でファクタリングを活用したいと思っているなら、予約を入れて対応することが何よりも重要です。

予約を入れておけば、確実に交渉ができるようになります。予約を入れないで適当に来店すると、他の人がいるので交渉できないなどの理由で、時間を作ってくれません。一部の会社は来店しても対応できない可能性があるので、先に予約を入れて借りる日程を決めてください。

この日に借りることを前提に行動して、それまでに必要な書類をすべて集めて、提出してすぐに借りられる状況を作りましょう。

計画3:丁寧に相談と交渉を行う

ここが一番重要になります。丁寧に相談を受けたり、交渉を行うように心がけてください。即日で借りたいことを常に話して、早く行動してもらうことも考えていいですが、説明をしっかり受けないと失敗する可能性もあるので気をつけてください。

相談する内容は、計画によって作ることが可能となりますので、話をしたいと思っている時には先に準備をしましょう。この話を進めるようにして、解決することを狙っていくように心がけ、最終的に相手の企業に対して即日融資をお願いしていく形になります。対面契約のファクタリングの場合は、相談や話し合いも簡単にできる形にしています。

話をしておくといい内容については、以下のものがあります。

・返済に関連する情報

・計画を見てもらい融資を受けられることを聞く

・遅延する場合の対応

・ファクタリングを行う会社の数(2社間か3社間か)

これらの内容をしっかりと話すようにして、確実にこの会社で借りればいいだろうと思えるようにします。借りられる会社がしっかりしていることで、安定するのは間違いありません。安定感を相談によって得ていることで、かなりの安心感を得られるようになるでしょう。

計画4:返済する準備を進める

返済については、準備を行うこともあるでしょう。お金を入れてもらうことで、返済しやすい状況を作れるようにしていれば、ファクタリングも簡単に返済が可能となります。返済しづらいような状況を作ってしまうと、返済計画通りに進められなくなってしまうので、かなり影響が出てしまいます。

返済計画は、ファクタリングだと先に提示することもあります。この時期になったらお金が入るので、そのお金が入り次第返済するようなイメージを持ってもらい、早く返済できる状況を作ってしまうのです。売掛金を活用しているファクタリングにとって、返済する方法が明確になっているのは契約しやすい部分を持っています。

他の方法では、売上などが入った段階で返済できる環境をしっかり作るようにして、多めに返済する時期を作っておくなどの計画を用意します。返済しやすい計画が作られていることで、返済が遅延するなどの問題が大きく減りますので、借りやすくなるでしょう。

審査を通過できれば即日融資まで

 

 

計画をしっかり作ったら、実際に交渉を進めましょう。ファクタリングの場合は、交渉を進めなければ即日融資を受けられない可能性もあり、次の日でも良いですかと言われることもあります。早めにその日のうちにお願いしますという意見を述べてください。

通過できた場合は、融資を行ってもらえるので、即日でもしっかり対応可能になります。早く融資を受けられることのメリットは大きな部分もありますので、通過できたなら少しだけほっとする瞬間が生まれるでしょう。

審査を通過できない場合の対応

即日融資でも、審査を通過できずに苦労するケースもあります。審査を通過できなかった場合は、通過するために必要な情報を集めて、早く対応して融資につなげましょう。

この時点で計画とズレが生じていることを考えて、通過できない場合は速やかな対応と借りる会社の再検討を行います。

方法1:計画を練り直す

事業に使う計画などを練り直して、書類を再度作成します。ファクタリングの場合は、審査を通過できない状況が起こりやすい傾向にあるので、ファクタリングの会社が認めてくれるような状況を作り出して、安定させることが大事になります。計画を練り直して、ファクタリングを活用しやすい形に変えてしまえば、安定して融資を受けられる可能性があります。

方法2:借りる額を調整する

要求している金額が多すぎる場合は、即日融資が受けられない可能性もあります。少しだけ減額して、借りる額を調整していくようにすると、融資を行ってくれる可能性があります。消費者金融や銀行カードローンは、希望している限度額を減らしてしまうと、審査を通過できる可能性はあります。ファクタリングも同様で、減額すると審査を通過できている可能性があります。

方法3:借りやすい会社への移行

会社を変更することが、借りるために重要なポイントかもしれません。今の会社は審査に通過できないと考えて、通過しやすい会社を狙っていく方法が有効になります。通過できる会社を知っていれば、新しく選択肢を広げられるのです。

借りられる会社が少なくなってくると、かなり厳しい状況となってしまいます。それでも借りやすい会社へ移行していることで、審査を通過できる可能性も出てきます。駄目なら同じ内容を提示して、他のファクタリング会社に相談するのもいいでしょう。

ファクタリングの即日融資は計画次第

 

 

計画をしっかり作って、駄目ならどのように対応するのか、そこまで考えて上で準備を行ってください。準備をしないでファクタリングを使おうと思っても、大きな問題が生じるだけでなく、使う方法についても明確にならないので、本来の利用方法とは異なるものに使うことで、返済ができなくなります。

安定して使えるようにするためにも、ファクタリングでは前々から準備を行っていくこと、将来的に活用して安心できるような状況を作り出すようにしておきます。計画が多くのメリットを生み、利用している会社が問題なくファクタリングを使い続けられる要素を生み出します。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter